医療・足脱毛特集。足脱毛2回目で初のお尻の毛まで剃られてみた

第4回目の脱毛特集です。第4回目は編集部で足の脱毛の2回目行ってきました。膝上膝下足の甲お尻まで下半身全ての毛を脱毛です。今回は以前に足の毛を剃らずに店舗で剃ってもらう形式で脱毛を行ってきたのでその模様をお伝えします。 

足脱毛特集

  1. 初めての足脱毛特集(始め方・料金・回数)
  2. 足脱毛2回目でお尻の毛も脱毛してみた
  3. 足脱毛は3回で結果でるのか効果をみてみた
  4. 足脱毛特集4回目、抜けない毛はある?毛穴はどうなった?

医療・足の脱毛2回目の効果とは

足の脱毛の1回目の特集記事はこちらの記事になりますので足の脱毛とは何かというところから知りたいという方はこちらの記事からご覧ください。

医療・足脱毛の写真

脱毛2回目ですが少しだけ薄くなって来ました。脱毛を始める前はどんな感じで薄くなっていくのかわからなかったのですが、剃った後の黒い面積が少しずつ少なくなっていき、まばらになっていくイメージです。

脱毛の仕組みは、上記のような画像の通りの仕組みになっています。左の毛は生えている状態ですが左の画像の時にレーザーを当てることで毛の奥の丸い部分にあるメラニンを痛めつけることによって、意図的に生えづらくしていくという仕組みです。

なので、毛の中の強さによってまばらに薄くなって行ったり、抜けて行ったりするということです。

2回目終わってからの後何回必要になりそうかの感想・体験談

編集部のライターは足の毛が結構濃いタイプだったので2回終わっても少し薄くなったかなーということを感じられるくらいの進捗です。感覚ですが後3回ほど行けばかなり薄くなって毛も気にならないレベルになりそうですね。

こちらも写真を元にお伝えしていくのでぜひ写真登録などお願いします。

お尻の毛はどうなる?

お尻の毛の脱毛の流れは、

パンツを脱いで行なってもらうので少し恥ずかしいかもしれませんが、うつ伏せになってパンツを脱いでくださいというような形で脱いでから脱毛をしてもらいます。

足脱毛2回目でお尻の毛の脱毛を行ってもらいました。お尻の毛はどのようになっているかというと足の下と同じようにかけてきついので数回程度で会えなくなると言われました。

お尻の毛の脱毛時の痛み

足の脱毛時と同じようにそこまで痛みを感じないので、いつのまにか終わっているというような感覚です。お尻の毛を脱毛する時に怖いという方でもあまり不安に感じずに脱毛してもらえると思います。

医療・足脱毛2回目の痛み

痛みの例

先の尖ったもので肌の表面を定期的にチクチクされるような痛みです。チクチクと行っても針を奥まで刺されるというような深い痛みではなく、表面をチクチクされる感じです。

※人によって痛みの感じ方や、肌の状態などもあるので詳しくはクリニックで相談することをお勧めします。

医療脱毛の痛みはどれくらい?

足の脱毛は他の部位と比較してもそこまで痛みがないのが特徴です。クリニックに行ったときに手持ちの脱毛器具によって、レーザーを部分的に少しずつ当てていくので永続的に痛いわけではないです。1秒程度「ピッ」となる器具を肌に照射しますのでそのとき瞬間的に何かが肌に触れた感覚があります。

部位によって痛みは異なってくるのでそこだけは注意してください、ヒゲ脱毛など毛が濃い部分の方が痛みのレベルは高いです。また脱毛クリニックによって強いレーザーの場合があるのでその場合は痛いです。

クリニックによって段階的に調整してくれる

マッサージ・痩身エステなどでも同じですが、怖い場合には最初は強さを加減してくれます。クリニックによっては段階的に強さを調査してくれるので、最初から泣くほど痛い…ということは少ないでしょう。自分の中で不安なところがあれば事前に伝えておくことが期待値と外れないのでおすすめです。

医療・足脱毛2回目いく前の注意点・ポイント

足の毛を剃ってからいく

クリニックによっては足の毛を剃ってくれることもあるので自分で剃っていかなくてもいい場所もありますが、基本的には自分で剃っていくと料金はかかりません。剃り残しなどがあるとクリニックによっては追加料金を取られる可能性があるのでそこだけ注意しましょう。

前回の時の痛みやかゆみ、赤くなっていたら伝える

初めて足の脱毛をするときに、人によっては赤みが痒みが出ることも。放っておいても治る方もいますが肌の弱い方だと心配ですよね。足の毛を剃ったあとにいくときにも剃り方を間違ってしまって赤くなってしまうこともあります。施術を始める前にしっかりクリニックの先生に相談しましょう。

結論、足の脱毛は夏半ズボン履くならマストで、結果も分かりやすいのでかなりオススメです。

美容・コスメの最新記事

関連するコンテンツ