元No.1ホストが教える女性攻略法(4) ー キャバクラ嬢は体でオトす

キャバクラ

元ホストで、株式トレーダー・経営者である筆者が、男性が気になるキャバクラ嬢は実際お金を使ったら落ちるのか、そしてそもそもキャバクラ嬢を落とす事ができるのか否かという問題についてお答えする。ホストだと逆もしかりという事で客としてキャバクラ嬢が来る事もしばしばあるがそんな彼女たちの声を紹介したい。

そもそもキャバクラ嬢も普通の女性。落とすということを考える

そもそもキャバクラ嬢も普通の女性である。
キャバクラという仕事場で働いているだけなのだ。

社会人で他の仕事をしている女性にもモテない、好かれるような行動をとれない人が、
キャバクラ嬢にお金を持っているから、客だからといってモテるわけではない。

そこは勘違いしてはいけないし、勘違いするとお金だけをつぎ込むことになるだろう。
女性を落とすための明確な目標設定とそれに至るまでどのようにすればいいのかというところを
考えるにはこちらもチェックしてみて欲しい。

基本的には「お客さん」であることを自覚する

キャバクラ
まずはキャバクラで、落とす時の話。

厳しい話しかもしれないが、キャバクラ嬢はお金を稼ぎに行っている。なので客としてみられてしまうのは当然の事であり、これは見た目がイケメンでも最初はそうである。

よく聞いた話だが、キャバクラ嬢から
今日店にイケメンのお客さん来てたの〜なんて言う話をよく聞く。

だから基本的にはお近づきになりたいと思ったらそれなりの段階を踏まないといけない

連絡先の交換

店外(店の外で会うこと)

これを継続していき、金払いの良さやどれくらいお金を持っているのか、そして付き合う事や体の関係に持ち込む。

しかし、これを具体的に行うとすれば、どのような方法で距離を詰めていけばいいのだろうか。サラリーマンや社会人の男性の皆さんは気になるところだと思いますのでご紹介します。

どういう対応をすれば距離が縮まるのか

いずれにしても紳士的な対応が必要になります。幾らお金を持っているからといって、傲慢な態度や強引な人は嫌がられます

お金を持っていればいいだろというのは男性側の考え方であって、キャバクラ嬢の方がお金を持っているケースもありますからね。キャバクラ嬢も人間なので、普通の人間関係と変わりません。

キャバクラ嬢を落とすということを考える前に、自分が何をキャバクラ嬢に提供できるのか、普段の態度を見直すことをし始めると良いかもしれませんね。

まぁあとやはりキャバ嬢というのは見栄っ張りで金銭的な欲求度が高いので、ある程度金を持ってるような振る舞いをしないとイケメンでもあまりなびかなかったりする。

キャバ嬢と付き合った事例

キャバクラ1

キャバ嬢にしてもそうだが仕事の毎日になると結婚相手、ましてや恋人を作る事は中々難しい世の中になってきている。

だから割とその中でも夜の世界というのは出会いが仕事柄多い分、客と一緒になることも少なくない。

また、キャバ嬢をしているということは何らかの事情で働いてるか、夜の世界でしか生かせる経験がない人がほとんど。

だから、

男としてはそれなりに女の面倒を見られるような状況じゃなければ関係を続けることはまず厳しい

だろう。
だが、付き合う事だけでいえば、段階を踏んでいけばそれ程難しい事でもないとも言える。

ただし、キャバ嬢が本当に自分の事を好きかどうかを判断する必要がある。

夜の世界では

『本営』


本当の彼氏彼女を装った営業というものが存在する

特にこれは本気で夜の世界の人間になればなるほど見極めるのが難しい

だが、確かめる方法いくつかあるので紹介したい。

見極めるポイントとそのフロー

ここでは本営かどうか、彼氏彼女を偽って仕事のために使われていないか見極める必要がある。その見極めるポイントとそのフローをご紹介する。

アフターをできるかがファーストステップ

まずアフターが出来るかがまず最初の段階となる。アフターは普通にキャバクラに通っている人ならばやったことがある人もいると思うが、ここをまず成功させる必要がある。

キャバクラに通っていて趣味の話などで仲良くなれば、割と簡単にアフターに連れていくことができるだろう。高級な飲食店でなくても意気投合していれば意外とすんなりいくものだ。

大事なのは、誕生日LINEなどが多くてもそういう時ではなく、別の時間をいかに作れるかということ。自分のためだけに時間を作ってくれるという機会を増やすこと

コミュニケーションの取り方で悩んでいるという方はこちらもチェックしてみて欲しい。
こちらではLINEよりも電話を使うことの重要性について書いている。

LINEでは気軽にコミュニケーションを取れるが、そのコミュニケーションの濃さというところに注目してほしい。
一回のスタンプよりも一度の電話の方が断然コミュニケーションの濃さが違う。

送ればいいという問題でなく、しっかりとしたコミュニケーションを行うべきだ。

仕事前に会うのはダメ

同伴になる場合があるから

仕事終わりで疲れてる状態でも会ってくれるかがまず一つの関門

仕事終わりで疲れ切っている中でも会ってくれるという関門を突破出来たら次は相手の気持ちを確かめていく事が重要。

連絡の頻度、直接顔を合わせる頻度など

連絡の頻度や直接顔をあわせる回数が5~10回程度になってくると、上記の仕事の後に会ってるのでお互い時間を作っている。

時間でお金を稼いでいるキャバクラ嬢とホストや社会人が会っているのだから、それは距離も縮まっているということだ。

そして、この時点でこちら側も相手の気持ちがある程度こっちに向いているなと言ったような手応えがあるはず。
鈍感でどこまで行ったら良いのかわからないという人は、5~10回を目安に、あまり多くても意味がない。

むしろ煮え切らないとして、決断力がないと思われる可能性もある。恋愛とは難しいものだが、チャンスを逃してはいけない。

またこの頃になるとお互いがどんな人間なのか、どんな生活をしているのかが分かっている状態だろう。

どこかのタイミングで一歩進む必要がある。
無くてもいいがあった方が断然良い。

それが

体の関係を持つ事

これは女性にとってメンタル面で非常に重要な事であり、気持ちの面でかなり親密さを得る事が出来る。

最後は難しいかもしれないが、是非そこまでの関係性を築いて頂きたい。

女性との関係値構築に悩んでいる方にはこちらもチェックしてみて欲しい。
ホストが行っている女性との関係値構築の方法について書いている。

キャバクラ嬢でなくて、普通の女性ともコミュニケーションが取れない人は、百戦錬磨のキャバクラ嬢を落とすということはまぁ難しい。可能性としては0ではないが、普通の女性にもモテない人が、キャバクラ嬢にモテるだろうか。

キャバクラ嬢が好きになってしまったという人は、まず自分の武器を整理して、上記のようなことを行ってみることをお勧めする。

 

出典:photo credit: Dustin Diaz via photopin cc

出典:photo credit: Riccardo Palazzani via photopin cc

そもそも出会いがない、その技術をまず試してみたいという方は
230万組がマッチングしているという【pairs】
がオススメだ。

マッチングサイトで打席数を作って、様々な女性のパターンを作る。
そのパターンに当てはめてどういう性格の女性なら、どういうアタックの仕方が響くかを考える。
モテる男性というのはそういう行動を意識的か、無意識的に行っている。


そういう男性になるために実際に使ってみた事例。是非ためしてみては。

キャバクラに行く前に、まずはひとりでもコミュニケーションを上手くとるだけの能力が必要だ。
経験を積むためには、まずはスタンディングバーやクラブで何度も挑戦することをおすすめする。

キャバクラでは、自分が接待されるような立場ではあるが、女性は女性だ。
キャバクラにいっても紳士でかつ、トークが面白く、経済力のアピール、色気のある振る舞いができれば、
体の関係以上になることは容易だ。

ホストの求人 おすすめサイト

ホストを実際にやりたい、
自分の力を試してみたいという方には、
運営7年目のホストの求人サイト「ホスト・メンキャバ」がおすすめ。

host

 

そのために、まずはスタンディングBARで出会いを求めてみるのも良いだろう。
こちらもあわせて。

関連するコンテンツ