【連載】男が本当に欲しいもの Things Men Really Want – Plus Vol.2

things

メンズは、ノームコア・シティボーイファッションの様に画一的で考え方が似ているのではないだろうか。メンズファッションは、女性よりも流行の変動が少なく “本当に大切なもの” を見極めるのが重要なのではないだろうか。本質を見極めて選択できるかがメンズとしての『センス』。今回は、男が持っておきたいシンプルな名品を25アイテムご紹介。

20141125-194434.jpg

No.1 kolor BEACON

ひと味違うダッフルを

特徴的なプロダクトが多い『カラービーコン』。ボタン止めの大きさが特徴的で、紐の長さを変えている、すっきりとしたシルエットが印象的なダッフルコートは遊び心が。

従来のダッフルコートの様なデザインのトグル止めを使用していないところにこだわりがある。
生地も、ナイロン混のウールのダブルクロスメルトンを使用しているので、
しっかり厚みもあるが着心地の良い一着となっている。

Price / ¥86,000

出典:http://www.alterfate.com/products/detail.php?product_id=3601

No.2 UNIVERSAL PRODUCTS 白シャツ

58697106

しわになりにくいドレスシャツの生地。
シーズンレスで、定番のこちらのシャツは薄手のポプリン生地をワークシャツに落とし込んだもので、
ドレスとカジュアルの絶妙な融合が魅力の一枚。
程よくルーズなパターンで仕上げられた持っておきたい定番白シャツ。

Price / ¥19,000

出典:http://unlimited-web.shop-pro.jp/?pid=58697106

No.3 the POOL aoyama スウェットパーカー

室内プール跡地を生かしたロケーション、
世界に向けて東京の新しい価値を発信するコンセプトストア『ザ・プール青山』。

シルエットのゆるいのが特徴的なthe POOL aoyama。秋冬は、チェスターコートやダッフルコートのインナーとして使用したい。柔らかい素材と無駄のないデザインでコーディネートがし易いところも嬉しい。

Price / ¥19,000

出典:http://item.rakuten.co.jp/cliffedge/14091423/

No.4
D art frame
GOOD DESIGN SHOP
COMME des GARCONS
D&DEPARTMENT PROJECT

main (1)

表参道のGYREに店を構える『GOOD DESIGN SHOP』は、”定番として長く支持を受けているものも強いクリエーション” という『コムデギャルソン』の考えに賛同した『D&DEPARTMENT』が参加。

オリジナルフレームは、ナラ材を使い、優れた木工技術名高い北海道旭川で制作された。
表面はガラス板を使用して部屋のインパクトにも。

Price / ¥17,762

出典:http://www.d-department.com/jp/d-art-frame/

No.5 MARC JACOBS
Leather sneakers

高級感のあるシルエットが魅力のエレガントな
レザースニーカー

ニューヨークでデビューして以来、時代のトレンドと空気感を絶妙に取り入れたコレクションを展開する『マークジェイコブス』。このレザースニーカーは、毎シーズン、マイナーチェンジを繰り返し、ブランドらしい高級感のあるデザインとスタイリッシュなフォルムが目を引く一足。

アッパーには、カーフレザーを採用し、シンプルかつミニマルな雰囲気が魅力的。

Price / ¥64,000

No.6 ARMANI /CASA
Desk accessories

個性的で上品な佇まいが魅力
オブジェのようなデスクアクセサリー

柔らかな質感のウォールナットとマルチストライプレザーを組み合わせた『アルマーニ/カーザ』のデスクアクセサリー。木目にも見えるレザーを何層も重ねた手の込んだ仕上げが個性的で上品な雰囲気の佇まい。

デザイナーであるアルマーニ氏自身がデスク回りの小物が好きで、毎シーズン、自ら新しいプロダクトを作り続けているほど、個人的にも気に入っているアイテムの一つ。無駄の無いシルエットから生み出されるデザインは、構築的であり流線的。プロダクトとしてただそこにあるだけで、心休まるオブジェの様な存在だ。

Price / ¥48,000(PENTRAY)

出典:http://www.armanicasa.com/catalogue/gift/desk-accessories/edgar

No.7 MOSCOT
Glasses

当時のディテールはそのままに
現代によみがえる普遍的なアイウェア

約100年の伝統を誇るニューヨーク、ロウアーマンハッタンに佇む老舗眼鏡店『モスコット』。
ヴィンテージとは異なる新しい要素が加わった密室度のある仕上がりが特徴的。ピタリと顔幅に収まるラウンドフレームのスマートなデザインは、時流に流される事の無い普遍的な逸品。

もちろん、当時のディテールはそのままに、現代風にアップデートしたデザインは、伝統に裏打ちされた系譜の流れにあり、安定感のあるデザインとバランスで新しい息吹吹き込んでくれる。

Price / ¥27,000

出典:http://www.moscot.com/vintage-eyewear-miltzen-t_569_1.html

No.8
JIL SANDER
Tシャツ

ブランドのエッセンスを散りばめた上質な肌触りの美しいTシャツ

世界中でファンを魅了し続けるブランド『ジルサンダー』。毎シーズン展開される定番のTシャツはナチュラルにシェイプされたシルエットと程よく開いた首回り、短めの袖がジルサンダーらしい。シーズンを選ばず毎日着るものだからこそ、Tシャツにはこだわりたい。

Price / ¥15,000

出典:http://store.jilsander.com/jp/jil-sander/T%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%84_cod37543472vh.html

Coolhomme姉妹サイト 恋愛サポートチャンネル・「lovelog(ラブログ)

Coolhomme(クールオム)では、恋愛動画チャンネルを開始しました!こちらのチャンネルでは、「LINEの連絡の方法」「彼氏、彼女にするならどういう人」など 恋愛のサポート動画マガジンになっています。それぞれの動画の回答についてもご紹介してありますので、参考にしてみてください!

lovelog」 の動画はほぼ毎週更新となっておりますので、ぜひチャンネル登録の方もよろしくお願いいたします!

彼女が欲しい人必見!彼氏にするならこんな人!

彼氏にしたくない男性の特徴とは?

モテるLINEとモテないLINE

脈あり男子と脈なし男子にする振る舞いってどう違う?

相席屋での出会いはあり?相席屋の男性の印象について

  • 相席屋に出会いを求めにいくのは、出会いを自分で探す力がないと思う
  • 人によるけど相席屋は面白い人がいる
  • 相席屋はガチな出会いを求めていたり、恋愛を求めている人がいる
  • 30代以上など年齢が離れている人が結構いる

下心を感じる 男性の特徴とは

外国人との恋愛体験を街頭インタビュー

SNSからの出会いをどう思うか?

LINE・メールで使えるOKされやすいデートのお誘いは?

  • イケメンだったらいきます、おごってくれたら行きます。
  • 普通に誘ってくれたら行きます。変な誘い方しなければ直接言ってくれたらいきます。遠回しに誘われたくない
  • 行きたいところを聞いて、誘ってくれる人が良い
  • こっちが暇な時間をわかって連絡してくれる人、場所もそんなに遠くない場所なら
  • 最初は男2, 女2とかで誘ってくれてもいいかも

注意!イラっとする男子からのLINEの内容とは

  • 基本的に上から目線のLINE
  • ご飯の誘いが毎回夜遅く送ってくる人
  • いつも標準語なのに、LINEだけ関西弁の人
  • 素っ気なさすぎる人はいやだ「はい。」みたいな人
  • ビックリマークのないそっけない人
  • スタンプで語ろうとする人
  • 武勇伝を語ってくる人

ファッションの最新記事

関連するコンテンツ