しがない美容師が伝えるコミュニケーション力を向上させるテクニック

こみ1

近年、一般的なワードともなっているコミュニケーション障害(コミュ障)。
初めて会う人だと緊張して、上手く話せなくなってしまう事である。
若者にとても多く、多数はインターネットの世界に没頭している。

ネットサーフィンをしていると、学生さんや社会人でも営業職の方、接客業などコミュニケーション力が不足していて仕事やプライベートに支障が出ている方がとても多い様です。

そんな私も学生時代はソーシャルゲームに没頭し、友達もろくにおらずコミュニケーションをまともにとれませんでした。
そう、コミュ障です。
ですが現在は、そんな自分を変えたい一心で美容師という会話が絶対の職業を選び、様々な試行錯誤をして回復傾向にあります。
美容師をやり始めてわかったコミュニケーション能力の向上方法や書籍などで勉強になった項目をいくつか紹介しようと思います!
こみ1

出典:http://gamemaniasokuhoo.blog.fc2.com/blog-entry-321.html

コミュ障にありがちなこと

・無理して空回りすることが多い
・思い込みが激しい
・とっさの状況に対応できない
・目を見て話せない
・うまく話せた会話をずっと覚えている
・毎日脳内反省会

会話が怖い2つの理由

1、自分の話す内容、意見が間違ってたら嫌だから

MAX87_batuwotukuttagaijin20140531500

自分の話す内容で「こいつは、バカだな」と思われたくないプライドが邪魔をして、余計に話せなくなってしまうという方も多いのではないでしょうか。
その結果自分の得意分野でのみしか話せなくなり、その会話が終わり次の話題に移ると孤立してしまいます。

2、自分の話す内容で場の空気を乱したくない

日本人の国民性みたいなものなのかなと感じてます。
KYという言葉が流行ったように、空気を乱す事を怖がるあまり自分の発言で空気を乱すのではないかと臆病になってしまう方も多い様です。

意見に正解も不正解もない!

こ5

出典:https://twitter.com/nonomurabot11

話せない、発言出来ない大きな理由としては、この「発言って間違ってるんじゃないかな」
と不安になり、発言出来ない。
これは私もよく心の中でつぶやく事が多いのですが、

”そもそも正しい発言は誰がジャッジするのか”

いないですよね?
一人一人意見が違うのは当たり前!

自信を持って、根拠がしっかりしてれば怖くない!

相手の意見を否定せずに話す

こ4

出典:http://lifehacking.jp/2012/07/oppositional-conversational-style/

自分は正しい!と思い込んで話していれば、
きっと相手と喧嘩になってしまいます。
捉え方なんて個性、ひとそれぞれ。

相手の話す内容が自分と違ったときは、
「相手が間違っている」ではなく、
「相手の意見と自分の意見は間違ってるんじゃなく、違うんだ」

と捉えればそこから質問や会話の幅が広がります!

しっかり目を見て話す

当たり前の事ではありますが、この当たり前ができるできないで大きく変わります。

目を見れず、下や横を向いて話していれば、説得力に欠けます。

目を見て話すという事は、”しっかり聞いてます”というアピールになります。
微笑んで聞いてあげれば尚良し!

話下手なら聞き上手になれ

もちろんTPOにもよりますが、話の構成を組み立てるのが苦手であれば、とにかく聞き上手になること!

聞き上手は話さない

こちらも知っている話題だとつい持論などを話してしまいますが、ここはグッと我慢!
いかに相手に多くの時間話させるか、語らせるか。
こちらは、「すごいですね!」「面白いですね!」などの褒め相づちで返しましょう!

そこで「でも〜」など反論してしまえば、相手からも「でも〜」と反論されてしまいます。
これだと喧嘩になってしまいますね。

相手の名前を織り交ぜる

名前を呼ばれると親近感がわく事ありませんか?
美容室でも、ただ「こんにちは!」というよりも「○○さん、こんにちは!」
と言った方が心の扉を開けやすくなると言って頂く事がよくあります。
「あの番組見ましたよ○○さん」「そういえば○○さん」
など、難しいことではありません!

質問力をあげろ

知っている内容でも聞く

この辺りからは接客術の分野になりますが、特に年上の方と話す時。
知っている内容でも、「それってどうして〜なんですか?」と聞くと相手から話してくれます。
そうすればこちらが墓穴を掘る心配はありません(笑)

Yes or Noで答えられる質問をしない

話題を広げるためには、質問は必要不可欠!
話を広げるためには、
×「○○が好きなんですね」→「どうなんですよ」
○「どうしてそんなに○○が好きなんですか?」→「○○は××で〜」

意識していないと意外とできていない人もいるんです。
私も学生時代はYes or Noの質問しかできず、全く話が弾まない経験をたくさんしました。

興味をとにかく持とう

考えや経験なんて10人いれば10人とも違うのは当たり前。
相手の仕事や趣味、将来の夢や願望。
なんでもいいんです。

興味を持てば自ずと会話ははずみます!

私は普段のサロンワークで、とにかくお客様に興味を持ち接客しています。
この方はどんな生き方をしてるんだろう。どんな考え方を持っているんだろう。
仕事は?趣味は?好きなタイプは?
誰でもかまわず聞いているわけではありませんが、そうすることで質問力が上がり、
昔に比べればかなり話せる様になりました。


話せずに人付き合いから遠ざかっている方。
やり方次第で楽しく話す事ができ、話す事がとても楽しくなります。
自分に合ったコミュニケーション術を身につけて脱コミュ障をしてみましょう!

ビジネス, ライフスタイルの最新記事

関連するコンテンツ