【仕事】出世したい人必見!出世を望むも叶う人、叶わない人の違い!

神戸牛

リーマンショック後の日本経済は、長きに渡る円高の影響で、未曽有の長期的な経済不況に見舞われました。これによって、労働者の収入の激減・格差問題・リストラ・ハラスメントと労働者を取り巻く環境は悪化の一途を極め、様々な社会問題を巻き起こしてきました。

高度経済成長期の日本の労働者と、リーマンショック後の日本の労働者の出世意欲の高さに差異があるのは、一般的に考えて当然であります。取り巻く環境が違いすぎるためです。そんな中でも、出世を成し遂げている人成しえない人に今回はフォーカスいたします。

なぜ人は出世したいのか?

まずは、出世する人のキーワードを挙げてみましょう。「人望が厚い・仕事ができる・運が良い・非情・八方美人・気づける人・時間の使い方がうまい」。まだ他にもあるかもしれませんが、一般的にはこのようになります。ただキーワードを見ているだけですと、単純に人的にポテンシャルが高い人が該当するように見えます。

それでは、「なぜ人は出世したいのか?」この根本的なマインドによって、仕事に対する原動力は変化してきます。ただ漠然と、「将来偉くなれれば良いな」程度に考えている人と、「自分は出世して社会に貢献したい・将来独立したい」など明確な目的・目標を持っている人では仕事の内容が違います。貪欲に出世を望み、仕事やスキルアップに高く貢献するコンピテンシーを構築できます。

出世する人は必ずやっている付け届け!

出世する人は、目的・目標に向かって貪欲に突き進みます。
自分の置かれた環境をも、もろともせずに邁進します。
しかし、これには数々の障壁を突破してゆかなければいけません。

そのためには、他人からの協力は不可欠であり人間関係の構築は重要です。
実は人間関係を構築する上で、最も効果的なのは付け届けなのです。お盆や暮れの挨拶時や、お礼をする際の付け届けをできる人間は、仕事ができる人間でもあります。ここでイメージとしまして、付け届けする贈り物の例を挙げてみます。

こちら上記の写真は神戸牛になりますが、付け届けで高級牛肉は大人気であります。価格は、二人前で部位にもよりますが1万円から1万5千円ぐらいになりますので、相手がそれほど萎縮してしまうほどの価格ではありません

付け届けの商品を選ぶセンスが優れていて、積極的に付け届けができる人は、ビジネスの面でも必ず付け届けの恩恵を受けております。付け届けは出世するための登竜門と呼べるでしょう。

ビジネスの最新記事

関連するコンテンツ