キーボードの多彩な音色を組み合わせたロックバンド「マカロニえんぴつ」

高野賢也(Ba.Cho)のルーツ 『L’Arc~en~Ciel (ラルクアンシエル)』

OGP

出典:L’Arc~en~Ciel Official Site

1991年に大阪で結成されたロックバンド。デビュー前のワンマンライブで300人を動員するなど、インディーズ時代から高い人気を誇っていた。海外にもファンは多く、2012年に日本のミュージシャンでは初となるマディソン・スクエア・ガーデンでの単独公演を成功させた。

高野の愛盤: The Best of L’Arc~en~Ciel 1998-2000


amazonで購入する

このアルバムは僕が中学生のとき初めてライブで演奏したうちの一曲、「HONEY」が入っているアルバムです。「HONEY」は疾走感がありベースフレーズはとても難しかったですが、弾いていくうちに凄く好きになりました。他にも「DIVE TO BLUE」という曲が収録されていて、このアルバムの中で一番好きな曲です。ゆったりとした、とても落ち着く曲調で、辛い時はよくこの曲に励まされました。このアルバムを聴いてきたから今の自分がいるんだと思います。(高野)

L’Arc~en~Ciel『「WORLD TOUR 2012 THE FINAL LIVE at 国立競技場」90sec. SPOT』

田辺由明(Gt.Cho)のルーツ 『UFO (ユー・エフ・オー)』

ufo2014bw

出典:UFO Official Site

1969年にイギリスで結成されたロックバンド。のちの80年代ハードロック・ヘヴィメタルバンドに多大な影響を与えたバンドのひとつ。度重なるメンバーチェンジや解散を経て、現在もツアー含め意欲的に活動を続けている。

田辺の愛盤: Strangers in the Night

61+oCgbsk8L._SL250_
amazonで購入する

僕の最も敬愛するギタリスト、Michael Schenker (マイケル・シェンカー) が在籍していたバンドUFOのLIVEアルバムです。スタジオ盤も良いですが、LIVEならではの荒々しさ、フィーリングが最高です。青春の一枚でもあり、自分のギタープレイの大部分に影響を与えています。今でも聴けばギターを弾きたくなる一生の名盤です。(田辺)

“A Conspiracy Of Stars” Teaser

長谷川大喜(Key)のルーツ 『Chick Corea (チック・コリア)』

cc-solo-2013-2

出典:Chick Corea Official Site

アメリカ出身のピアニスト、キーボーディスト (1941年生)。ジャズやボサノヴァ、ロックなど様々な要素を取り入れた楽曲およびプレイが特徴。創作ペースが凄まじく、多いときでは1年で4枚ものアルバムを手がける多作家である。

長谷川の愛盤: Time Warp


amazonで購入する

このアルバムに出会ったのは音楽教室でエレクトーンを習っていた高校二年生の頃。“ポリリズム” や “タイムモジュレーション” など、それまで知らなかったリズムの世界に大きな衝撃を受けました。アルバム表題曲 “Time Warp” が特に好きで、色気のあるサックスと不思議なメロディーライン、ピアノのアドリブが堪りません。この曲でジュニアコンクールの東京大会まで進出できたこともあり、とても思い入れの強い曲です。(長谷川)

Chick Corea: Documentary of Legendary Jazz Great, Pianist and Composer

如何だっただろうか。マカロニえんぴつの作り出すユニークなサウンドやプレイスタイルのルーツが垣間見えたような気がする。1stミニアルバム「アルデンテ」の楽曲は全てヴォーカルはっとりが手がけているが、メンバー全員が作曲をするとのことなので、今後の作品がとても楽しみである。

マカロニえんぴつ

マカロニ

2012年はっとり(Vo/Gt)を中心に神奈川県で結成されたメンバー全員現役音大_生の次世代ロックバンド。 はっとりのエモーショナルな歌声と、キーボードの多彩な音色を組み合わせた壮大なバ ンドサウンドを武器に圧倒的なステージングを繰り広げる。全国にマカロックを響かせるべく都内を中心に活動中!

鳴らせ

twitter: @macarock0616
公式サイト: http://macarock.wix.com/home
Youtube: https://youtu.be/w4OSYHVXZto

FEATUREの最新記事

関連するコンテンツ