【グルメ】デート・接待におすすめの赤坂ディナー。和食・焼肉・フレンチ・BAR4選

image

weekendakasaka

赤坂と言えば大手広告代理店や、テレビ局などのオフィスが多く有り、ハイセンスな大人な街のイメージが非常に強い。今回はデート・接待にオススメの赤坂ディナーとし、和食・焼肉・フレンチ・BARをご紹介したい。

デートと気軽にディナーなら六波羅

和の王道を感じさせるお店で串揚げ『六波羅』
1982年創業で東京にしかない関西の串揚げ。大阪弁の店員さんが多く、ここは東京なのか?と感じるほど。女将さんはこてっこての関西弁なので話していて楽しい。カウンターの席はデートには持ってこいの落ち着いた雰囲気の店内だ。

メニューは串揚げと〆の数点のみとなっているシンプルさ、潔さにお店の串揚げにかけるプライドを感じさせる。
東京都内串揚げを出しているお店はあるが、串焼き等幅広く展開している所が多い中、こういったお店は素晴らしい。
おまかせで何種類と希望を言えば、その種類分だけだしてくれる。旬の野菜から定番のもの、こだわりの一品揚げなど様々な食材をお腹いっぱい楽しめる。
油も全くしつこくないため、ワインなどと一緒に頂くのもよいでしょう。

13種類程度注文し、お酒を2杯飲んで1人6,000円程度。

『六波羅』の基本情報

電話番号: 050-5868-6426
アクセス: 赤坂見附駅から160m
営業時間 : [月~金] 11:30~13:30 17:30~22:30 22:00(LO)
[土] 17:30~21:00 20:30(LO)
ランチ営業
定休日
定休日: 日曜・祝日

美味しい焼肉を気軽に食べたりならみすじ

焼肉好きなら知らない人はいないよろにくの2号店、焼肉『みすじ』。
店内は30席程度でそこまでの大きさはない。雰囲気はベーシックな焼肉屋というイメージが強いが、出されるお肉は絶品ばかり。

メニューの中に、『並みじゃない』という文字が幾つか並んでいる。並みじゃない〇〇という様な形だ。
今回は、並みじゃない赤身と並みじゃないみすじを注文。
赤身は、通常のお店であれば歯ごたえが強く、脂がのっていないというのが当たり前だが、”みすじ” の赤身は圧倒的に柔らかい。これは確かに”並み”ではない。

続いて、店の名前にもなっているみすじ。
みすじは非常に脂がのっているように見えるが、口にいれると全く癖がなく、脂っこさを微塵も感じさせない。これが並みではないという所以なのだろう。

店員さんが、焼き加減を秒数単位で教えてくれる。
みすじに関しては8秒、赤身に関しては15秒だ。
美味しく頂ける最適な焼き加減を教えてくれるというのは、非常に有り難い。誰もが焼肉奉行になれるお店だ。

焼肉を3種類注文し、お酒を2杯飲んで1人3,000円程度。
お酒2〜3杯、男性が満足できる程度食べても1人1万行かない程度なので是非お肉好きはいってみては。

『みすじ』の基本情報

電話番号: 03-5573-8929
アクセス: 千代田線赤坂駅徒歩2分 銀座線、丸ノ内線 赤坂見附駅 徒歩2分 赤坂見附駅から221m
営業時間 : 17:00~24:00(L.O.23:00)日曜営業
定休日: 無休

和食で接待なら『うまや』

隠れ家的な場所に位置し、旅館の気分に浸れるお店 うまや。
木造建築の歴史と風情のある店構え、店内に入ると旅館に来たかのような空気と心遣い。内装が歴史を感じさせつつも、どこかモダンさも漂う。ニューオールドな店内に高まるがそれだけじゃない。

メインの料理は、豚のしゃぶしゃぶ。
しゃきしゃきのレタスと適度に脂の載っている豚肉の相性は抜群。
博多料理を意識して作られているので、豚骨ベースのスープにつけていただくのだがこちらのスープもまた絶品。

〆には生のラーメン玉が、圧倒的な幸福感をもたらしてくれる。
しかも、こちらは替え玉が無料なので、もう普通のラーメン屋に行くならばこちらに通いたい程の素敵なサービスだ。
ちなみに白米を入れる事も可能なので、こちらも試してみてはいかがだろう。

他にも串焼きなどもメインを張れる美味しさだ。
串焼き3,4品と鍋(一人前)、飲み物を2杯程度飲んでも一人3,000円程度と良心的な価格設定だ。外国人が多く、接待にはかなり使えるお店だ。

『うまや』の基本情報

電話番号: 050-5868-2327
アクセス: 銀座線・丸ノ内線 赤坂見附駅 徒歩2分
千代田線 赤坂駅 徒歩5分
赤坂見附駅から191m
営業時間 : [昼] 11:00~14:30(月~金)

[夜]
17:00~23:30(月~木)
17:00~01:00(金)
17:00~23:00(土・祝)
ランチ営業、夜10時以降入店可

定休日: 日曜日、祝日の月曜日

デートと接待なら『うさぎや』

毎日違うマジシャンに会えるフレンチ・BARの『うさぎや』。
テレビにも定期的に取り上げられる赤坂の隠れ家的なお店。というのも、お寺の境内の中にあるという希有なお店なのだ。
お店の中の雰囲気は “モダンな和”。一階はBARなので、普通のBARと同様にソムリエさんがいるのだが、2階はフレンチ・レストランなのにも関わらず、 着物姿の女性店員さんがいる。
こちらは非常に綺麗な方なので、男性には朗報だ。

フレンチは、今回2品ご紹介。
ウニと旬野菜のペペロンチーノとフォアグラとトリュフの絶品料理。

“ウニと旬野菜のクリームソースパスタ” は、編集部がジェノベーゼと迷っている時に料理長が出てきて、『今日はウニだよ』と一声かけてくれた。こういう気さくな所もこの店を好きになってしまう所なのかもしれない。
ウニは新鮮で甘みがあり、クリームソースと良く絡んで、頬が落ちるほどの絶品だ。

“フォアグラとトリュフのテリーヌ” は非常にコクがあって、白ワインとの相性が抜群。こちらは是非食べていただきたい。
ちなみに、2,3階がレストランになっているが1階のBARでも注文出来るのでマジックをみながらフレンチを食べて、飲むというのも小粋なデートではないだろうか。

予算としては、パスタとテリーヌ、お通しと席のチャージ料金で1人7,000円程度。

『うさぎや』の基本情報

電話番号: 050-5868-3340
アクセス: 地下鉄銀座線赤坂見附駅 徒歩3分 
地下鉄千代田線赤坂駅 徒歩5分 
赤坂駅から265m
営業時間 : [月~金]
18:00~27:00
18:00~26:00(LO)
[土]
18:00~23:30
18:00~23:00(LO)
夜10時以降入店可
定休日: 日曜・祝日

平日はビジネスマンで溢れかえっている赤坂。
編集部は土曜日に訪れてみたが、赤坂は週末の方が適しているかもしれない。
落ち着いた雰囲気で大人なデートをしたいなら土日にいってみてはいかがだろうか。

グルメの最新記事

関連するコンテンツ