各都道府県の人気のウォーターサーバーの口コミ・価格・比較・プレミアムウォーターなどの情報

2018年 最新! ▼当サイトで申込みが多いウォーターサーバー

【1位】 アクアクララ 【お試し無料の人気 / CMでも話題】

【2位】 コスモウォーター ※【急上昇】レンタル無料の著名・人気のウォーターサーバー

【3位】 クリクラ 【顧客満足度6年連続No.1】

各都道府県ごとの人気のウォーターサーバーの口コミ・価格・比較・プレミアムウォーターなどの情報を掲載しています。プレミアムウォーター、コスモウォーター、アクアクララ、サントリー、フレシャス、アルピナウォーターなど比較ランキングなども掲載しています。

このサイトは、水道料金・ペットボトルでの水の料金を考えると新鮮でしかもお湯を作りやすいウォーターサーバーはおすすめです。 レンタルのウォーターサーバーを利用する初心者の方に向けて安心・信頼できる情報を掲載しています。

レンタルウォーターサーバーおすすめ人気ランキング!価格・口コミを徹底比較!

ウォーターサーバー

本サイトは、ウォーターサーバーをレンタルしたいと考えている初めての方やレンタルサーバーの仕組み ・料金・購入方法などを知りたい方の為に作られています!

  • 「レンタルサーバーって何?」
  • 「どのレンタルサーバーだったら安心して購入できる?」
  • 「安全性は大丈夫?」

などの疑問にもお答えしていきます!

ウォーターサーバーをレンタルするのが初めての方へ!

本サイトは“ウォーターサーバーをレンタルするのが初めての方”を想定して作られており、学生や社会人の方など若い方だけでなく、主婦からレンタルサーバーを利用した経験がある方でも信頼できる情報を掲載しています! ※時間がなく全文の記事が読めない!という方は、当サイトで最もおすすめのレンタルサーバーである「アクアクララ」を利用してみましょう!(オススメ!)

絶対に失敗しない!取引所を選ぶ時の5つのポイント!

レンタルサーバーを選ぶ上で重要なポイントは、以下4点になります。

  • 安全性の高さ
  • 利用料金の安さ
  • ウォーターサーバーの使いやすさ
  • 利用できる水の多さ

利用料金の安さ

「レンタルのウォーターサーバーを利用する料金」は重要な点です。 ”数千円、数万円ぐらい”と思うかもしれませんが、利用回数によっては、年間10万以上変わってくることもあります! 最初から、安いレンタルサーバーを使用していれば、“損をせず”利用することができます!

商品・会社名 24リットル料金
アクアクララ  3,400円(水代+安心サポート料金)
コスモウォーター  4,104円(水代)
クリクラ   2,700円(水代)

日常的にレンタルのウォーターサーバーを利用をするなら「使いやすさ」も大切です。特に仕事で多忙な人なら空いた時間でお湯など簡単に利用したいですよね。

レンタルのウォーターサーバーがやすいのは「クリクラ」です。

ウォーターサーバーの使いやすさ

ウォーターサーバーの使いやすさは大切です。お湯が出るものでないものもありますし、 ウォーターサーバーの取替え可能な安心サポートがついているものもあります。

お湯が出るものでないミネラルウォーターを購入してわざわざ重たいものを箱で持ち帰る面倒さを考えると 明らかに価格と、面倒を解決できるウォーターサーバーはお得です。

レンタルのウォーターサーバーで安心して利用しやすいのは、安心サポートがついている 「アクアクララ 」です。

【厳選】ウォーターサーバーのレンタルおすすめランキング

安心度・人気度No.1 アクアクララ

アクアクララ

おすすめポイント

  • 日本最大級の利用者実績・満足度
  • お試しで、無料体験できる
  • 温水・冷水の切り替えができる
  • レンタルサーバーの配置もスタッフが無料で安心!

初心者におすすめしたいレンタルのウォーターサーバーは「アクアクララ 」です。

アクアクララ 」は、日本1位のウォーターサーバーで無料体験からの利用もできるため心配なく利用を始められ、 また、価格も最安値クラスのウォーターサーバーです。27万人が利用するウォーターサーバーです。

公式サイトへ

ここからはウォーターサーバーのメリットデメリットや、料金など細かい基礎情報をご紹介します。 ウォーターサーバーの仕組みを知りたい方や、検討している方は読み進めてみてください!

ペットボトルより便利?オフィスでレンタルするメリット・デメリット

飲料水をどのようにして手に入れていますか?多くの人は毎日ペットボトルを購入しているのではないでしょうか。
スーパーやコンビニに買いに行ったり、お得に箱買いなどをしてしまって、持ち運ぶのは面倒ですよね。そんなときに便利なのがレンタルウォーターサーバーです。 ウォーターサーバーをオフィスでレンタルすることのメリット・デメリットを説明していきます。

ウォーターサーバーってどんなもの?

ウォーターサーバーとは冷温水器全般を指す言葉で、いつでも冷たい水と温かい水を提供することのできる機械のことを言います。日本国内ではほとんどの会社がレンタルによってウォーターサーバー本体を提供しており、一般家庭からオフィスまで幅広い場所に設置されています。

ウォーターサーバーのボトルにはリターナブルボトル方式とワンウェイボトル方式の2種類があります。
リターナブルボトル方式はボトルを洗浄して繰り返し使用する方法です。
宅配時に空のボトルと洗浄済みの新しいボトルと交換します。

ゴミを出さないので、地球に優しい方法です。
ワンウェイボトル方式は使いきりのボトルを使用する方法です。
ボトルを交換しなくてもいいので、使ってしまったらボトルを取っておかずに自宅で処分することができます。
しかし使い切りのためボトル代がかかるので、リターナブルボトル方式よりやや料金が高くなってしまうのがデメリットです。

ウォーターサーバーを使うメリット

ウォーターサーバーの一番のメリットと言えばやはり、いつでも美味しい水を楽しめることです。
しかも、品質管理が徹底されているので安心安全な水を飲むことができます。
温度管理も徹底されているのでいつでも冷水・温水を出すことができます。

いつでも温水を使える

特に、 いつでも温水を出すことができるのは非常に大きなメリットです。

ガス代がかからない

ガスを使用しなくても瞬時にお湯を出すことができるので、急な来客時にもすぐにお茶の用意ができます。
ガス代の節約にもなりますし、災害時ガスが止まってしまっても電気が通っていればお湯を使うことができます

災害時や常備水として利用できて安心

そして、 常備されている状態なので災害時には備蓄水として利用することができます。
定期的に配達してもらえるので、大量の水を自分で買いにいく必要がありません。
急な水質変化により水道水が使えなくなったときもウォーターサーバーがあればいつでも安心して水を利用することができます。

ウォーターサーバーのデメリットは何かある?

設置場所が必要になる

ウォーターサーバーのデメリットの一つ目は、設置場所の問題です。
最近ではコンパクトなモデルも増えていますが、小さなオフィスですと少々場所をとるかもしれません。

また、電源の確保も必要なため設置できる場所は限られ、交換式のボトルですと、
使用後のボトルの保管場所も必要になります。次に、ランニングコストがかかると言うデメリットがあります。

水を購入するのですから当然ですが毎月費用がかかり、多くの業者では定期購入の契約をとっているため、使用の有無に関わらず配達されたら水代を支払わなければなりません。

電気代がかかる

そして常に電源を入れている状態なので、電気代もかかります。
ですが冷たい水を飲むために頻繁に冷蔵庫を開け閉めしたり、電気ケトルでお湯を沸かしたりすることを考えれば電気代の負担は逆に減るとも言われています。
最後に、衛生管理は使用者が行う必要があるという点です。
年に1回程度の業者による定期メンテナンスが行われる場合がありますが、基本的に清潔を保つのは使用者の義務となっています。
冷水の注ぎ口やボトルの差込口は雑菌が発生しやすいため、清掃を徹底しなければなりません。
簡単な清掃方法などを業者に確認しておくと安心です。

オフィスにウォーターサーバーを置くことのメリットはある?

オフィスにウォーターサーバーを導入するに当たって、水代や電気代などデメリットが目立って感じられるかもしれませんが、実はメリットがたくさんあります。

生産性が向上する

まず、社員が飲み物を買いにオフィスを離れる必要がなくなるので生産性が向上します。
いつでもお湯を利用することができるので、温かいものを食べたい・飲みたいときもお湯を沸かす時間が短縮され、その分業務に集中することができます。

そして来客時の対応もウォーターサーバーでお湯をすぐに利用できることによってスムーズになります。
来客時の飲み物を購入したペットボトル飲料で済ませている会社は少なくは無いのではないでしょうか?

それも、 ウォーターサーバーを使ってお茶を煎れることができればコストの削減にも繋がります。
次に福利厚生による社員の満足度を得ることができると言うメリットがあります。

福利厚生としても使える

常にオフィスに飲み物があれば、社員が個々に飲み物を購入する必要がなくなります。
すると社員の金銭面の負担が減るので、結果的に満足度の上昇へと繋がります。

毎日の飲料代がかからないというだけでも社員のやる気に繋がることでしょう。
そして社員の健康維持へも役立つことができます。

業務から手を離せない状況というのは少なからずもあり、オフィスを離れて飲料を買いに行くことができないと水分を摂ることができないので、熱中症になるなど、健康を損なう恐れがあるかもしれません。
しかしオフィスにウォーターサーバーがあればすぐに水分を摂る事ができるので、社員の健康維持へも役に立つというわけです。

社員が仕事に集中できる環境を整えることによって会社の成績が上がれば、ウォーターサーバーに掛かるランニングコストなど有って無いようなものと言えるのではないでしょうか?

レンタルウォーターサーバーの利用の流れや料金は?本当に利便性はある?

ひとくちにウォーターサーバーと言ってもメーカーによって機能もプランも料金も違います。
水にも天然水とRO水の2種類あり、これはどのメーカーも天然水のほうが平均にして500円ほど高い傾向にあります。
レンタル・宅配料も無料のところもあれば、レンタル代金月額1000円~と言うのもあります。

しかし、このレンタル料には定期メンテナンス費用も含まれている場合が多数です。
サービスの違いから料金に大きく差がありますが、大体月額3000円~5000円(水代含む)でウォーターサーバーを設置することができます。
検討の際にはインターネットなどで簡単に情報を得ることができますので、比較してみると良いでしょう。
また、キャンペーンでお試し設置ができる業者もあります。

ウォーターサーバーをお試しでレンタルしてみよう

まずはお試しで設置してみて、家族や周りの人などに意見を聞いてみましょう。
実際の導入や見積もりはお試しが終了してからというところも多いので、気軽に試してみることをおすすめします。
ウォーターサーバーをレンタルすることが決定し設置したら、あとは定期的な水の配達・交換を行い日々清潔を保つということに注意していれば特に何もすることはありません。

あくまでもウォーターサーバーはレンタル機器ですので、転倒防止など取り扱いには注意が必要ですが、もしもの破損に備えた確認もしておくと安心です。
ウォーターサーバーのオフィスへの導入にはいまひとつ勇気が必要かもしれませんが、一度導入してしまえば便利なものです。

会社でウォーターサーバーを使う場合

社員のやる気やオフィス環境も向上し、デメリットを大きく上回るメリットを期待することができます。
コストも削減し、毎日オフィスから出る大量のペットボトルゴミの削減もできますよ。
ちなみに、 ウォーターサーバーの水を500mlのペットボトルに換算すると安いもので単価が39円にもなります。

普段自動販売機で160円で飲み物を買っているとすれば、これは大幅なコスト削減・社員の負担軽減になると言えるのではないでしょうか?
オフィスの新たな常識として、会社の業績アップのためにもウォーターサーバーを導入してみてはいかがでしょうか。

初心者におすすめしたいレンタルのウォーターサーバーは「アクアクララ 」です。

アクアクララ 」は、日本1位のウォーターサーバーで無料体験からの利用もできるため心配なく利用を始められ、 また、価格も最安値クラスのウォーターサーバーです。27万人が利用するウォーターサーバーです。

公式サイトへ

各都道府県の人気のウォーターサーバーの口コミ・価格・比較・プレミアムウォーターなどの情報の地域から探す