ビットコイン・仮想通貨の基本と4つの取引所の口コミ・評判

bitcoinIMGL3736_TP_V

最近CMやテレビでも話題になってきた「仮想通貨」。ビットコインと呼ぶ通貨を聞いたことがある方も多いかと思います。ビットコインが仮想通貨の中では一番有名ですが、他にも多くの仮想通貨があります。また、仮想通貨を購入するためには取引所で口座を開く必要があります。ビットコインによって「億り人」と呼ばれる、数億円を持つトレーダーも生まれるようになりました。今回は仮想通貨・暗号通貨について取引所の評判なども含めてまとめます。

 

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Coincheck(コインチェック)【6ヶ月連続!】
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)
【3位】Zaif(ザイフ)※取引手数料マイナス0.05%キャンペーン実施中!

そもそも仮想通貨とは

bitcoinIMGL3736_TP_V

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。

出典:https://bitflyer.jp/ja/glossary/virtual_currency

仮想通貨とは簡単に言うと

仮想通貨とは、「銀行などを介さずに直接友人・知人または全く知らない誰かにお金を送金したり、他の通貨に変えることができる「新しいお金」のこと」です。ビットコイン=仮想通貨という認識は間違ってはいませんが、仮想通貨はビットコインだけではありません。

例えば、海外旅行に行った際に仮想通貨をドル、そのほかの通貨に変える事で空港や現地で通貨を交換しなくても良いということがあります。仮想通貨は正しく利用すれば、便利で利便性が高く、ユーザーにとってお得なものなのです。

また仮想通貨は、マイニングと呼ばれるもので採掘(総量を増やす)していきます。これは現物でいうと金と同じようなものです。

仮想通貨の種類

仮想通貨の種類は600種類と言われていますが、仮想通貨は世界各国で日々増え続けています。当然金額が安い時に購入して皆高く売りたいと考えているため、怪しい仮想通貨もあります。

仮想通貨の判断をどうするかは人それぞれですが、多額の金額をかけてしまって、それがなくなってしまっても問題ない程度の金額を掛けるようにしましょう。

仮想通貨の種類とその違い

仮想通貨の種類とその違いは、複数ありますが、ここではビットコインとイーサリアムという仮想通貨の違いについて述べておきます。

ビットコイン

P2Pで利用可能。P2Pとは、インターネット環境とスマートフォンなどの端末を持つユーザ同士での様々なやりとりが行うことができる仕組みのことです。

送金の受発信などを日本だけではなく世界中の人と簡単に、かつ通常銀行を通してしまうと大幅にかかってしまう手数料非常に安価に行うことができます。

ビットコインは発行上限があります。2,100万BTCに達した時点でビットコインを発行することができなくなります。そのため、2017年11月現在までで、ビットコインゴールド、ビットコインキャッシュと2回の分裂が行われています。

イーサリアム

P2Pで利用可能。ビットコインと似ている仮想通貨でビットコインと大きく異なるのが「スマートコントラクト」。スマートコントラクトとは契約を実行・保管する機能のことです。

企業や個人事業主などが利用する場合、イーサリアムを通じて契約やその期限、期間、対象者など非常に機密性の高い情報が記述されています。イーサリアムはこのような情報を全て保存できているので、個人間での送金だけにとどまらず様々な利用法があり、広まることが期待されています。

初心者が仮想・暗号通貨取引を始める方法は?

仮想通貨の売買を始めるためにはまず「取引所」と呼ばれる、仮想通貨の販売を行なっている場所に口座を開く必要があります。口座開設の流れは、株式投資やFXなどと同じで、本人確認が必要となりますので運転免許証などの本人確認書類を準備してください。

取引所によっては本人確認のフローが異なりますので、それぞれの取引所に応じた書類を準備しておいてください。

本人確認に必要な書類

  • 運転免許証の裏表
  • コインチェックだと自分の顔写真

取引所の本人確認・口座開設までのフロー

おおよそどこの取引所でも取引開始までに1〜2週間かかります。各種仮想・暗号通貨の金額が上がっているので、早めに安く購入したい人が多く、取引所のオペレーションも遅くなっていることがありますので、早めに開設は済ませましょう。

  1. 取引所のサイトにアクセス
  2. メールアドレスなどでまずはサイトに登録
  3. 本人確認、本人情報の情報を入力(免許証などを写真撮ったものを提出)
  4. 本人確認用の情報が記載されたハガキが届くので本人確認を入力
  5. 本人確認完了で取引開始

オススメの仮想通貨の取引所は?

chartIMGL6593_TP_V

仮想通貨の取引所は日本でも複数あります。ビットフライヤーはCMもやっていたので認知度が高いですが、他にもコインチェックが日本では2番目の大きさとなっています。仮想通貨の売買を実際に行なっている方々に口コミをいただきました。

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Coincheck(コインチェック)【6ヶ月連続!】
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)
【3位】Zaif(ザイフ)※取引手数料マイナス0.05%キャンペーン実施中!

bitflyer(ビットフライヤー)の評判

スクリーンショット 2017-10-29 18.00.37

▶︎bitflyerの公式サイトへ

男性・20代・ビットフライヤー利用

テレビや周りの人が仮想通貨・暗号通貨をトレードしているのをみて、利益が数百万と出ており今しかないと思って始めました。

仮想通貨は最初に買えば買うほど、その通貨が普及してくるので利益の幅が大きくなってきます。なので早く始めることが何よりも大切だと思って最初にビットコインを購入しました。

bitflyer(ビットフライヤー)を選んだ理由

ビットフライヤーを選んだ理由は日本で一番取引高の大きい取引所だったので安全だということです。数年前のようなマウントゴックス事件で、数十億円消えてしまうというのは非常に嫌です。

なので、一番大きくて安全なところに預けておく方が良いと考えたからです。会社としても大きくなってきているので、なくなったりはしませんし、初心者が信頼して仮想通貨の売買をできる取引所だと思います。

また、ビットコインの金額がどんどん上がっていっているため、アルトコインの売買をしたいなと思っていて、ビットフライヤーはアルトコインの取り扱いも多く、他の取引所にも口座を開いていますが、今はビットフライヤーをメインに利用しています。

bitflyer(ビットフライヤー)が取り扱っている通貨

ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

▶︎bitflyerの公式サイトへ

Coincheck(コインチェック)の評判

スクリーンショット 2017-10-29 18.09.13

▶︎コインチェックの公式サイトへ

男性・50歳・コインチェックを利用
https://coincheck.com
日本経済に対する不安と老後の生活を案じて良い投資対象を探していたところ、ビットコインというものを知りました。ビットコインは世界で唯一、中央集権が介在しない通貨であり、ビットコイン以外の仮想通貨も様々なものがあり、それぞれに将来性に期待しています。

Coincheck(コインチェック)選んだ理由

コインチェックを選んだ理由としては、とても使いやすくユーザーライクの視点でサイト運営をしているなという印象があったので利用しています。資産運用はのための投資は経験がないのですが、2017年2月頃より思い切って取引を開始しました。

実際の取引はとても簡単でスマホ1つでも簡単に操作できる点が良いですね。現在の収支は約8%ほどのプラスになっており、今後さらに期待が高まる投資先だと思います。

Coincheck(コインチェック) はアルトコインの購入ができる

女性・30歳・コインチェック
仮想通貨を始めた理由は、ビットコインの他にもアルトコインがある事を知ったから。
中には胡散臭くて騙されそうな怪しいコインもありますが、まだ低価格で安心して買えそうなコインがあったのでちょっとだけやってみようと思い、始めました。

▶︎コインチェックの公式サイトへ

Coincheck(コインチェック) で取引できる通貨

私が取り引きしてる通過は、リップル、ネム、リスクの3つです。
なぜかと言うといずれも比較的安心して買える要素がある事と、まだビットコインのように高くなってない事。ビットコインのように化けてくれればいいなと期待して買いました。

仮想通貨は365日24時間変動するので一概には言えないし、コインを購入する時の手数料も変動するのですが私はまだ利確をしてないので収支は0円です。ただ利確すればプラス500円ぐらいになる時はあります。

男性・21歳・coincheck
仮想通貨を始めた理由としては、CM広告を見たり、知り合いが取引している姿を見たためです。取引している通過は、bitcoin.ripple.イーサリアムです。これらのコインを選んだ理由としては、決済可能店舗が増え可能性を感じたことと、リップルやイーサリアムが企業との連携が増えており、価値があがる可能性を感じたためです。

コインチェックで取引して利益はどうなった?

収支としては、現在どのコインも上昇傾向にあるため、上記コインに分散させており、昨年投資した金額は50万で、100万近くの利益を得ております。

▶︎コインチェックの公式サイトへ

暗号通貨に関しては、全く知識がない人でも利益が出せてしまう現状にあるため、バブルのようなものに近いと感じております。この先、暗号通貨のインフラが整ってきて、値段が安定してきてしまうと、このように利益を得ていくことはとても厳しいと思うので、今がチャンスでもあり、これから決済手段として流通していく中で、とても勉強してくべき内容ではないかと思いました。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

取引所Zaif(ザイフ)の口コミ・評判

スクリーンショット 2017-10-29 18.08.59

▶︎zaifの公式サイトへ

男性・31歳・Zaif
2017年に入り、ビットコインが比較的メジャーになったところから、証券会社等、さまざまな企業が取引サービスを始めたことでビットコインの価格が高騰をはじめ、そこから新興仮想通貨もひっぱられるかたちで価格をあげはじめているので、今がチャンスなのではと思い、はじめました。

Zaifを選んだ理由

現在はイーサリアムとモナコインをメインに取り扱っています。

Zaifはモナコインの取引ができる

特にモナコインの利益はここ数日の価格高騰の影響で含み益が結構いい感じになっています。

7月中に来る半減期に向けてまだ上がる気配が続いているように思うので、様子を見守っているところです。ビットコインが8月1日に分裂もしくは取引停止があるのでは、というところからの逃げ口としての価値も高まってきているように感じています。

▶︎zaifの公式サイトへ

GMOコインの口コミ・評判

 

▶︎GMOコインの公式サイトへ

GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
グループ内のオンライン金融サービスでの知見を活かし、お客様の安心を最優先にサービス提供をしています。

GMOコインの仮想通貨FXの特長

専用スマホアプリ『ビットレ君』で、本格チャート、本格取引

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。
スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。

豊富なテクニカル指標

(1)チャート
・単純移動平均線
・指数平滑移動平均線
・ボリンジャーバンド
・一目均衡表
・平均足

(2)テクニカル
・MACD
・RSI
・DMI/ADX
・RCI

といったFXではよく利用されるテクニカル指標も使うことができます。

豊富な取引注文が魅力

・成行
・指値
・逆指値
のほか、
・OCO
・IFD
・IFD-OCO
といった特殊注文の利用が可能です。

▶︎GMOコインの公式サイトへ

 

 

仮想通貨の取引所の登録が完了している一覧

仮想通貨交換業は金融庁への登録が義務付けられるようになりました。平成29年10月現在、登録が完了している業者は以下の企業です。

株式会社マネーパートナーズ

関東財務局長 第00001号
平成29年9月29日 株式会社マネーパートナーズ
6010401075907
106-6233 東京都港区六本木3-2-
03-4540-3800
【取り扱い通貨】BTC(ビットコイン)

QUOINE株式会社

関東財務局長 第00002号
平成29年9月29日 QUOINE株式会社
7010401115356
102-0093 東京都千代田区平河町2-7-3
03-6261-6333
【取り扱い通貨】BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、 BCH(ビットコインキャッシュ)

株式会社bitFlyer

関東財務局長 第00003号
平成29年9月29日 株式会社bitFlyer
2011101068824 107-0052 東京都港区赤坂3-5-5
03-6435-5523
【取り扱い通貨】BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、 ETC(イーサリアムクラシック)、LTC(ライトコ イン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、 MONA(モナコイン)

▶︎bitflyerの公式サイトへ

ビットバンク株式会社

関東財務局長 第00004号
平成29年9月29日 ビットバンク株式会社
1010801024625 141-0031 東京都品川区西五反田7-20-9
03-6427-1520
【取り扱い通貨】BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、 XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)、MONA(モ ナコイン)、BCC(ビットコインキャッシュ)

SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社

関東財務局長 第00005号 平成29年9月29日 SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社 9010401128059 106-6019 東京都港区六本木1-6-1 03-6229-0965 BTC(ビットコイン)

GMOコイン株式会社

関東財務局長 第00006号 平成29年9月29日 GMOコイン株式会社 7011001113188 150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1 03-6221-0219
【取り扱い通貨】BTC(ビットコイン)

ビットトレード株式会社

関東財務局長 第00007号 平成29年9月29日 ビットトレード株式会社
3010401127116
108-0073 東京都港区三田2-11-15 三田川 崎ビル4F
03-6899-2030
【取り扱い通貨】BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、 XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)、MONA(モ ナコイン)、BCC(ビットコインキャッシュ)

BTCボックス株式会社

関東財務局長 第00008号 平成29年9月29日 BTCボックス株式会社
7020001104824
104-0031 東京都中央区京橋1-6-6 ハラダビ ル4階
03-5579-9730
【取り扱い通貨】BTC(ビットコイン)、BCC(ビットコインキャッ シュ)

株式会社ビットポイントジャパン

関東財務局長 第00009号 平成29年9月29日 株式会社ビットポイントジャパン
6011001109930
153-0043 東京都目黒区東山1-5-4 KDX中目 黒ビル
03-6303-0314
【取り扱い通貨】BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、 XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)、BCC(ビッ トコインキャッシュ)

株式会社フィスコ仮想通貨取引所

近畿財務局長 第00001号 平成29年9月29日 株式会社フィスコ仮想通貨取引所
1120101054642 596-0004 大阪府岸和田市荒木町2-18-15
03-5774-2440
【取り扱い通貨】BTC(ビットコイン)、MONA(モナコイン)、 FSCC(フィスココイン)、NCXC(ネクスコイン)、 CICC(カイカコイン)、BCH(ビットコインキャッ シュ)

テックビューロ株式会社

近畿財務局長 第00002号 平成29年9月29日 テックビューロ株式会社
1120001184556
550-0005 大阪府大阪市西区西本町1-4-1 オ リックス本町ビル4F
06-6533-2230
【取り扱い通貨】BTC(ビットコイン)、MONA(モナコイン)、 BCH(ビットコインキャッシュ)、XCP(カウン ターパーティー)、ZAIF(ザイフ)、BCY(ビット クリスタル)、SJCX(ストレージコインエック ス)、PEPECASH(ぺぺキャッシュ)、FSCC(フィス ココイン)、CICC(カイカコイン)、NCXC(ネクス コイン)、Zen(ゼン)、XEM(ゼム(ネム))、 ETH(イーサリアム)

リップルの取引ができる仮想通貨の取引所

ビットバンク、ビットトレード、ビットポイント

仮想通貨の認可待ち取引所

有名な取引所でいうとコインチェックは認可待ちの状態となっています。 

▶︎コインチェックの公式サイトへ

  • 商号
    コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck,inc.)
  • 住所
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F
  • 設立
    2012年8月28日
  • 社員数
    71名 (2017年7月末時点)
  • 資本金
    9,200万円
  • 代表取締役
    和田晃一良
  • 取締役
    和田圭祐 大塚雄介
  • 加入協会
    一般社団法人 日本ブロックチェーン協会 監事
    一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会 正会員
    一般社団法人FinTech協会 会員

取引所の手数料比較

取引所名 クイック入金 出金
bitFlyer 324円 216円~756円
bitbank.cc 540円~756円
Bitbank Trade 324円
BITPonit 324円
coincheck
3万円未満 756 円
3万円以上50万円未満 1000 円
50万円以上 入金金額×0.108% + 486 円
400円
Zaif 実費 350円~756円

仮想通貨のチャート

chartIMGL6587_TP_V

仮想通貨のチャートが、みやすいアプリは、コインチェック、ビットフライヤーです。取引所が提供しているアプリケーションがありますので、コインチェックやビットフライヤーをチェックしてみてください。

特にコインチェックのアプリは、「利用者数No.1」となっているためアプリの利用者が多く、利便性の高いアプリケーションになっています。

▶︎コインチェックの公式サイトへ

仮想通貨の税金ってどうなるの?

仮想通貨の利益については、金融庁の見解によると現時点では所得税の課税対象となります。

そのため「雑所得」として計上することになっています。2017年現在での見解となっており、仮想通貨・暗号通貨周りの法整備が求められている状況です。ですので、現状では「雑所得」ですが、今後は他の会計の仕組みになる可能性もありますので、金融庁の見解をチェックしてみてください。

仮想通貨で儲けた学生は税金どうするの?

学生でも上記同様所得税の課税対象となりますので、確定申告をするときは、その仮想通貨を売却した時に得た金額を「雑所得」としてください。

仮想通貨の確定申告は必要?

確定申告は、会社員でも主婦でも学生でもしっかり行う必要があります。

ビットコインなどの仮想通貨を売買した時の売り上げから、必要な経費を差し引いた金額が20万円以上である場合は3月15日までに確定申告書を作成して、近く・最寄りの税務署または提出場所に行かなくてはいけません。インターネットからでも提出することは可能です。

仮想通貨のニュースに一喜一憂しない

仮想通貨は多くの新聞やメディア、テレビで取り上げられていますが、関係の深い企業やその通貨を取引している、またはポジショントークで、自分がかなり購入している仮想通貨に対してプラスの意見を述べる人が多いです。しかしニュースを鵜呑みにして取引してしまうとタイミングによっては損をしてしまうので注意してください。

仮想通貨のニュースで韓国では取引できなくなった

日本ではビットコインを中心とした仮想・暗号通貨がかなり注目されていますが、お隣の韓国では色々な法整備・規制が進んでいます。世界的に注目されているにも関わらず規制を入れるということは売買するユーザーを保護するためです。日本でもこういうリスクがあることは把握しておくようにしましょう。

韓国の金融規制当局は、詐欺のリスクがあるとして、あらゆる形の新規仮想通貨公開(Initial Coin Offering:ICO)を禁止すると発表した。韓国の金融委員会(FSC)は、あらゆる形のICOを完全に禁止するとともに、デジタル通貨の信用取引も禁止すると述べた。

韓国ではおよそ100万人がビットコインを所有していると推計されており、利用の増加を理由に規制監督を求める声があがっていた。

米国や中国、シンガポールなどでも仮想通貨を規制する動きがある。

出典:https://japan.cnet.com/article/35108084/

 

まとめ

仮想通貨の種類は増えており、様々な仮想通貨の価格が基本的には右肩上がりの状況になっています。つまり購入すれば利益が上がる状態ということです。

仮想通貨の役割は、これまでできなかった取引を簡単にすること、世界中の誰とでも簡単に・安く繋がることができることです。

仮想通貨のそれぞれの違いや役割を知って、売買するのも良いですし、資産運用の方法の1つに入れても良いでしょう。仮想通貨の取引の際は、自己判断で十分に注意して、仮想通貨を楽しみましょう。

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Coincheck(コインチェック)【6ヶ月連続!】
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)
【3位】Zaif(ザイフ) ※取引手数料マイナス0.05%キャンペーン実施中!

ビジネスの最新記事

関連するコンテンツ