【旅行】女子禁制!タイ・バンコクを3-5日間で巡るグルメ、自然、仏閣、夜のお遊びプラン

バンコク2

皆さんはタイ・バンコクに行かれた事はございますか?急速に発展していて、自然・仏閣は勿論グルメ・夜も充実してきています。昨年Coolhomme編集部の1人がタイ・バンコクへ行った時のグルメ、自然、仏閣、夜のお遊びのプランをご紹介します!

※一部男性にしか共感を得ない可能性がございますので女性の方お気をつけください

1. タイ・バンコク観光の予算を決定し、ツアー予約

バンコク

タイ・バンコクに行くのに、予算をお土産込みの10万と設定、日程は3泊5日のツアーに決定。
3日でノープラン。さてどこへ行こうという段階からのスタート。
まずは飛行機の中で軽くマップに目を通し、1日目は早朝に成田からバンコクを出発し、夕方にバンコクに到着するプラン。

タイ・バンコク旅行の予算・費用

まぁまぁ良い同じホテルに泊まる日本人も数組いて、朝はブッフェを取れる非常に
コストパフォーマンスが良いプランでした。

HISなどで80,000~100,000円程度のプランでもそれなりに良いホテルに泊まる事ができ、中心街へも少し歩けば電車が走っているので問題ないくらいの距離。

DeNAトラベルでも最安値のプランを探す事ができるので、こちらで探しておけばよかったなと少し後悔。。

バンコクの電車の発達には非常に驚いたのだが、タクシーも2km程度走っても日本円で300円程度なのでちょっと面倒だなという方は、タクシー移動をおすすめします。

タイでのタクシーに要注意

メーターを押さずに走るタクシードライバーもいるので、タクシーには要注意。最初にメータープリーズというようなカタコトの英語か、英語が通じないドライバーには指をさして回さないと乗らないという素振りを見せるので、念のためやっておく事をおすすめします。

2. 換金は空港ではなく町の換金所に

4bb55311935cacb54621283d0b53685a_s

大体空港で換金される方がいると思いますが、レートが高いですよね。
なので、現地で交換するというのを最初に決めていて、ホテルについたので、タクシーの運転手に換金所まで連れて行ってもらう事に。
女の子2人の姉妹の日本人と一緒に同乗して、換金所に向かいました。

タイでの換金レートをお得にするためのコツ

その換金所はホテルのタクシードライバーとつながっているようで、お得なレートで交換できるというところ。現地に入って心配だという方もいらっしゃるかもしれませんが、レートを気にするのであれば、ホテルのドライバーに聞いてみるのも良い

薄暗い換金所の中に入り、日本語も通じないですが、日本人を毎回連れてきているんだろうなという慣れ具合で、店員が換金してくれる不思議な場所でした。

ちなみに2回目行ったときはやっていなかったので、かなり自由な営業時間で3万バーツ位先に交換しておくと良いかもしれませんね。

※2014年5月20日現在
バーツ

出典:google

3. 初日から夜遊びガンガン行こうぜプランに変更 ゴーゴーバーやパッポン通り

バンコクやパタヤと言えば夜の町。宿泊したホテルの運転手などが細かいアドバイスをしてくれるので、もし行きたい時はあらかじめ聞いておいたほうがよいでしょう。

ゴーゴーバーとは

一部のエリアにクラブ、バーなどが集中しているところで、レディーボーイやタイの女性、外国人観光客などが密集している場所です。通常のバーの通りに注文して飲むことになります。

ゴーゴーバー・パッポン通りのお店にいく時の注意点

また、ホテルの運転手を全幅の信頼をおいて、信じて任せきりにするとそのドライバーの趣味や、紹介することでチップをもらえるような場所に連れて行かれることがあるので、あらかじめ調べておくこともおすすめします。

また、タイでも児童買春は禁止されていますので、注意が必要です。

買春が横行しているタイを含む東南アジアにおいても、現地で成人女性の買春行為で捕まった日本人というのはほぼ皆無です。
あるのは児童買春での逮捕というのがあるので、この辺りをチェックしておくと良いでしょう。

いずれにせよ、年齢の確認と明らかに若い子にはそういう行為をしないという自制心が大切です。

タイで12歳少年を買春 66歳日本人男を2010年11月に逮捕。
http://thai.news-agency.jp/articles/article/5328児童買春容疑で日本人に実刑判決(カンボジア)13歳の少女を10ドル(1000円)で買ったとして41歳日本人男性を2009年8月に逮捕。
http://www.kamonohashi-project.net/report/2010/11/post_258.htmlカンボジアで32歳日本人男性逮捕、少年の裸写真を撮影
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2508733/3240086

出典:http://bangkok-dark-night.com/thai/prostitution-nightlife#i-4

シーロム通り、ゴーゴーバーやパッポン通りの雰囲気

タイの夜遊びといえばここです。日本人の旅行者や駐在員向けに、日本語で書かれた看板がたくさんあります。夜ともなると、通りにはキャバクラのお姉ちゃんたちが客引きのために外でたむろしています。

バンコクのカオスっぷりが見える場所です。お姉ちゃんのお店だけでなく、男性のちょっとアブナイショーを観れるゴーゴーバーも数件あり、タイの地元の人とおしゃべりするのが楽しい場所でもあります。

ゴーゴーバーの音楽・ブログ

男の人がゾロゾロ並んでいるお店にはたまに行きます。ショーは、本格的なダンスがあったり、お笑い系もあったりして、十分楽しめます。ショーを見るだけでも大丈夫なので安心してください。

ゴーゴーバーは、店の内装はバーやクラブといったイメージに近いですが、女の子が踊っている台を囲むようにカウンター席やテーブル席が配置されています。普通にドリンクを飲みながら水着や下着姿で踊る女の子を見て楽しむ事も出来るし、気に入った女の子がいれば指名して一緒に席で飲む事もできます。

そして、夜の予定はすぐに決まるのが男旅。男なら勝負するしかないですよね。うん。
というそれなしにバンコク行く人ってどうなんですか!

3泊5日の夜のプランは簡単に決定。最後はバンコクの良さを体験しようという事で事前に良いホテルのレストランを予約。

ゴーゴーバーやパッポン通りにいってナンパをした後に何かある場合、ホテルに連れて帰って、その次の日も
旅行先をエスコートしてもらったり、一緒に過ごすということもあるので、繁華街に近いホテルを予約しておくと良いでしょう。

バンコクでのおすすめホテル

スコータイのホテルセラドンはおすすめ

バンコク3

1日目 夜遊び
2日目 夜遊び
3日目 ホテルのレストランで夕食

ホテルはスコータイホテル。1階のセラドンです。
女性と2人で居るカップルや家族、夫婦等さまざまな人達がいましたが、彼女と一緒に行くと特別な気持ちになれる事は間違いなしです。

最終日の夜はプロポーズなどでも使えるようなお店だったので、さすがにバンコクではプロポーズしないかもしれませんが、料理自体はかなり絶品なのでおすすめ。

セラドン – The Sukhothai Bangkok

スコータイ ホテルの詳細

ホテルスコータイの口コミ

ホテルスコータイの口コミ

出典:agoda

夜遊ぶときの注意点

Coolhomme姉妹サイト 恋愛サポートチャンネル・「lovelog(ラブログ)

Coolhomme(クールオム)では、恋愛動画チャンネルを開始しました!こちらのチャンネルでは、「LINEの連絡の方法」「彼氏、彼女にするならどういう人」など 恋愛のサポート動画マガジンになっています。それぞれの動画の回答についてもご紹介してありますので、参考にしてみてください!

lovelog」 の動画はほぼ毎週更新となっておりますので、ぜひチャンネル登録の方もよろしくお願いいたします!

彼女が欲しい人必見!彼氏にするならこんな人!

彼氏にしたくない男性の特徴とは?

モテるLINEとモテないLINE

脈あり男子と脈なし男子にする振る舞いってどう違う?

相席屋での出会いはあり?相席屋の男性の印象について

  • 相席屋に出会いを求めにいくのは、出会いを自分で探す力がないと思う
  • 人によるけど相席屋は面白い人がいる
  • 相席屋はガチな出会いを求めていたり、恋愛を求めている人がいる
  • 30代以上など年齢が離れている人が結構いる

下心を感じる 男性の特徴とは

外国人との恋愛体験を街頭インタビュー

SNSからの出会いをどう思うか?

LINE・メールで使えるOKされやすいデートのお誘いは?

  • イケメンだったらいきます、おごってくれたら行きます。
  • 普通に誘ってくれたら行きます。変な誘い方しなければ直接言ってくれたらいきます。遠回しに誘われたくない
  • 行きたいところを聞いて、誘ってくれる人が良い
  • こっちが暇な時間をわかって連絡してくれる人、場所もそんなに遠くない場所なら
  • 最初は男2, 女2とかで誘ってくれてもいいかも

注意!イラっとする男子からのLINEの内容とは

  • 基本的に上から目線のLINE
  • ご飯の誘いが毎回夜遅く送ってくる人
  • いつも標準語なのに、LINEだけ関西弁の人
  • 素っ気なさすぎる人はいやだ「はい。」みたいな人
  • ビックリマークのないそっけない人
  • スタンプで語ろうとする人
  • 武勇伝を語ってくる人

旅行の最新記事

関連するコンテンツ