社会人なら知っておくべきお金の常識。初心者でも入りやすい株式投資・FX特集

0d1111a6a6e7d254abb40eca14d422b5_s

社会人になってしっかり貯蓄や投資を行っているでしょうか。普通にサラリーマンをしていても生涯賃金は2億円程度で、平均値なのでさらに下回る方も多いのではないでしょうか。また、年金の受給額も20~30年後には下がっていくと計算されており、今から将来に向けて計画的に貯蓄・投資しておくことが常識となってきています。今回は学生・社会人の方に初心者でも入りやすいように、株式投資・FX(外国為替証拠金取引)経験者の方になぜ始めたのか、具体的にどういう証券会社に口座を開いたのか聞きました。

CONTENTS - 目次

株式投資・FXを始めたきっかけを教えてください。

すぐには使わなくてもいい分を、私の老後資金つくりのために運用中

8c0822942c24ab5bf27703cbc1267dc6_s

親から、孫(私の子供)の教育資金にと、お金を渡されたが、すぐには使わなくてもいい分を、私の老後資金つくりのために運用中です。最初は、株式の個別の会社について考えるのが面倒なのと、当たり外れが激しいのが嫌で、FXをやりました。

上がっても下がっても儲けることが可能で、夜中でも取引でき、携帯からも簡単に売り買いでき、手数料も外貨預金などとは比べものにならないくらい安かったので、儲かりそうだと思いました。

その後、株式のインデックス投資についてある大学院教授の話しを聞いて、0円になってしまわないところや、分散投資が簡単にできるところ、普通の投資信託よりも手数料も安く、自分で判断している気持ちになれるところなどが気に入って、今は、いろんなインデックス投資も始めたところです。

デモトレードの経験、お金の稼ぎ方、そもそも興味があったから

b8655dffe416951188be12cc2915ca6a_s

資産があってその資産を増やそうと、FXを始めたのでわなく、逆に全く資産がない状態で月々の収入を増やさなければ生活が出来ないと思って自分に出来るかどうかわからないけれもデモトレードから始めたのが一つ目のきっかけ。

二つ目のきっかけが、ネットサーフィンをしていてお金の稼ぎ方、お金というものについて、調べいたところ、やはり、FXが項目としてあげられて、ヒットしてくるのは予想がついていましたが、その中の教材に、これならば自分にも購入して学習すれば、お金が増えるのではないかと思い教材を購入した事。

三つ目として、タイミングだけの問題のような気がしますが、そもそもFXにとても興味があり、いつかやってみようと思っていた事です。

話を聞いて興味をもったのがきっかけでした

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s

付き合っていた彼氏が元々株式投資をしていた人で話を聞いて興味をもったのがきっかけでした。
株式の知識は全くありませんでしたが、知っている企業で株主優待をもらえるところを買ってみれば?と言われ、当時よく利用していた総合スーパーの株券を購入しました。

始める前はまとまった資金がないと始めてはいけないという印象を持っていたのですが、彼から話を聞いたり本を読んでみると小さい金額でもいいからまず投資を実際にやってみてそこから学んでいけばいいということがわかりました。

はじめて投資した金額は10万円で、気になっていた企業の株がちょうど1株買える金額でした。元々長期で持つつもりだったので値段の上がり下がりも気になりませんでしたし優待がもらえてとても得した気分になりました。

株価を見ることのできるシステムができたから

06e31cae7a98a98fc5ad6d5a5f2bef0a_s

私が株式投資を始めたきっかけは、ネット証券に証券口座さえ開けば誰でも無料でリアルタイムに刻々と変わる株価を見ることのできるシステムができたからです。

しかもネット証券同士の株式売買値下げ競争によって、新しく証券会社の口座を開いたのならば、数ヶ月の間、株式売買無料になるキャンペーンもやっていたからです。

その上、通常の株式取引での株式売買手数料も対面証券会社の電話での株式売買に比べると、株式売買手数料も非常に安かったので、安い手数料での株式売買できれば株式投資でもけることのできる可能性が非常に高くなると思って株式投資を始めました。

このように株式をする上での好都合なことが重なったので私は株式取引を始めてみたのです。

外貨取引のFXならできるのではないかと思ったから

c555c377d5dbefd178436859c6460dd7_s

私は海外生活が長かったので、外貨に対して親近感があるので、外貨取引のFXならできるのではないかな、と思いました。
最初はイギリスのポンドの取引をしたのですが、FXを先に始めていた友達から「ポンドは暴れポンド、素人が手を出すものではないよ」と言われて、すぐに決済しました。

すると、損益が出るどころか、たった1日で15000円くらいの利益になりました。FXは楽しいな、と思いました。

その後、ユーロの取引をしました。アメリカドルは動きがあまり激しくなくて、やっていてもおとなしい感じがしたので、あまり向いていないな、と思ったのです。ユーロは動きがわりとあって、チャートを見ていると上下動があって、やりがいがあるな、と思いました。

残業が減って生活が苦しくなったのがきっかけ

59812b1bf36e3c0ef8443b09b9e3db40_s

現在勤めている会社が閑散期になり、残業が減って生活が苦しくなったのがきっかけです。
半年から1年くらいは閑散期が続きそうで、手取りが大きく減った状況では生活もままなりません。
本業以外になにか収入を得る必要がありました。

かといって特に大きく元手があったわけではないので、やれることも限られている状況でした。
こつこつと副業で稼ぎながら株式投資をするための資金を集めていましたが、思うように集まらず時間だけが過ぎていきました。

そうした中、とある金融雑誌で副業特集をやっていて、その中でFXならレバレッジをかけることで1~10万の低資金で始められると記載されていたので、なけなしの元手をかき集めて当初考えていた株式投資ではなく、FXから始めることにしました。

給与天引きで購入したことがきっかけ

05c90c6988e0ba594ecff1d92509cdbc_s

株式投資を現在、行っています。もともと開始したのは18年前に新卒で入社した時に人事部門から自社株の購入は将来の貯蓄見合いで絶対に行っておいたほうが良いという勧めでなんとなくですが給与天引きで購入したことが最初です。

その当時は証券会社の口座を開くのではなく持株会管理という状態でしたが、景気と合理化の流れで一般企業の証券会社に委託することになり、今は証券会社の口座を開いています。

そこで自社株買いの給与天引き以外も少しですが、違った銘柄も購入することにしました。

基本的には、中長期的な保有が目的で短期的な売買を目的として購入している銘柄はありません。

また、一日一日一喜一憂するようなことも極力行わない状態です。

まとまったお金が20万ほどできたのが直接のきっかけ

da3d8a75761a3d509980ece07ca6a236_s

20代半ばでしばらく使う予定のないまとまったお金が20万ほどできたのが直接のきっかけです。

それ以前から株式投資自体は興味がありました。銀行に預金をしていても利益なんかでないわけで、配当利回りの方がどう考えても高かった。もちろん、株価下落リスクはあるわけだけどそれはそれで当たり前と私は割り切れました。

また実際の購入の前からインターネットなどで株価チェックはできたのも大きかったです。ちょうど90年代後半でインターネットと携帯の普及する時期でもあったので、間接的ですがこれも大きな理由です。

FXはあまりしてませんが、寝かしている株を担保に今の証券会社のSBIFXトレードでFXができるので、スワップ利益を目的で始めました。

SBIFXトレードは他の証券会社と違って、1通貨単位からトレードできるので、かなり融通が利くと思います。

スワップの利益と株の動向を見つつ、細かい取引がしたいなら、SBIFXトレードは使い勝手が良いですよ。

ちょっとしたお小遣い稼ぎができればと思って始めました。

6ca060c989b7459c9dc9aca15f1a5b30_s

会社の給料とは別に、ちょっとしたお小遣い稼ぎができればと思って始めました。
学生時代に、スロットや競馬などのギャンブルにはまってましたが、もういい年なので少しは投資をしてみよう思いました。
最初に始めたのはFXです。

株の場合、初期投資でも20万円程度が必要でしたが、FXは10万円以下でも始められることと、
単純な為替レートだけを見れば良いこと、レバレッジで投資金額の割には大きくリターンが見込めたため
です。
周りに友人も、FXで稼いでいる人がいたので、ネット証券で注文して始めました。

その後、株にも興味が出てきたため、最初は株主優待目的で数銘柄。
その後は、トレンドなどを見ながら、数週間から数か月単位で売買をしています。
短期的な利益はFX、その儲けを株で中長期投資という流れです。

少しでも稼げる手段を増やしたいと思ったから

44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_s

本業での収入が少ないこともあり、少しでも稼げる手段を増やしたいと思っていました。そんなときに、知り合いがFXを教えているということを知りました。この方自身がトレーダーで株とFXをやっていることもあり、ちょうどノウハウを教えて稼いでもらうための生徒を募っていたところでした。

そもそもFXというもの自体知らなかったので、どういうものか聞いてみることにしました。初心者がネットなどのいろんな情報を元に独学で始めると失敗することも多いのですが、この方の指導のもとに基礎からきっちり学んで身につけることができれば、FX一本で稼いでいくことも難しくないということを聞いて、月に一回の講習を受けながらきっちりと基礎を身につけていこうと思って始めたのがきっかけです。

具体的にどこの証券会社や証券口座を作りましたか?またそれはなぜですか?

楽天証券で口座を持っています

og-image
出典:https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券で口座を持っています。それ以前に楽天銀行が前の名前(忘れてしまいました)だった頃から、ネットで小遣い稼ぎをした時の振込口座用に作ってあったので、楽天証券にしました。

楽天証券と楽天銀行をマネーブリッジという、手数料なしでお金を移動できる連携をしておけば、「楽天銀行」の普通預金の利率が0.1%になるところが大変いいです。

楽天銀行

カードも楽天カードなので、ポイントもすべて連動して獲得できます。評判は、他のネット銀行がいいようですが、新しい口座を作るのは、かなり面倒に感じますし、今はマイナンバーが始まって、新しい銀行などと関係を作ると、マイナンバーを申告するのも嫌ですね。

一番初めに口座を開設したのは、楽天証券です。

aebd45bd904b4cd1f1144b050fc3dce1_s

一番初めに口座を開設したのは、楽天証券様です。その理由としてあげられてくるのは、「楽天銀行」の口座を開設していた事とまったく無知だった私は、有名な全国的に名前のとうっている事というだけで口座を開設しました。

その後、かなりの少額で練習や、チャートの見方、トレードの仕方など、学ばなければ増える訳がないと思い、アプリも充実していて、100円からの取引が可能な、マネーパートナーズでの口座を開設しました。そしてもう一つ最後に、購入した教材でもオススメとされている、初期の投入金額が1万円と言う所にひかれ、ヒロセ通商での口座開設をいたしました。

楽天さんをのぞいた二つはどちらも、少額からの入金が可能で、その事が口座開設に大きく影響しています。

証券口座はカブドットコム証券で開きました。

kabucom
出典:http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-2883.html

証券口座はカブドットコム証券で開きました。当時メインバンクとして使用していたのがじぶん銀行と三菱東京UFJ銀行で、カブドットコム証券ですと様々な手続きが楽に進むようだったので選びました。

手数料などを考えると他にもお得なネット証券会社はあったのですが、入金の作業などを考えるとカブドットコムが一番自分にとって合っていると感じています。

またカブドットコムですと、プチ株が他の証券より充実しており少ない金額から投資ができるのも魅力的でした。

積立投資も他の証券ですと月1000円からのところが多いですが、カブドットコムですと月500円から始められるので資金がそれほど多くない自分には魅力的であると感じています。

ライブドア証券と言う証券会社の証券口座を開きました

livedoor
出典:http://okanewotukurou.finito.fc2.com/livedoor.htm

私が始めて証券会社の株式口座を開いたのは今その当時証券口座を開設したままの名前はありません。その会社名はライブドア証券と言う証券会社の証券口座を開きました。

この証券口座に口座を開いた主な要因は、初めてこの証券口座に口座を開設してから数ヶ月の間は株式売買がかからないという太っ腹なキャンペーンをやっていたからです。

私は当時大学生だったので、アルバイトで貯めたわずかなお金と有り余る時間をもっていたので、デイトレードのようなことをしてみたいと思っていたので、デイトレードをするには一日に何度も株式売買をするので、その株式売買手数料が無料なライブドア証券のこのキャンペーンは当時の私にとって非常に魅力的にうつったので、この証券会社に初めて証券口座を作ったのです。

私が最初にFXのために証券会社に口座を作ったのは、楽天証券

3398f3d2992476c81dedce7ebc9e42e5_s

私が最初にFXのために証券会社に口座を作ったのは、楽天証券でした。その時に、ちょうど楽天証券に口座を作って一回でもFXの取引をしたら、8000楽天スーパーポイントがもらえるというので、そのポイントが欲しかったのです。

FXについては素人でしたので、どこの証券会社にすればいいのかわかりませんでした。
楽天証券でFXの取引を始めましたが、当時、FXのチャートの画面が私が使っているマックでは動かなくてかなり焦りました。

結果としてマックにウィンドーズのOSをインストールして、チャートが動くようにしましたが、マックのままで使えたらもっとよかったと思います。
そのあと、ひまわり証券に口座を作りましたが、利用は一度もしていません。

外為どっどこむで口座を開設しました。

id746_com_20151209093036
出典:http://www.ok-navi.net/company/?company_id=746

外為どっどこむで口座を開設しました。
理由は、元手が非常に少なかったため、通常の10000通貨で取引できる口座を開設してもリスクを取ってレバレッジをかけて投機的な取引をせざるを得ません。

外為どっどこむは通常の10分の1である1000通貨で取引が始められると書いてあったので、第一候補にしました。

何社か1000通貨取引のできる会社をピックアップしたのですが、その中でやはり第一候補にした外為どっとこむがスプレッドも狭く、約定力も強いと雑誌に書いてあったので、その口コミというか記事の内容を見てこの会社に決めました。

他の証券口座も開きましたが、やはり10000通貨だとかなりギャンブルになってしまうので外為ドットコムで良かったと思います。

最初は持株会管理でしたが今は、野村證券にその自社株はあずける形になっています。

thumb
出典:http://blog.k2-investment.com/archives/729

最初は持株会管理でしたが今は、野村證券にその自社株はあずける形になっています。これに関しては私の会社が仕組み移行とともに推奨、そして自動的に簡単に移行できる証券会社として選んできたものなので自分自身の意思を持って選んだものではありません。

セキュリティ管理や定期的な意思確認など書面で送られてくるものを常にチェックするだけでも結構大変です。自社株もすぐには売買することもないので当面はこのままです。そして、自分でいくつかの銘柄を所有するために選んだ証券会社が楽天証券です。

理由は明白でインターネットサービスの利用をしていたこと、そして、「楽天銀行」の口座を持っていたので口座の開設が非常に楽だったからです。

e-trade証券(現:SBI証券)です。

sbilogo2
出典:http://www.financial-advisor.jp/article/13779750.html

e-trade証券(現:SBI証券)です。雑誌やネットなどで情報を収集して、大手の会社ならどこでもそれほど大きな差はないが、まあ無難そうな所にしました。今はSBIFXトレードと名前が変わっています。

細かいところはもう覚えてませんが、売買手数料も最安の部類で、ネット取引なら特に問題がなさそうなので選びました。他には松井証券とかが候補にあったと思います。

そのあとにe-wing証券(現:SBI証券)とオリックス証券になんとなく、いや確か当時もあった新規口座開設キャンペーンにつられてだったかな、口座を開設しました。こちらは今はカブドットコム証券とマネックス証券に名前が変わっています。当時そこまでの思いはありませんでしたが、結果的にはベストな選択だったと思います。

2015年オリコン日本顧客満足度ランキング、取引手数料・コスト部門でも1位に輝いており、
初心者のFXユーザーには非常に人気なSBIFXトレードがオススメです。

SBI証券は、手数料が安く、オペレーターに口座開設や証券などの難しい用語なども聞けるというメリットがあります。
詳細はこちらもチェック

FXはヒロセ通商と松井証券で口座を開設

GGYmCHoM4IK67XmSXoxz1T
出典:http://manesto.com/1234

ヒロセ通商と松井証券で口座を開設しました。
松井証券は、株の取引にあたり、手数料が安かったことと及び、ネットトレードの操作性で定評があったため、開設しました。
ヒロセ通商は、FXでトルコリラ取引をするために開設
しました。

開設前は、会社の信用力や取引の約定率などを気にしていましたが、実際私に使用状況では、どの会社でもい大差ないと思います。
ちなみに、申込みの際に口座開設キャンペーンで、キャッシュバックがあったと思います。
キャンペーンを実施している証券会社は結構ありますので、まずは申込だけして、使い勝手を比較しながら絞っていく方法でも良いと思います。

またFXに関しては、特にスプレッドが会社によって大きく異なります。(株でいうところの手数料にあたります)
通貨によっても、会社毎に差がありますので、自身がメインで取引する通貨によって使い分けても良いと思います。

ヒロセ通商 LIONFX

hirose-lion
出典:http://fx.kinri.jp/lineup/hirose-lion.html

ヒロセ通商 LIONFX OANDA証券 外為どっとコム 楽天証券
ひとまず、トレーダーの先生に教えていただいた口座は一通り解説しました。何箇所もの証券会社の口座を開く理由に付いては証券会社ごとに手数料やトレードできる通貨などが変わってくるためから、多く開いておいたほうがいいという教え通りに開設しました。

その中で、一番多く使っているのは、外為ドットコムとOANDA証券です。

外為どっとコムはFXチャートを見るために使用し、OANDA証券は実際にFXの取引をするときに使用しています。

どちらも、スマフォからも操作できて使いやすいと感じています。楽天証券と、ヒロセ通商の【LION FX】については現在使用していませんが、せっかく開設したので、何か使いみちはないかと思案中です。

→ 1ドルから始められるFX!最低取引1通貨単位!OANDA証券の詳細をみる

株式投資・FXで人気の証券口座ランキング

1位は楽天証券、2位外為どっとコム・ヒロセ通商・松井証券、3位カブドットコム証券となっています。
楽天証券は、「楽天銀行」との送金が無料で、楽天ポイントをもらえる、一番知名度が高いというのが大きな理由になっています。株式投資をやっていて、楽天証券を知らない・口座を開いていないという方が逆に少ないですね!

外為とっどコム・ヒロセ通商も、FXをやる方であれば非常に知名度が高いです。

ヒロセ通商は、スプレッド(手数料のようなもの)も他の証券会社と比べてかなり低価格です。何度もトレードするようなトレードスタイルの方は手数料がやすい方がお得です。

→ 手数料が低価格で、お得なFXをしたいなら ヒロセ通商【LION FX】の詳細をみる

インタビューしてみて多くの方が、給料に対して不満に思っていたり、老後の資金のために株式投資・FXで資産運用を行っているということがわかりました。「投資」というと大損してしまうのではないか、と考える方がいますが、株式投資では資金が0円やマイナスになることは、投資している会社が上場廃止になってしまわない限りはほぼありません

社会人の常識としても経済や社会のことを学びとしても、これから2020年の東京オリンピックに向けてはじめてみてはいかがでしょうか。
将来の自分を助けるのも自分ですよ。

最初から手数料やコストが気になるという方は、初心者に人気No.1であるSBIFXトレードで最初に口座を作ってみてはいかがでしょうか。

口座にお金を入れてトレードするまでお金が減ることはないですし、
他のFX会社と違って1通貨から試しにトレードできるのは素晴らしいですよ。

株式投資をする際は、企業のトップである社長の考え方や戦略を知るというのが非常に重要になります。
社長の考え方や方針が駄目であれば、大塚家具などのように一代でも大きな変化が起きてしまいます。
儲かる企業の社長の考え方はこちらもチェック!

関連するコンテンツ