KANA-BOON、SPYAIR、DOES、FLOW…『銀魂』×『NARUTO―ナルト―』×『主題歌アーティスト』の夢のフェス開演決定!

KANA-BOON

アニメファン・ロックファン待望の新感覚の音楽フェス 『ANI-ROCK FES.』の開催が決定!!

『ANI-ROCK FES.』は大人気アニメシリーズの『銀魂』『NARUTO―ナルト―』の歴代主題歌を歌ったアーティスト達が一堂に会する音楽フェスで、アニメ主題歌で起用された楽曲だけでなく、アーティストのオリジナル楽曲も歌唱するスタイルとなっている。

音楽シーンの第一線で活躍するアーティスト達とつねにコラボーレーションを繰り広げてきた『銀魂』『NARUTO―ナルト―』の両作品だけに、盛り上がること間違いなし!

ANIROCK FES

“ANI-ROCK FES.”を通じ、アニメファンにはアーティストに触れてもらい、逆にアーティストファンにはアニメに触れてもらう。あらたな音楽フェスの形が“ANI-ROCK FES.”だ。

注目の開催日は7月16日(土)・17日(日)、会場は幕張メッセイベントホール。

7月16日開催の『銀魂 LIVE CARNIVAL 2016』に出演するのは、Aqua Timez、OKAMOTO’S、SPYAIR、CHiCO with HoneyWorks、DOES。

そして翌日7月17日に開催する『NARUTO THE LIVE 2016』に出演するのは、KANA-BOON、サンボマスター、スキマスイッチ、NICO Touches the Walls、FLOW。

また、この先には追加アーティストの発表も控えており続報に期待が膨らむばかりである。

アニメとアーティストが一体となりお届けするあらたな音楽フェス、今後も要注目だ。

“ANI-ROCK FES.”(アニロックフェス)開催概要

Day1:銀魂 LIVE CARNIVAL 2016

【日程】
2016年7月16日(土)開場 15:00/開演 16:00

【会場】
幕張メッセ イベントホール:〒261-8550 千葉市美浜区中瀬2-1

【出演】

Aqua Timez

Aqua Timez
太志(vo)、OKP-STAR(b)、大介(g)、mayuko(key)、TASSHI(ds)の5人編成、2003年に結成。
希望、愛情、悲しみ、切なさ等、普遍的でありながら強烈なメッセージ性を持った歌詞、感情に訴える心地よく力強いメロディ、打ち込みを駆使し、あらゆるジャンルの枠を超越したサウンドを奏でる唯一無二のロック・バンド。
2015年8月にCDデビュー10周年を迎え、日本武道館ワンマン、ベスト・アルバム2枚同時リリース、47都道府県ライブハウス・ツアーなど、ますます精力的に活動を続けている。

OKAMOTO’S

OKAMOTO'S
オカモトショウ(vo)、オカモトコウキ(g)、ハマ・オカモト(b)、オカモトレイジ(ds)。全員が岡本太郎好きで、ラモーンズのように全員苗字はオカモト。
これまでシングル8作品、アルバム6作品を発表。2015年9月30日にはメンバー渾身のロック・オペラアルバム『OPERA』を発売。
また、同年11月からはキャリア初の東阪ZEPP単独公演を含む、全国22箇所を回るツアー<OKAMOTO’S TOUR 2015-2016 “LIVE WITH YOU”>を大盛況のうちに終了した。

SPYAIR

SPYAIR
IKE(vo)、UZ(g、programming)、MOMIKEN(b)、KENTA(ds)。愛知県出身の4人組ロック・バンド。
2010年デビュー以降、積極的なリリースと圧倒的なライブ・パフォーマンスで人気を博す。ライブのチケットはつねに完売するなど音楽ファンからの注目度は高い。
結成10周年・デビュー5周年を迎えた2015年は、単独1万人野外ライブ、アリーナ・ツアーを大成功させるなどその勢いは止まることを知らない。また海外でのリリースはもちろん、韓国、台湾、フランスでの単独公演を成功に収めるなど世界での活躍にも期待が高まる。

CHiCO with HoneyWorks

CHiCO with HoneyWorks
全国区オーディション「ウタカツ!オーディション」でグランプリに輝いたCHiCO(チコ)と、動画投稿サイトで活動する関連動画総再生回数1億回を超えるクリエイター・ユニットのHoneyWorks(通称:ハニワ)によるコラボ・ユニット。
「世界は恋に落ちている」「アイのシナリオ」「プライド革命」とたて続けに人気アニメの主題歌を担当!2015/11/18には待望の1stアルバムをリリース。1月~3月まで連続3ヵ月のワンマンライブを開催!6月には中野サンプラザにて初のホールワンマンライブも開催が決定している。

DOES

DOES
氏原ワタル(vo、g)、赤塚ヤスシ(b、cho)、森田ケーサク(ds、cho)。2003年に福岡で結成。
日本語の歌詞に拘った和製ロックでヒットを連発。音楽シーンに圧倒的な存在感を放つ、実力派ロック・バンド。今年でメジャー・デビュー10周年を迎える。

==========

……and more!(五十音順)

Day2:NARUTO THE LIVE 2016

【日程】
2016年7月17日(日)開場15:00/開演 16:00

【会場】
幕張メッセ イベントホール:〒261-8550 千葉市美浜区中瀬2-1

【出演】

KANA-BOON

KANA-BOON
谷口鮪(Vo./Gt.)、古賀隼斗(Gt./Cho.)、飯田祐馬(Ba./Cho.)、小泉貴裕(Dr.)の大阪・堺出身の4人組ロックバンド。
2014年11月にはテレビ東京系アニメ「NARUTO-ナルト-疾風伝」オープニングテーマ『シルエット』を、2015年8月には映画「BORUTO –NARUTO THE MOVIE-」主題歌『ダイバー』をリリース。
また、2016年2月に発売されたPS4ソフト「NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットストーム4」のオープニング楽曲として『スパイラル』が使用されている。『ダイバー』を収録した最新アルバム『Origin』が好評発売中!

サンボマスター

サンボマスター
2000年結成。山口 隆(vo、g)、近藤洋一(b、cho)、木内泰史(ds、cho)による3ピースロック・バンド。
2003年12月に1stアルバム『新しき日本語ロックの道と光』をリリース。これまでに7枚のオリジナル・アルバムを発表。2004年には「青春狂騒曲」がテレビ東京系アニメ『NARUTO―ナルト―』OPテーマとしてオンエアされ、『NARUTO―ナルト―』シリーズを代表する一曲となる。
観る者の魂を揺さぶる激しいライブ・パフォーマンスがオーディエンスに支持され、フェスやイベントには欠かせない存在に。日本のロックの最前線を走り続けるバンドである。

スキマスイッチ

スキマスイッチ
大橋卓弥、常田真太郎のソングライターふたりからなる男性ユニット。1999年結成、2003年にメジャー・デビュー。
2005年に5thシングル『全力少年』が大ヒットし、NHK「紅白歌合戦」に初出場。以後、日本の音楽シーンの最前線で活躍を続ける。2014年、「星のうつわ」(『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』主題歌)を収録した6thアルバム『スキマスイッチ』をリリース。
2015年、23rdシングル「LINE」(テレビ東京系アニメ『NARUTO―ナルト― 疾風伝』OPテーマ)でNARUTOと二度目のタッグを組む。

NICO Touches the Walls

NICO
光村龍哉(vo、g)、古村大介(g)、坂倉心悟(b)、対馬祥太郎(ds)で2004年に結成、2007年にメジャー・デビューを果たす。耳に残るメロディと圧巻のパフォーマンスが魅力。
テレビ東京系アニメ『NARUTO―ナルト― 疾風伝』EDテーマ「Broken Youth」、OPテーマ「Diver」「ニワカ雨ニモ負ケズ」などのヒットを放つ。
2016年3月にはアルバム『勇気も愛もないなんて』をリリース。これまでに3度の武道館公演を成功させ、5月6日には初の大阪城ホールにてワンマン・ライブを行う。

FLOW

FLOW
KOHSHI(vo)、KEIGO(vo)、TAKE(g)、GOT’S(b)、IWASAKI(ds)の5人組ミクスチャー・ロック・バンド。2003年にメジャー・デビュー。
テレビ東京系アニメ『NARUTO―ナルト―』OPテーマ 『GO!!!』「Re:menber」、『NARUTO―ナルト― 疾風伝」OPテーマ「Sign」、EDテーマ「虹の空」など多くのヒット作を世に放つ。
また、エネルギッシュで圧倒的なライブ・パフォーマンスは圧巻で、国内はもとより世界各国で行われるフェスへの出演やワールド・ツアーなど海外でのライブ活動も広がりをみせている。2016年2月に10枚目のオリジナル・アルバム『#10』をリリースしている。

==========

……and more!(五十音順)

■入場料金(両日共通)
全席指定 8,000円(税別)/¥8,640円(税込)
一般発売日 未定

■チケット最速先行販売(両日共通)
受付期間:2016年3月12日(土)0:00~3月21日(月・祝)23:59まで
※3歳以上チケット必要
http://eplus.jp/anirockfes2016/

■お問い合わせ(両日共通)
インフォメーションダイヤル 03-5793-8878(平日13時〜18時)

■イベント公式サイト
ANI-ROCK FES. 公式サイト:http:///www.anirockfes.jp/

音楽の最新記事

関連するコンテンツ