スポーツ・ダイエットジムの利用料金・続く人・やめる人の特徴とは

photo-1518310383802-640c2de311b2

ダイエットをしたい、筋肉をつけたいなどの理由で、スポーツジムの利用を検討している人は多いのではないでしょうか。しかし、利用を始めたとして、トレーニングを継続できるか、トラブルに巻き込まれないか、不安になってしまいますよね。今回は、スポーツジムの利用を考えている人のために、どんなトラブルが考えられるか、また、続けられる人、辞める人の特徴などを紹介します。

スポーツジムのトラブルとは

justyn-warner-541680-unsplash

何かトラブルに巻き込まれたら困ると思い、スポーツジムに通うことを躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか。実際、スポーツジムにおいて、トラブルが発生することはあります。

では、一体どのようなトラブルが起こる可能性があるのでしょうか。

利用している人同士のトラブルの内容は

スポーツジムのトラブルでまず考えられるのは、利用している客同士のもめ事です。スポーツジムは多くの人が同じスペースを利用してトレーニングすることになります。

そのため、些細なことが理由で喧嘩になってしまうことがあるのです。例えば、一つのトレーニングマシンを長時間占領する人がいた場合、そのマシンを使いたいほかの人とトラブルになります。

使いたいマシンが被ってしまった場合は、どちらかが譲らなければなりません。それにもかかわらず、自分のトレーニングを優先して譲らない人がいた場合、喧嘩になる可能性があるのです。

ほかにも、男女間のトラブルが考えられます。スポーツジムに通っている男女同士で仲良くなるのは何も問題ありません。

しかし、どちらかが一方的に恋愛感情をもって付きまとうなどした場合は、最悪の場合警察が介入する事態になるでしょう。スポーツジムは一度通いだしたらほかのジムに変えることは難しいため、人間関係は慎重に作る必要があるといえます。

利用金額でのトラブルは?

スポーツジムにおいては、会費のトラブルも発生します。例えば、定額で好きなだけ通えるというプランで契約したのに、後々追加の料金が何度も発生した場合などです。
また、契約プランを変更したのに変更前の料金を請求されるといったケースもあります。スポーツジムではこうした利用金額のトラブルが発生し、会員と運営側に大きな亀裂が生じることがあるのです。

嫌がらせはある?

会員同士の関係がこじれてしまうと、嫌がらせを受ける可能性があるかもしれません。しかし、余程のことがなければ個人間の大きなトラブルに発展することはないでしょう。

また、マシンに座って休んでいるなど、嫌がらせのつもりはなくても迷惑な行為をする人がいる可能性はあります。スタッフに報告すれば対応してもらえる場合がほとんどなので、あまり心配する必要はないといえるでしょう。

スポーツジムを辞める理由とは

photo-1534258936925-c58bed479fcb (1)

トレーニングは継続することが大切なので、途中でやめてしまっては意味がありません。それにもかかわらず、スポーツジムに通わなくなってしまう人は多いです。
一体なぜ、せっかく入会したのに通わなくなってしまうのでしょうか。

痩せない、変化がない

スポーツジムに通わなくなってしまう理由として、痩せなかったり、変化がなかったりすることが挙げられます。トレーニングの効果は、すぐに表れるものではありません。

ダイエットが目的でも、筋力を上げることが目的でも、しばらくはトレーニングを継続しなければ目に見える変化は訪れないのです

とはいえ、成果がなかなかでないのに努力するのは簡単なことではありません。
努力しているのに何も変化がないことにがっかりして、諦めて辞めてしまう人が多いのです。

面倒くさがってしまう

どんな目的でスポーツジムに通うにせよ、トレーニングはある程度体に負荷がかかります。そのうえ、何度も繰り返して行う必要があるため、どうしても面倒くさくなってしまう人が多いのです。

また、トレーニングを開始するまでに服を着替えたり靴を履き替えたりするなど、準備にもある程度時間がかかります。スポーツジムに通うたびに準備をしなければならないため、ついついさぼりがちになってしまうのです。

そして、日に日にスポーツジムに行く日数が減っていき、最後には退会してしまいます。

スポーツジムが続く人の特徴

photo-1517836357463-d25dfeac3438

スポーツジムに通い続けるのは簡単なことではありません。変化が感じられなかったり面倒くさくなったりして、辞めてしまう人が多いです。
それでは、継続してトレーニングができる人の特徴とは、一体どのようなものなのでしょうか。

成果、変化がある人は継続しやすい

スポーツジムに通っていて一番嬉しいのは、やはりトレーニングの成果が表れたときでしょう。自分の体に変化が現れ、効果を実感することでスポーツジムに通うことが楽しくなるのです。

しかし、体の変化を感じるには、ある程度継続してトレーニングする必要があります。そのため、変わりたいという強い意志を持っている、忍耐力があるというのが、スポーツジムが続く人の特徴といえるでしょう。

正しいフォームでできる

トレーニングの効果を最大限に高めるためには、正しいフォームを身に着けることが重要です。正しいフォームでトレーニングを行うことによって、体の変化を早く実感できるようになります。

間違ったフォームではトレーニングの効果が出るまでに時間がかかるため、継続が面倒になってしまう可能性が高くなります。正しいフォームでトレーニングすることが、スポーツジム通いを続ける重要なポイントなのです。

パーソナルトレーナーをつけている

スポーツジムには、マンツーマンで指導してくれるパーソナルトレーナーをつけられるところがあります。目的や身体能力に合わせて、特別なトレーニングメニューを提案してくれるのです。

パーソナルトレーナーに指導してもらうことによって、最大効率でトレーニングができるようになります。また、自分一人でトレーニングを行うよりも、モチベーションを保ちやすいというメリットもあるのです。

パーソナルトレーナーによる指導が受けられるスポーツジムとして「FiNCFit」が挙げられます。FiNCFitは遺伝子検査や姿勢の分析など科学的なアプローチを行い、専門のプログラムを組む体制が整っているので、効率よくトレーニングすることが可能です。

スポーツジムの服装はどうしたら良い?

pexels-photo-802417

トレーニングの効果を高めるには、服装にも気を配る必要があります。どのような素材が使われているかや、どんな機能がついているかなどに着目して、服装を選ぶことが重要といえるでしょう。
ここでは、スポーツジムの服装はどうしたらいいか、男女別に解説します。

男性ウェアはどのようなものがいい?

スポーツジムは冬場でも夏場でも、室内の温度は一定に保たれています。そのため、長袖の服で運動をするとすぐに暑くなってしまう可能性が高いです。

スポーツジムで着る服は、季節を問わず半袖で十分といえるでしょう。また、トレーニングウェアとしては、スポーツに適した「コンプレッションウェア」を利用するのもよい選択です。

コンプレッションウェアとは、体にぴったりとフィットして筋肉を圧迫し、けがを予防してくれたり疲労回復を早めてくれたりします。体に負荷がかかるトレーニングをする際には、最適の服装といえるでしょう。

パンツの素材は、汗がすぐに乾くようなものを選ぶと便利です。丈の長さは自分が動きやすいと思う長さのものを選ぶとよいでしょう。

女性ウェア

女性の場合は、動いてもおなかが出にくい服や、二の腕をカバーできるような服を選ぶとよいといえるでしょう。体型が目立たない服や肌の露出が少ない服を着ることによって、しっかりトレーニングに集中できます。
ボトムに関しては、下着のラインが浮きにくいものや食い込みにくいものを選ぶと気になりません。

スポーツジムのフロントと恋愛はある?

スポーツジムによっては、スタッフと会員の恋愛を禁止しているところもあります。トラブルの発生を防ぐために、個人的な付き合いをしないよう指導しているスポーツジムもあるのです。

スタッフとの関係が悪くなってしまった場合、退会せざるを得なくなってしまうかもしれません。スタッフに恋愛感情を抱いてしまった場合は、慎重に行動する必要があるといえるでしょう。

ダイエット・減量の最新記事

関連するコンテンツ