ダイエットの食事制限・運動・炭水化物抜き何が正しい方法なの?痩せたい人のためのダイエット記事まとめ

08d0491ecc121ce1e74992da3279293a_s

ダイエットをしている時に一番悩ましいのは食事と運動ですよね。そしてテレビやブログには様々な情報があふれてしまっています。そのような中で、「 短期間で◯◯kg痩せました! 」というブログや怪しいサイトの記事があって何を信じたら良いのかもうわからない。。チアシードや炭水化物抜きダイエットをしているけど継続して、かつ効果がでなければ絶対にダイエットは挫折してしまいます。Coolhommeはダイエットや減量に挑戦している方のためにダイエットのための記事をまとめてみました。

ダイエット中の食事はどうするか?

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_s

食事に関する悩みは、ダイエット・減量をする多くの方があげています。流行している炭水化物抜きダイエットも継続しなければ意味がありませんし、短期間で痩せたとしても炭水化物の量を増やしてしまったらリバウンドは確実にしてしまいます。ダイエットを成功するためには毎日の食事が9割だと言われています。

ですので、食事メニューを失敗してしまうと確実に間違ったダイエットになってしまいます。食事のレシピや栄養素のバランスをみながら食事するように心がけましょう。

サラリーマンの方や学生でも忙しくてなかなか食事を自分で作ることができないという方に向けて、Coolhommeで紹介しているコンビニやスーパーで購入できるダイエット中のおすすめ食べ物などをご紹介していますので、参考にしてみてください。

ダイエットはどういうアプリがおすすめか

ダイエット中は自分が食べるもののカロリー・栄養素は絶対にチェックするようにしてください。なのでコンビニやスーパーで栄養素がないものはなるべく購入しないようにして、バランスの良い食事を摂るように心がけてください。

レコーディングダイエットのように記録して自分の食べたものを把握することは非常に大切ですので、そのような場合に使えるアプリなどをご紹介しています。

結局ダイエットの方法はなにが正しいの?

e054083481ef6096f2a4f003e9563465_s

炭水化物抜きダイエット、レコーディングダイエット、おにぎりダイエット、などなど巷にはたくさんのダイエット方法が溢れています。しかし、「これなら絶対に楽して痩せられるというのは存在しない」ということは確実です。

「体重を減らすことと、綺麗な体を作りリバウンドしない体型=痩せること」とするのは大きな違いがあります。皆さんはただ、体重を落とすことだけどダイエットだと考えているかもしれませんが、これは誤解です。

ダイエットしても戻ったら意味がありませんし、ストレスを溜め込んだままでも継続しません。美しい体になって健康を維持することが大切なのです。

確実に痩せられる唯一の方法 – 綺麗な体を維持する人だけの話を聞く

その中でも、確実に痩せられるダイエットをするのにおすすめなのが、筋肉トレーニングを継続している方の動画やサイトを見ることです。

筋肉Youtuberの方々のトレーニング動画を定期的にみることによって、意識が高まっていきます。ダイエットや減量は簡単にできるものではありませんし、簡単に手に入れられる体は元に戻りやすい体です。

「こんなにゴツくなりたくないよ」という方は心配いりません。

ちょっと頑張ってもここで紹介している方のような体にはなりません。何年もかけて体を仕上げてきているので、イメージはここで紹介している方の紹介している動画をみて、トレーニングや食事の基礎・基本を学びます。

基礎・基本を学んでそれを実行するだけで2週間で確実に変化があるはずです。

「食事メニューに悩んでいる、ダイエットしているようで自分は実は食べてしまっていた」など、大きな発見があるはずなので、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

Coolhommeの企画で、多くの芸能人やトップアスリートも通っているトータルワークアウトに通い続ける企画がありました(こちらは継続中です)。編集部の人間は、トータルワークアウトの筋骨隆々なトレーナーについていただいてトレーニングしているおかげで-10~15kgを行き来しています。

これは筋肉量を増やしたりしている関係で上下しているのでストレスが全くありませんし、むしろ筋肉がついたことで人に見せられる体に成ってきています。男性だけでなく女性も憧れる腹筋の綺麗なシックスパックになるべく編集部の人間は努力していますので、こちらも続編を近日公開いたします!

芸能人や有名なアスリートにも会えるかもしれないというモチベーションがあっても良いですが、ダイエットや減量は継続することが何よりも大切です。綺麗な体を目指しましょう!

ダイエットにプロテインは必要か

93be24f03b664d5ec4d69382c281cdd3_s

結論からいうと「ダイエット中にプロテインはあった方が良い」です。なぜなら筋肉を作るために必要なタンパク質を効率的に摂取することが可能だからです。

ダイエット・減量中は糖質・脂質の摂取を極力抑えて、タンパク質を体重の2倍摂取するようにします。すると、糖質・脂質から分解されていくので、体重が落ちやすくなり、筋肉を作るためのタンパク質は摂取しているので、筋肉は落とさずに絞ることができます。

ただし、これもなりたい体・目指したい体にもよりますので一般的にプロテインが必要か否かというだけをご紹介しておきます。

ダイエット中のプロテインを飲むタイミングは?

ダイエット中にプロテインを飲むタイミングがわからないという方もいらっしゃいます。トータルワークアウトで教えていただいているトレーナーや他の動画でも挙げられていますが、詳細は人それぞれになります。しかし、一般的な飲み方というのをここではご紹介しておきます。

1日2,3回を摂取します。トータルワークアウト流のダイエットメニューは1日5食の食事になり、そのうちの2回程度をプロテインを摂取します。

プロテインがどうしても苦手だという方

もしタンパク質の豊富な食事を取れる方は、食事の方がお腹に溜まりますので、そちらをおすすめします。

朝食
バナナ、サンドイッチ、etc… タンパク質のあるもの(糖質は多少とっても良い)間食
プロテイン

昼食
タンパク質が豊富な食事メニュー (タンパク質は30g程度を目安)

間食
プロテイン

昼食
タンパク質が豊富な食事メニュー (タンパク質は30g~45g程度を目安)

お腹が減ってしまうという方は、タンパク質が豊富なプロテインバーを食べることをおすすめします。プロテインバーでも糖質や脂質が結構多いものもありますので注意してください。あとは代替品としてsoyjoyなども良いかもしれません。

ウイダーinバー プロテイン バニラ (12本入×1箱)

クエストニュートリション プロテインバー ダブルチョコレートチャンク (60g x 12本)

ダイエット中のプロテインランキング

プロテインは毎日継続して飲むものですので、いきなりあまり美味しくないものを購入してしまうと続きません。最初は多少糖質が入っているものでもかまいませんが、少しずつカットしていくようにしましょう。ここでは人気ランキングをご紹介します。

1位 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】

2位 ビーレジェンド -be LEGEND- 激うまチョコ風味 (1Kg)

3位 バルクスポーツ ビッグホエイ 1㎏ ナチュラル

プロテインの飲み方

プロテインの飲み方はひとそれぞれですが、基本的なのは水か牛乳・豆乳と一緒に飲みます。ボディビルダーの方はそこに卵を入れたりして、タンパク質をより多く摂取しているようですが、一般的には水・牛乳・豆乳のいずれかで大丈夫です。

物足りないという方はバナナを入れても良いですが、寝る間際の摂取をさけるなど糖質を摂りすぎないように注意しましょう。

 

太もも・二の腕などの部分痩せ・ダイエットは可能か

08d0491ecc121ce1e74992da3279293a_s

結論は「できないことはないが、大きく変化するのは全体の体重が痩せる」必要があります。簡単な例として、体脂肪率が高いのに腹筋を続けていても絶対に割れた腹筋が見えることはありません。筋肉が大きくなってもその上に乗っている脂肪が隠してしまうからです。

簡単な例ですが、そもそもとして脂肪が乗ってしまっている状態でいくら鍛えたとしても鍛えたい部位が少し絞られていくだけで、あまり効率的なものとは言えません。

部分ごとにダイエットしたいのであれば、先に太もも、胸、背中のビック3と呼ばれる大きな筋肉から鍛えて行くことをお勧めします。

これを知らないで、いつまでも「二の腕や太ももを細くしたいと思ってこれをやっているのですが、全然効果がありません」と言っている方がいますが、本当に時間と労力がもったいないですよ!しっかりした知識をつけてトレーニングするようにしましょう!

鍛えたらセルライトはなくなっていくのか?

img_body_25
出典:http://www.takasu.co.jp/topics/column/body/25.html

結論からいうとほとんどなくなります。ダイエットをすると、多少太っているときの皮膚が残る場合もありますが、急激なダイエットでない限り皮膚の収縮によって減っていきます。セルライトはその中でほぼ見えない状態になっていきますので、安心してダイエットに取り組みましょう。

セルライトができてしまう人の特徴

  • 食べることが好きでカロリーを摂取しすぎてしまう
  • 脂っこい味やスナック菓子が好き
  • 洋ナシ体型
  • 1ヶ月の間で運動はほとんどしない
  • お肉がぷよぷよしている
  • 1年中冷え性である

セルライトの改善方法

食事編

セルライト以前に、食べることが好きな方はカロリーや栄養素を見るようにして、脂質が高いものをさせるようにしましょう。

運動編

走ったり、自転車をしたり有酸素運動をして脂肪燃焼させるように心がけましょう。

まとめ

トータルワークアウトに通っている編集部の人間も2ヶ月で-10kgを達成してからリバウンドせずにダイエットに成功し、さらに男性も女性も憧れであるシックスパックにするべくトレーニングをつんでいます。

大事なのは他の綺麗な体の人をインスタグラムなどでフォローし、継続的な意識を高めることです!

やれば必ず体は変わってきますのでぜひチャレンジしましょう!
ぜひブックマークして何度も見てみてください♪

 

ダイエット・減量の最新記事

関連するコンテンツ