【コラム】エンジニア妻が語る「女子にとってかなり狙い目!WEBエンジニア男子6つの魅力」

engneergazou

理系男子、エンジニア男子と言うとTシャツの上にチェックシャツを羽織る頼りなさそうな男性を思い浮かべる女性は多いと思います。

jyosei
少なくとも、エンジニア男子との合コンというと「どんな話をしたらいいのだろう。」と心配の声もあがり気味です。私も以前は、「あまり人と話をしたくないから技術職を選んでるだけなのでは・・。」とかなり偏見に満ちた考えを持っていました。

しかしながら共に仕事をしてみるとそういった軟弱な印象は一掃され、現にWEBエンジニアを夫としてもつ私としては、『エンジニアであるということは異性として魅力があること』を彷彿とさせる要素の一つと言っても過言ではありません。

女性たちの男性に求める高い条件と、エンジニアの生き様は合致する部分も多いのではないでしょうか。
そこで今回、改めてエンジニア男子の魅力を挙げてみました。

【1】一人で一つのことにこだわり続けられる才能

engneergazou

群れず一人で生きていける趣味や仕事を持つということは、そう簡単なことではありません。時にPCに向かい続ける姿に、「付き合いが悪い」「もっと社交的な趣味を持てば」などと悪口を言ってくる人もいるでしょう。
そんな中でもわずらわしい人間関係や根性論に心乱されず(たとえ乱されようとも)、自分がいいと思う物事を孤独に追究している姿はとても美しく、そしてセクシーです。容易に真似出来るものではありません。

【2】困難にぶつかったとき、自力で解決しようとする姿勢

基本的に周囲の人も忙しいので、一人で調べて解決することが多いという印象があります。
どのビジネスマンにも言えることだとは思いますが、誤りが明確に目に見える形で出てきてしまうエンジニアにとっては、解決するための要素を分解し検証する力や、ググり力が特に必要とされるのではないでしょうか。
曖昧にせず、物事を進めていく力は生きていく上で必要な能力の一つです。
バグを発見したとき無言でPCに立ち向かうエンジニアの姿は、古代ローマ時代、コロッセオの中に解き放たれた飢えた野獣と戦う挑戦的な剣士を思わせてくれます。

【3】基本的にストイック

engneergazou2

実力が明確に分かる厳しい職種であるため、日々鍛錬に技術を勉強している人が多い印象があります。山のように技術書を読んだり、休日返上でハッカソンや勉強会に出席したりしている人も多いのではないのでしょうか。そういったストイックな姿勢には頭が上がりません。
また、話は反れますが好きなことには死ぬほど打ち込むものの、本質的でないと思っていることには極力力を注がないので、休日に無駄な飲み会(例:人脈・スピリチュアル系パーティなど)に行くというようなことはあまりないのが、個人的にはうれしいです。

コラム, 恋愛の最新記事

関連するコンテンツ