のWeb編集、コンテンツ企画の求人情報

などのWeb編集、コンテンツ企画ならCoolhomme。Web編集、コンテンツ企画の人気求人が満載!

https://api.indeed.com/ads/apisearch?publisher=8677672907693665&format=json&l=&p=1&co=jp&v=2&useragent=CCBot%2F2.0%20%28https%3A%2F%2Fcommoncrawl.org%2Ffaq%2F%29&userip=54.227.97.219&start=0&limit=40&q=%26q%3D%E3%81%AEWeb%E7%B7%A8%E9%9B%86%E3%80%81%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%84%E4%BC%81%E7%94%BB

のWeb編集、コンテンツ企画に関連する求人情報

に該当する求人案件はありません。

のWeb編集、コンテンツ企画の地域から探す

Web編集、コンテンツ企画仕事内容の口コミ

Webの編集の仕事を3年間やっています。Webの編集の仕事の内容は様々なものがあります。自社のサイトのコンテンツを考えたり、その企画からライターを集めて、ページの構成を考えて、デザイナーにお願いしてという流れを担います。ウェブディレクターと一緒に動いていくことが多いですね。Web編集の仕事の醍醐味は作ったページやサイトがどれくらいの人に見られるのかアクセス解析によって細かく把握することができるので、数字が悪かった時は辛いですが、数値がよかった時は非常に嬉しいです。また、Webの編集は次のインターネットのトレンドを仕掛けることもできるので、自分たちが作ったページやコンテンツ、サイトが流行ったら非常に嬉しいですね。自社サイトだけでなく、最近ではオウンドメディア、キュレーションメディアと呼ばれる企業が増えてきたので、そういったメディアの仕事もWebの編集の仕事に含まれています。仕事は多いですが、Webの編集はこれからの時代に求められるものなので面白い仕事ですね!

Web編集、コンテンツ企画の給料・月収・年収

Web編集者の年収は人それぞれ大きく異なります。新卒でも300万前後の企業もあれば、メディア企業であれば400万を越すところもあります。また、人に見られることをバズると言いますが、バズるような企画や編集を多く作れる人は年収が1000万前後という人もいます。バズるというのは多くの人に見られるということですから、人に多く見られるためにはどうすればいいのかをわかっている人です。そのような企画を考えられる人というのは大事ですよね。これは経験していけばだんだんわかるようになってきますが、ただインターネットやツイッター、Facebook、Instagram使っているだけではわからないかもしれません。

Web編集、コンテンツ企画の必要資格・かかるお金

Web編集者には特に資格はありません。自分でブログを書いている人はある意味で編集者です。自分で構成を考えて、ライティングをして、編集をして世に公開しているからです。それが人に見られるようなものであるならば、もうそれは編集者と呼んでも良いかもしれません。良い編集というのは人から言われたものをただ出すだけではなくオリジナリティを組み込んで、人により多く見られるというのが大切です。最近ではライティングやSEOと呼ばれる検索エンジン最適化の知識も求められるようになってきていたり、ライターの方をディレクションする力ももとめられるようになってきているのでスキルとして身につけておくと強いですね!

Web編集、コンテンツ企画は未経験でなれるの?求人は?

Webの編集者は未経験でもなることができます。最初はブログのような記事を書いて、記事を書いていく中でどのようにしたら人の気持ちに残るのか、気持ちに刺さるのかを考え始めます。それはどのようなチャネルの人なのか、今はどのような考え方をしているのか、どのようなことに共感するのかを分析していく能力が必要です。それを元に記事やコンテンツ、企画を考えて、デザインを考えて、公開していきます。積み重ねていけば何が求められるのかがわかってきます。未経験でもできる職種なのでチャレンジして見てください!

職種別求人一覧

各業種の職種別の求人が検索できます。給料がもっと欲しい・高収入、残業したくない、定時で帰れる、土日勤務なし、などの様々な条件から求人を検索して見ましょう。