P-oneカードのメリット・デメリット・クレカ審査についての徹底解説

p-one_

P-oneカードというクレジットカードがあります。「ポイントが失効してしまうのは勿体ない」、「ポイントの交換や交換先を探すのが面倒だ」という方に、ぜひおすすめしたいクレジットカードです!P-oneの特徴、メリット、デメリット、審査についてご紹介します

P-oneカードについて

p-one_

同じく1%還元の楽天カード、auWALLETクレジットカードやソフトバンクカードよりも、 P-oneカード の方が利便性は高い面があります。

P-oneカードは知名度は低いですが、実は、ファミリーマート、TSUTAYA、ZOZOTOWN、コーナン商事などとの提携カードを合わせると、全国に約500万人の会員がいるクレジットカードです。

JALカードが300万人突破しましたが、ポケットカードは、JALカードの約1.6倍の480万人という会員がいます。

P-oneカードを発行しているポケットカードは東証一部上場企業です。東証一部上場の要件を充足しており、一定の信頼感があります。親会社はファミリーマートです。

P-oneカードのうち、年会費無料のP-oneカードが人気のクレジットカードとなっています。

申し込める条件
(1)18歳以上(高校生は除く)、(2)電話連絡が可能、(3)安定した収入がある方、またはその配偶者

P-oneカードのメリット

P-oneカードは、クレジットカードを利用すると、使った金額が自動的に1%OFFになって、請求されるカードです。100円毎に1円割り引かれます。

例えば100,000円使ったら、銀行口座から99,000円が引き落とされることになります。
割引は100円単位からとなっていて、ここは注意が必要です。

スクリーンショット 2016-05-12 22.59.39

▼P-one は自動的に1%割引!▼

P-oneカード公式サイトをみる

P-oneカードの自動割引の仕組み

一時期は1%OFFになるのは月額15万円までと改悪されましたが、現在は上限がありません。

利用限度額が50万円なら最大で50万円まで1%割引となります。

普通の加盟店ではもちろん、携帯電話の料金、電気代・ガス代などの公共料金の支払にも割引が適用されます。

年間50万円だと5,000円が浮くことになります。100万使うと1万円ですね。
1万円となると大分大きな差になりますよね。

かなり多くのお店でクレジットカードを使えますし、固定費も支払えます。
ネット通販はクレカ決済が便利
です。

還元率が0.5%のクレジットカードと比べるとかなりの差が出てきます。
額や、1,2年~で使うことによってどんどん差が広がります。これで旅行などもいけるので
しっかり考えて使いましょう。

年間利用額 P-one 0.5%のクレカ
500,000 5,000 2,500
600,000 6,000 3,000
700,000 7,000 3,500
800,000 8,000 4,000
900,000 9,000 4,500
1,000,000 10,000 5,000
1,500,000 15,000 7,500

100万円年間の利用額が行くと、その差が2倍になってきます。
5000円で様々なものが買えたり、国内旅行の資金にしたり、貯金したり色んなことができますね。

ポイントだと、一つのポイントに統一しないとあまりお得感がないですが、ここがP-one ならではのメリットです。

サンリブ、マルショク、ポケットカードトラベルセンター、電子マネーチャージ、金券類、生損保等の各種保険料、ETCカード利用分、キャッシング利用分、その他一部の取引は1%OFFの対象外となります。

また、電子マネーチャージ、金券類、保険料、ETCカードは対象外ですので、この点には注意が必要です。

ポイント失効は嫌だ。貯めるのが面倒だという方には最高のカード

買物や特定の使い先でのクレジットカード利用の度に1%割り引かれるので、ポイントを貯めて交換という手間が全くありません。
交換先を探したりするのって意外と面倒ですよね。

また、特定の企業のサービスでしか使えないポイントではなく、請求額から割り引かれます。
これは驚異的に便利ですね。

一定のポイントを貯める必要がないので、
クレジットカードはたまにしか使わないという方にピッタリのカード
です。

また、ほとんどのクレジットカードは、ポイントを貯めて交換する手続きをする必要があります。インターネットの普及で面白いコンテンツや役に立つ記事は無限に膨張しており、とにかく時間がないという方も多いと思います。

ポイント交換も面倒だという方も多いのではないでしょうか。
ポイントがもらえるというのは楽しいですが、忙しい人にはそんな時間もありません。

P-oneカードは、ポイント交換の手間が不要という点が大きなメリットのクレジットカードです。

▼P-one は自動的に1%割引!▼

P-oneカード公式サイトをみる

P-oneカードの基本概要

決済ブランド・年会費

P-oneカードのブランドはVISA、JCB、MasterCardから選べます。
どれにするかでブランド別付帯サービスの種類が変わってきます。

一番キャンペーンが充実しているのはJCBです。
例えば、こういうキャンペーンがあります。

p-one
ハワイなどに旅行に行く方は、JCBのクレジットカードがあればバスに無料で乗ることができたり、
JCBを使うことによって、こういうキャンペーンに参加できるのは嬉しいですよね。

また、JCB EITカードと同様にディズニーの特別キャンペーンに応募することもできます。
人数も限定されているので特別感があり、ディズニーファンにはたまらないですね。

jcbeit

ディズニー

お子さんがいる方は4名で、夫婦や彼氏、彼女などのカップルでは2名で行くと楽しめるでしょう。
筆者の私も応募したのでどうなるか楽しみのです。2015年は外れてしまいましたが、今年こそは!!!

P-oneカードは年会費無料

P-oneカードは年会費無料です(盗難保障料含む)。年会費がかからないのは嬉しいですね。

ショッピング利用枠の上限200万円であり、キャッシング利用枠の上限は150万円です。

家族カード

P-oneカードには家族カードがあります。本人会員と生計を同一にする家族(高校生を除く18歳以上)の方が申し込めます。本人会員カード1枚につき、家族カードは3枚まで発行できます。

本人会員が学生・未成年の場合、家族カードは申し込めません。家族カード管理費は初年度無料は無料ですが、入会次年度より1枚につき年200円(税抜)かかります。

家族カードのご利用代金のお支払いは、本人会員カードご利用代金に合算され、本人会員カードご利用代金お支払い口座からの自動振替となります。

ETCカード

新規発行手数料は1,000円(税抜)であり、有効期限を更新する際は手数料:1,000円(税抜)がかかります。

P-oneカードはETCカードを使ってもポイント付与の対象外となるので、P-oneでETCカードを使うメリットはありません。ETCカードは別のクレジットカードで発行しましょう。

カードの年会費・ETC年会費がいずれも無料のクレジットカードを使うとお得です。

Orico Card THE POINT(Amazon・楽天で還元率2%)
イオンカードセレクト(イオンで月2回5%OFF/WAONチャージでポイント)
エポスカード(丸井で10%off/全国7,000店以上で優待割引)
リクルートカード(JCB)(還元率1.2%)
ウォルマートカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード(西友がいつでも3%FF)
ポイント

P-oneカードには、ポケット・ポイントというポイント制度もあります。ポイントが貯まると、商品券やTポイント・au WALLETポイント・dポイントとの交換に加えて、現金口座への振込みも選べるので現金同様の価値があるポイントです。

通常の利用時にポイントがつくのは、P-oneカード(Premium Gold)と、P-oneカード(G)、
リボ払い専用カードのP-one FLEXYであり、P-oneはポイントが貯まりません。
P-oneブランドではポイントはつきませんが、P-oneカードは、他と比較しても高スペックです。

P-onでポイントが貯まるのは、「P-oneモール」というネットモール利用時のボーナスポイントや、
キャンペーン応募等のみです。

P-one の特典のメインは1%割引であり、ポイントはおまけです。
ポイントの有効期限は2年間です。交換レート150ポイントからです。

ポケットポイント交換可能な商品

商品名 ポケットポイント 交換先の金額
ファミリーマートお買い物券 150 300
ファミリーマートお買い物券 250 1,000
銀行口座にキャッシュバック 300 900
T-POINT 300 1,000
dポイント 300 900
WALLETポイント 300 900
Gポイント 300 900
ベルメゾン(千趣会)お買い物券 300 1,000
JALマイル 300 450
Amazonギフト券 330 1,000
ジェフグルメカード 980 3,000
ギフトカード 1,000 3,000
QUOカード 1,000 3,000
図書カード 1,000 3,000
JALマイル 300 450

※JALマイルは年会費3,000円のマイルCLUBセレクトコースに入ると、300ポイント→900マイル

電子マネー

nanaco(JCBのみ)、楽天Edy(VISAのみ)、モバイルSuica、SMART ICOCAにはチャージできます。しかし、1%割引の特典の対象外となってしまいます。ポイントも貯まらないのでメリットはありません。

WAONとPASMOにはチャージそのものができません。
MasterCardブランドのP-oneカードは、au WALLETへのチャージが可能です。

ビックカメラSuicaカード(年会費実質無料で還元率1~1.5%)
ビュースイカカード(定期券一体型で還元率0.5~1.5%)
ルミネカード(ルミネでの利用で5~10%割引)
エスパルビュー・スイカカード(エスパル仙台での利用で5~10%割引)
フェザンカード(フェザンでの利用で5~10%割引)

支払い方法

P-oneカード の支払い方法は以下のとおりです。

1回払い、ボーナス一括払い
ボーナス2回払い(手数料の実質年率5.03%~13.39%)
分割払い(手数料の実質年率17.95%)
リボ払い(手数料の実質年率17.95%)

P-oneカードの場合、リボ払いは利用後にネットで全額一括払いにしても金利・手数料が発生します。その点 「 JCB EITカード 」は一括支払いにすると手数料などがかからないというメリットがあります。

リボ払いを使ってしまうと、P-oneカードを使ってもむしろコストがかかってしまうため止めましょう。

キャッシング機能もあります。利率は年14.95%~17.95%です。

リボ払いで、年会費無料というところは「 JCB EITカード 」と似ています。

その上で、P-oneカードと違って、ポイントを貯めていきたいという方、
JCB EITカードと悩んでいるという方は、こちらもチェックしてみてください。

付帯保険

P-oneには、「紛失・盗難補償」がついています。カードを失くしたり、盗まれて万が一不正使用された場合でも、紛失・盗難を届け出た日の前後60日間の計121日間の損害額が補償されます。

また、インターネット取引での不正利用による損害も補償されます。

年会費無料のクレジットカードの中には、盗難補償のみが対象で、紛失時の補償はないカードもあります。盗難だけではなくて紛失も補償されるのは大きなメリットです。

▼P-one 公式サイトはこちら▼


P-oneカード公式サイトをみる

自動1%OFF以外のメリット

レンタカー割引

トヨタレンタリース、ニッポンレンタカー、日産レンタカー、オリックスレンタカー、タイムズカーレンタル(旧マツダレンタカー)のレンタカー料金が5%割引となります。

例えば1泊2日の旅行で2万円使うと1,000円割引です。
車を持っていない場合は実用的なサービスですね。

トヨタの自動車

パッケージツアーが3~8%割引

ポケットカードトラベルセンターでのお申し込み(Webか電話)で、
有名旅行会社のパッケージツアーが3~8%割引になる特典があります。
これは1%OFFの対象外となります。

海外パッケージツアー

JALパック、ANAハローツアーなどの海外旅行のパッケージツアーが数%の割引となります。
海外旅行はまとまった料金となるため、利用する場合は割引額も大きくなってお得なので、
使うべきですね。ポイントより、現金割引というイメージですね。

商品名 割引率
レインボーツアー 8%
クラブメッド 8%
グローバル 8%
JALパック 5%
ANAハローツアー 5%
マッハ 5%
ハッピーツアー 5%
東武トラベル 5%
プレイガイドツアー 5%
travie 5%
パセオ 5%
ビッグホリデー 5%
ウィッティ 5%
デルタバケーション 5%
ユナイテッドホリディ 5%
クラブ21 5%
WALK 5%
スカイツアー 3%
トップツアー 3%
ベスト 3%
パノラマ 3%

JALパック、ANAスカイホリデー、赤い風船などの国内パッケージツアーが
3%~8%の割引となります。旅行に行くという方は完全におすすめです。これほどお得なのも驚異的ですよね。

商品名 割引率
クラブメッド 8%
JALパック 5%
ANAスカイホリデー 5%
小田急トラベル 5%
スカイパックツアーズ 5%
マイホリデー 5%
びゅう 5%
赤い風船 3%
トップツアー 3%
ビッグホリデー 3%
東武トラベル 3%
オリオンツアー 3%

これらのパックツアーを利用しているのであれば、P-oneカードを持っていると、
ポケットカードトラベルセンター経由だと3~8%割引となります。

東武トラベルなどの旅行など、様々な用途が豊富なので、P-oneカードを持つことのメリットが増加します。

P-oneモールでボーナスポイント

「P-oneモール」というP-oneカード会員専用のオンライン・ショッピングモールがあります。

P-oneモールを経由して、ネット通販サイトで、P-oneカードでオンラインショッピングすると、
ポケット・ポイントのボーナスポイントが貯まります。

主なサイトと還元率は以下のとおりです。
ただし、P-oneは通常の買い物ではポイントが付かないので、ポイントを貯めるのは厳しいです。

ボーナスポイントを取得できるサイト一覧

ボーナスポイントが取得できるサイトがかなり多いのです。

商品名 ポイント付与 プラスポイント 還元率
ポケットブックストア 1,000円につき+15ポイント 4.5%
LOHACO 1,000円につき+5ポイント 1.5%
ヤフオク! 1,000円につき+3ポイント 0.9%
ポンパレモール 1,000円につき+3ポイント 0.9%
セブンネットショッピング 1,000円につき+1ポイント 0.3%
SEIYUドットコム 1,000円につき+3ポイント 0.9%
ABCネットプリントLight 1,000円につき+11ポイント 3.3%
スカイパックツアーズ 1,000円につき+5ポイント 1.5%
ホットペッパー グルメ 30ポイント
じゃらん 180ポイント
ベルメゾンネット 1,000円につき+2ポイント 0.6%
ニッセン(nissen) 1,000円につき+4ポイント 1.2%
hontoネットストア 1,000円につき+3ポイント 0.9%
ビックカメラ.com 1,000円につき+2ポイント 0.6%
ヤマダウェブコム 1,000円につき+1ポイント 0.3%
RaCoupon 買うクーポン 1,000円につき+2ポイント 0.6%
マルイウェブチャネル 1,000円につき+10ポイント 3.0%

注目すべきはポケットブックストアです。還元率4.5%とプラスポイントが高めです。本・CD・DVDが安く買えます。

LOHACOも1.5%と高還元です。Yahoo!ショッピングやポンパレモール、ネットスーパーのSEIYUドットコムは0.9%のプラスポイントがつきます。

Yahoo!ショッピング・LOHACOはTポイント、ポンパレモールはリクルートポイント(Pontaポイント)も貯まるので、三重でお得になります。

海外サポートサービス

「ポケットワールドデスク」というサービスがあります。

現地の気候・為替レート・ATMの利用方法、旅行先でのホテル・レストランなどの予約、チケット手配、万が一のこと等について、電話で日本語で相談できます。

カード・パスポートの盗難紛失やケガ・病気などの際に、各種手続き・連絡先のご案内などにも対応します。

日本時間の9:00~18:00は各滞在国から通話料無料で、電話できます。それ以外の時間帯はコレクトコールとなります。

P-oneのデメリット

100円未満が切り捨て

P-one は利用する度に100円ごとに1%割引となります。1~99円の端数は、毎回切り捨てられます。

リクルートカードのように月間の合計利用金額に対してポイントが付与されるため、端数が無駄にならないクレジットカードもある中で、毎回端数の利用額が無駄になるのは地味なデメリットです。

しかし、ポイントを貯めて交換という手間が不要なのは絶大なメリットなので、仕方ないかなという気もします。許容範囲です。

端数の利用額を無駄にしたくない場合は、月間の利用額100円ごとにポイントが貯まるリクルートカードがおすすめです。

→ ポイント還元率の高いリクルートカードの詳細は

家族会員・ETCカードが有料

家族会員に2年目以降200円の費用が発生します。家族カードは無料というクレジットカードもある中で年会費がかかるのはデメリットです。

また、ETCカードの発行に1,000円、更新時1,000円の費用がかかります。ETCカードでポイントが貯まらないのもデメリットです。

ETCカードは年会費無料のクレジットカードで発行しましょう。ポイントの有効期限がなく、西友では3%OFFとなるウォルマートカードセゾン・アメックスなどは、ETC用のサブカードとして便利です。

保険・付帯サービスがない

海外・国内旅行傷害保険、ショッピング保険などはありません。また、ラウンジ利用や旅行時の手荷物サービスもありません。

「ポケット・サポート・サービス」という健康・医療・介護電話相談、水周りの応急処置、玄関の鍵開け、夜間・休日医療機関案内、レッカー牽引・落輪引上げ、帰宅費用などのサービスがありますが、1,800円(税抜)の有料となっています。

また、「カーライフホッとライン」という故障時緊急修理サービス、レッカー現場急行サービスなどの車の緊急トラブルサービスもありますが、これも700円(税抜)の有料です。

しかし、年会費無料なのでそれはやむを得ませんよね。
それらの付帯サービスが必要でしたら、上級カードを契約することになります。

海外旅行傷害保険がほしい場合は、年会費無料で自動付帯の「 JCB EITカード 」や 「エポスカード 」をサブカードで持つのがおすすめです。
無料で最高2000万円の海外旅行保険が付きます。
旅行に行く時に保険をつけますが、クレジットカードを持っているだけで良いので、こんなに嬉しいことはありません。

年会費無料のカードで何を発行するか悩んでいるという方はこちらをおすすめします。

この3枚のカードを保有していたら、最も利用頻度が高い治療費用(傷害・疾病)の保険が充実します。
合計で570万円の疾病治療・500万円の傷害治療の補償をなんと無料で確保できます。

還元率が1%とやや低いが、メリットが多い

一般的なクレジットカードの0.5%に比べるとP-oneカード1.0%で還元率は高いです。

ただし、年会費無料で1ポイント1円から使えるクレジットカードで最も高還元なのは、リクルートカード(1.2%)です。
また、ポイントを貯めて交換という作業が必要になりますが、REXカードライトという1.25%還元のカードもあります。

P-oneカードの自動的に1%OFFは還元率が低くても
ポイント失効や交換にかかる手間や時間を考えるとかなりメリットが大きい
です。

ポイントを貯めたいという方にはあまり向きませんが、とにかく割引が良くて、手間をかけたくない方にとっては最高のカードです。

P-oneカードのクレジットカード審査について

審査内容

P-oneカードは、日本国内在住の18歳以上で電話連絡が可能な人に限るとされています。高校生は対象外です。未成年の場合は保護者の同意が必要です。

基本的にクレジットカードの発行に関しては、安定的な収入があり、会社での勤続年数が長いほど審査に有利です。

逆に収入が不安定で勤続年数が短いほど不利です。
女性のフリーランスや株式投資のトレーダーの場合、職業を「家事手伝い」と書いて年収を記載するとクレジットカードの審査に通ったという例があります。

居住している家が、持ち家であると審査に有利ですが、
賃貸マンションに住んでいるという方でも長く同じマンションに住んでいるというところが重要なようです。

一般的には、自分のものではなくても家族の持ち家でもやや有利です。

これまで他のクレジットカードやカードローン、消費者金融、信販、リース、携帯電話の機種の分割料金等で遅延・滞納・延滞があった場合は、審査が厳しくなります。

遅延・滞納・延滞については、信用情報機関(CIC・JICC・全国銀行個人信用情報センター)で2年間記録されて管理されており、「CRIN」というシステムで自分の情報が共有されているのです。

なので、クレジットカードで発行するときに審査で落ちないようにするには、遅延・滞納・延滞などを行わないように注意しましょう。これも数年守っていれば、もともとやってしまっていても回復するということもあるので、支払いは計画的にしっかり行いましょう。

クレジットカードを作成する際は、クレジットカード会社はこれらの信用情報機関を利用して審査します。
ローンの借入状況、カードの保有枚数、過去の遅延・滞納・延滞などについてチェックします。

クレカ会社に提出した書類に虚偽表示があった場合、審査には大きな悪影響が及びます。年収を正確に把握することは難しいため、年収をおおよその金額に丸める程度は問題ありません。それ以外の項目は正確に申告しましょう。

遅延・滞納・延滞

クレカや携帯割賦金などの支払いが遅れたからといって、即座に滞納として信用情報機関に記録されて審査に響くわけではありません。

信用情報機関に金融事故として記録されるまでには1か月~1か月半の猶予があります。うっかり銀行口座の残高が不足して払えなかったことがあっても、通知が来てからすぐに支払っている場合は、気にする必要はありません。

過去2年以内に延滞したり、過去5年以内に自己破産したなどの金融事故情報がある場合は、審査は厳しくなります。支払いが遅れてもすぐに記載されるわけではありません。支払遅延後にカード会社から通知される期限内に支払えば問題ありません。

2年や5年の期間を過ぎると記載は消滅するため、過去に事故がある場合は、この期間を過ぎるまで待つとP-oneが作れるようになる可能性があります。

借入金額

借入金額が多いと、カード審査に通らない可能性が増幅します。また、一定以上の借入件数があると申請を却下するルールとなっているクレカ会社もあります。

特にキャッシングは、年収の3分の1以上の金額を貸せないため、問答無用でそれ以上の金額は却下されます。ショッピング枠は承認されても、キャッシング枠は落ちることがあります。

借入金額は大きくないに越したことはありません。ただし、ショッピング枠はOKになることもあります。借入金額があったら有無を言わさず却下となるわけではありません。

他の年会費無料カードとの比較

P-oneカードの自動的1%OFFは魅力的とはいえ、年会費無料で還元率が高めのカードの方がお得
なのではないだろうかと思いますよね。

他の年会費無料で高還元のクレジットカードを比較すると、
還元率1.2%のリクルートカードや還元率1.25%のREXカードライトの方が、P-oneカードよりも若干還元率が高いです。

しかし、REXカードライトはポイントを貯めて交換という作業が必要ですし、
リクルートカードのポイントは特定のサービス・店舗でしか利用できません。

多少還元率が低くても、請求額から自動的に1%割引という現金還元がであるP-oneカードは便利なのがメリットです。
実は大半の人がポイントを失効しているという事実があるんです。勿体ないですよ!

高還元カードとの比較

年会費有料のクレジットカードの中には、年会費がかかる分かなり高還元のカードがあります。
そっちの方がお得では?と気になりますよね。

還元率2%のリクルートカードプラスは改悪され、新規発行が停止されました。
還元率が高すぎると持続しないとは思っていましたが、改悪されるのが普通なんですよね。

月3万円以上だと高還元カードの方が年会費が有料とはいえ1000円以上、還元額は高くなりますが、
あまり利用金額が大きくない場合はP-oneカードでも大差ありません。

月2万円程度の利用であればP-oneカードが便利です。

還元率の高いカードでちうと、漢方スタイルクラブカードとREXカードがありますが、
この2つはポイントを貯めて交換という作業が必要ですし、
リクルートカードプラスのポイントは特定のサービス・店舗でしか利用できません。

リクルートカードプラスはポイントをPontaポイントに交換して「Loppiお試し引換券」で使うと、
コンビニで1ポイント1.5~3円程度の商品と交換できます。
手間はかかりますが、この使い方だとリクルートカードは還元率は圧倒的NO.1となります。

P-oneカードのお得なキャンペーン

JCBブランドの特典

P-oneカードのブランドはVISA、JCB、MasterCardがありますね。

どれにするかでブランド別付帯サービスの種類が変わってきます。
上でも紹介していますが、キャンペーンや国内での加盟店が豊富なのはJCBです。


JCB海外お買い物保険は、海外のJCB加盟店では便利
です。

・海外所在のJCB加盟店
・JCBカードでご購入された品物の、偶然の事故による破損・盗難などの損害を補償
・購入日から90日間、年間最高50万円まで補償

事前の届け出は不要なので、出発前の手間がかかりません。高価な品物やお土産のプロテクトが捗ります。
ただし、海外はVISAやマスターカードと比べるとJCBの加盟店は少ないのが難点です。

特典一覧

たびらば(旅LOVER) レストラン、ショップ、エステ・マッサージなど、JCB選りすぐりの優待情報や旅行に役立つ情報を地域別に紹介
JCB優待ガイド JCBおすすめの海外加盟店を地域別にご紹介したオリジナルガイド。

掲載店に提示し、JCBカードでお支払いになるだけで、おトクな優待サービスが受けられます。
旅先で役立つ情報や、マップも付いています。

JCBレンタルフォン 海外へお出かけになるJCB会員の方向けに、海外で利用できる携帯電話をレンタル料金および送料無料で貸し出しするサービス
JCB GLOBAL WiFi 海外へお出かけになるJCB会員の皆様に、海外で利用できるWiFiルーターレンタルサービスを優待価格にて提供。1日からの定額制。
JCB空港優待ガイド 国内主要国際空港内のJCBおすすめ加盟店をご紹介したオリジナルガイド。掲載店にクーポンを渡し、JCBカードでお支払いいただくと、お得な優待サービス
空港免税店割引サービス 成田国際空港、関西国際空港の免税店での割引優待クーポン券
海外レンタカーサービス JCBカードで支払うと5~25%の割引。
空港宅配優待サービス 海外にお出かけの際、重い荷物を指定の場所に配達
JCB PLAZA JCBプラザは、世界60ヵ所に設置された、海外サービス窓口。JCB加盟店のご予約や観光に関する問い合わせを日本語でできる。
空港でのJCB海外優待パンフレットの配布について 羽田空港・成田国際空港・関西国際空港では、海外のおトクな優待情報を紹介している「JCB優待ガイド」や空港免税店で利用できる優待クーポンなど
JCBプラザコールセンター 海外渡航前に、現地JCB加盟店のレストラン、エステなどをお電話で予約手配できる無料サービス
JCB海外おみやげサービス お土産に人気のチョコレートやお酒から、民芸品・食品など、世界各地の商品を豊富に用意
JCB海外お買い物保険 海外所在の加盟店にてJCBカードでご購入された品物を、偶然の事故による破損・盗難などにあった場合に、購入日から90日間、年間最高50万円まで(1回の事故につき自己負担額1万円)補償
海外旅行に役立つJCB旅行ガイドアプリ 海外旅行に役立つ情報や観光ガイド、さらにJCBカードのご利用で優待が受けられる店舗が検索
チケットJCB コンサートやミュージカル、スポーツなど多彩な公演をご案内。JCB会員だけの先行販売や割引チケットも。

P-oneカードは年会費が無料で、決済から自動的に1%OFFになる点がとても優れているクレジットカードです。

ポイントを貯めて交換するのは面倒という方に最高ですね。
いつでも1%OFFになるのは嬉しいですね!

こういう会計から1%OFFというような良いカードを持っていると、毎日の買物からの割引感がありますし、
お金が貯まりますから、他のことに使えますよね。

▼P-one 公式サイトはこちら▼

P-oneカード公式サイトをみる

同じ年会費無料のクレジットカードはこちら



ビジネスの最新記事

関連するコンテンツ