【コラム】過去月間320万を稼いだ凄腕美容師で起業家・経営者としても活躍するエザキヨシタカ氏とは

エザキヨシタカ

gricoとして次のステップ

自分が居なくても回る会社にしていきたい。売上等全て自分がいなくても回るように仕組みを創っていく。
お客さんは家族なので、自分が一戦から引いたとしても何かしたらで繋がっていたい。

会社が家族という考え方について

美容師で努力の仕方をしらない人が多い、他の社会人は普通に仕事して努力の仕方を知っているので、家族を守るとか含めて美容師を育てていきたい。そう思える美容師が家族。
ただ、仲良くではなく生きていく術を学べる場所。
一般社会で戦える力を養っている。

美容師・経営者としての夢・目標の描き方

エザキ2
毎年実行したい事をノートを付けているそう。達成したい事を3項目大きく書いて、それを実現するための目標などを10個位書いて実行していく。ただ、これはかなり巻きで動いているので半年程で全部達成する事もあるそうだ。

大目標に円満具足というのを掲げていて、これは常にgricoの事を考えて、常に伸ばして行く意識をするということ。

スタッフの方にもノートをつけて目標を意識する事を指示しているというのはエザキ氏自身が行動しているのでやらざるをえないという事なのだろうか。

大学の就職活動以上に難しい面接と課題

gricoに入る時点で、最終面接で美容室でありながら、パワーポイントでgricoの今後の事業計画について書いてもらっているようだ。

もはや大学生が4年時に就職活動する以上の厳しさかもしれないが、社会で生きる上では非常に重要なこと
仕事を自分で生み出していく、会社に対して貢献していくというのは既存の事業の一部になるのではなく、提案出来る強さや考える力、生き抜く強さを持つ・育てるという事である。

こういった所から大切にしたい家族を選んでいるというのに共感し、非常に優秀な経営者という事がわかる。
勿論全員が会社に残るというわけではなく、入ってみたら方向性の違いで別れるという事もあるようだが、これからはもっと改善しようという話をされている。

ぶっ壊したいです。クソみたいな美容業界を。

という言葉が冒頭に出てくるが、言葉はパフォーマンスとしておいておくが、その通り単純な美容師ではない多角的に事業を展開する優れた起業家であり経営者であり、美容師である。

Broadcast live streaming video on Ustream

まとめ

美容室に限らず店舗を出した場合当然、教育が必要になる。
飲食店にしてもバイトなどのシフト管理だとか、普通に接客出来る、もしくは接客でお店の差別化を図っているようなお店はなおさらだ。

そういった所でエザキ氏は自分が居なくても会社が回るようにする、自分がいたら稼げてしまうからという考えの元権限委譲、自分の下のスタイリストを育てて任せていきたいようだが、これは普通の会社でもそうだ。

会社を大きくするには中間管理職・マネージャーの成長が肝

子会社の社長となるような人材を育てたり、中間的なマネージャーを育てるというのは会社が大きくなるには必要なことである。
その中間マネジャーを育てるというのは容易な事ではないが、色々なチャレンジをしているというのが動画から分かる。

エザキ氏の考え方をより深く知りたいという方はこちらをチェック。

夢をかなえる! エザキ流方程式

以前の美容師の日野達也氏の記事で、彼が美容師になるきっかけとなった人として紹介したエザキ氏。

美容業界は土地によっても変革の時期に来ているという。そんな中事業を多角化して展開しているのは、美容師という職業を存分に使い、理にかなっている。今後も注目したい経営者の1人である。

同じく美容師としてもDJとしても活躍している内田聡一郎さん。
美容師を目指す人ならこちらも合わせてチェック。

【イケメン】元CHOKiCHOKiキング・美容師・DJの内田聡一郎さんの魅力

ビジネスの最新記事

関連するコンテンツ

姉妹サイト:お金のパーソナルトレーナー Fincy