2のVRエンジニアの教室・講座・求人情報

などのVRエンジニアならCoolhomme。VRエンジニアの人気求人が満載!

エンジニアになりたい、エンジニアスキルを向上させて年収をあげたい、転職したいという方に向けたページです。

▼当サイトで申込みが多いプログラミングスクール

【1位】 WebCamp pro 【唯一の転職保証付・転職確率98%のプログラミングスクール】

【同率1位】 CodeCamp(コードキャンプ) 【オンラインで日本全国どこでも受講可能】

【3位】 techboost(テックブースト) 【ブロックチェーン・AI・IoTの業界初のプログラミングスクール】

プログラミングスクール・教室のおすすめ・学生・料金が安い・オンライン・転職・評判まとめ

ビットコイン・仮想通貨取引所オススメ

本サイトは、学生・主婦・フリーランス・起業をしたい方・自由に働きたい方向けに、 の料金・カリキュラム・受講内容・どういう卒業生がいるのか、どういう会社が運営してるのかなどの情報を掲載するサイトを作成しています。

  • 「プログラミングスクール・教室って何?」
  • 「どのプログラミングスクール・教室なら安心して通えるの?」
  • 「料金っていくらくらいなの?」

などの疑問にもお答えしていきます!

プログラミングスクール・教室を利用するのが初めての方

本サイトは“プログラミングスクール・教室を利用するのが初めての方” を想定して作られており、学生・主婦・フリーランス・起業をしたい方・自由に働きたい方などプログラミングスクール・教室の利用経験がある方でも信頼できる情報を掲載しています! ※時間がなく全文の記事が読めない!という方は、当サイトで最もおすすめのプログラミングスクール・教室である 「WebCamp pro 」に登録してみましょう!(オススメ!)

絶対に失敗しない!プログラミングスクール・教室を選ぶ時の4つのポイント!

プログラミングスクール・教室を選ぶ上で重要なポイントは、以下4点になります。

  • 授業料金
  • カリキュラム・授業の内容
  • 就職・転職・起業・フリーランスに使えるかどうか
  • 運営会社がどこか

授業料金の内容

「プログラミングスクール・教室を利用する際の授業料金」は重要な点です。 ”数万ぐらい”と思うかもしれませんが、年間10万以上変わってくることもあります! 最初から、料金が安いプログラミングスクール・教室を利用していれば、“損をせず”プログラミングを覚えることができますよ。

サービス名 金額
WebCamp pro  432,000円
CodeCamp(コードキャンプ)   50,000 ~ 300,000円
techboost(テックブースト)   107,784円
  • 料金が安いのにカリキュラムが充実していて、エンジニアとして転職や就職・起業に役立つ 「techboost(テックブースト)」がおすすめです!

カリキュラム・授業内容・先生の充実度

プログラミングスクール・教室を利用するなら「カリキュラム・授業内容・先生の充実度」も大切です。 エンジニアになるために効率的でかつ実践を踏まえたプログラミング学習ができるのが重要です。 先生もマンツーマンで教えて欲しいですよね。

ほとんどのプログラミングスクール・教室は、 マンツーマンのプログラミングスクールがなく、カリキュラムもそこまで変わらないけど料金が高いこともあります。 マンツーマンで初心者だけどしっかり教えて欲しいという方はマンツーマンのプログラミングスクール・教室がおすすめです。

運営している企業の安定性

運営している企業の安定性や安心は大切です。プログラミングスクール・教室にせっかく通ったのに売り上げが伸びておらず、 倒産してしまったということになっては大変です。 上場企業のグループ会社が運営しており、無料体験レッスンがオンラインで受講できるプログラミングスクール・教室が良いです。

就職・転職・起業・フリーランスに使えるかどうか

プログラミングスクール・教室は、結局その後のキャリアをどのように構築していくかが大切です。 学生・主婦・フリーランス・起業をしたい方・自由に働きたい方が主に利用しており、プログラミングは今後必須なスキルとも言われています。 エンジニアの給料は他の職種よりも非常に高く、平均で150−200万程度高くなっています。

この先のキャリアを考えて利用するなら、就職・転職保証なり何かの保証が付いている会社は安心です。

  • 就職・転職保証付のプログラミングスクール・教室を選ぶなら「WebCamp pro

一般的にプログラミングスクール・教室の無料体験レッスンの申し込みは2~3社申し込みをするのが普通 です。 これからご紹介するプログラミングスクール・教室の中から最低でも2~3社は申し込みはしておきましょう!無料で申し込みできます!)

【厳選】プログラミングスクール・教室のおすすめランキング

業界初転職保証つきプログラミングスクール・教室 WebCamp Pro(ウェブキャンププロ)

オススメのポイント

  • 3ヶ月の学習期間と就職・転職期間を設けて確実に次のステップへ
  • 98%が自分の次のキャリアに進めている
  • 今プログラミングで必要とされているRuby on Railsの学習に集中している
  • 毎月3名に10万円の割引チャンス!
  • 受講完了後、3ヶ月以内に転職・就職できない場合は ”全額返金”

初心者におすすめしたいプログラミングスクール・教室は「WebCamp pro 」です。

登録は2分!体験レッスンの無料申し込みができます!

公式サイトへ

上場企業が運営のプログラミングスクール・教室 TechAcademy(テックアカデミー)

オススメのポイント

  • 上場企業のグループ会社が運営、安心感のある運営
  • オンラインで受講できるので、どこにいてもインターネットがあれば利用可能
  • マンツーマンレッスンなので他の人がおらず、周りの目を気にせず集中できる!
  • 受講中のサービスをポートフォリオとして登録し、就職・転職に活かせる!
  • 月々4500円から利用可能!

交通費や時間をかけずに勉強できるプログラミングスクール・教室は「TechAcademy(テックアカデミー) 」です。

登録は2分!体験レッスンの無料申し込みができます!

公式サイトへ

ブロックチェーン・AI・IoTのプログラミングスクール・教室 Tech boost(テックブースト)

オススメのポイント

  • 業界初のブロックチェーン・AI・IoTのプログラミングスクール
  • 専属のメンターがついてくれるので、アプリ開発をやりきることができる
  • 月額99,800円で業界最安値レベルの受講料金
  • 紹介割引、学生割引、友達割引も充実。さらに安く受講できます!
  • キャリアアドバイザーのキャリア相談で就職・転職に活かせる!

流行している技術をいち早く勉強したいなら、プログラミングスクール・教室は「techboost(テックブースト)」です。

登録は2分!体験レッスンの無料申し込みができます!

公式サイトへ

https://api.indeed.com/ads/apisearch?publisher=8677672907693665&format=json&l=2&p=1&co=jp&v=2&useragent=CCBot%2F2.0%20%28https%3A%2F%2Fcommoncrawl.org%2Ffaq%2F%29&userip=54.227.97.219&start=0&limit=40&radius=0q=VR%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2

2のVRエンジニアに関連する求人情報

2に該当する求人案件はありません。

VRエンジニア仕事内容の口コミ

VRエンジニアというのは、Unityがかけるエンジニアのことです。日本だと、コロプラ等の各種ゲーム会社のVRへの対応が早いです。DMMなどのコンテンツ企業では多くのVRエンジニアを求めています。現在提供しているスマートフォン向けカジュアルゲームのノウハウをベースとして、Oculus向けアプリケーションの開発を進めており、Oculus Rift向けのUnityエンジニアを募集していますね。フェイスブックやグーグルなども多くのエンジニアを求めており、これからVRやARに力を入れていくと宣言もしています。これからかなり需要が高いエンジニアになりますので、早めにVRエンジニアになっておくと将来的にお得ですね。バーチャル・リアリティ(Virtual Reality)とは、日本語で『仮想現実』。近年テクノロジー業界で注目される技術の1つで、ゲームや広告、イベント、アウトドアなどのあらゆる産業から注目を集めています。ヘッドマウントディスプレイを装着し、CGとサウンドによってリアルな仮想空間を作り出すことができます。

VRエンジニアの給料・月収・年収

一般的にプログラマで「40~60万」の月収が一般的で、システムエンジニアで「60~80万」と言われています。もちろん専門的なスキルや働いている時間によりますが、一般的にはUnityですと一人前のエンジニアでだいたいの相場は月60万円~高い方で100万円ほどとなっています。一般的なウェブエンジニアよりも高い給料になる傾向にありますね。Unityはこれまでスマートフォンでのソーシャルアプリケーションに使われていましたが、今はVRが流行ってきているので再度ニーズが高くなってきています。

VRエンジニアの必要資格・かかるお金

VRエンジニアには特に資格などは必要ありません。Unityによるプログラミングができれば問題ありません。Unityを個人で勉強するのは難易度が高いので、プログラミングスクールなどで勉強をするとよりニッチなエンジニアになることができます。ウェブエンジニアは非常に敷居が低く、誰でも勉強しやすい環境にはありますので、VRエンジニアはニッチな技術として重宝されていくことになるでしょう。

VRエンジニアは未経験でなれるの?求人は?

VRエンジニアは未経験ではなることはできません。Unityで自分である程度の作品を作って公開できる人であれば問題ありませんが、そのレベルになっていない人であればプログラミング教室に通う必要があります。まだまだこれからのスクールなのでカリキュラムなどが整備されていない可能性もありますが、VRのエンジニアスクールは貴重です。テックキャンプなど一部のプログラミングスクールに限られているので、VRエンジニアを目指すこと自体が貴重です。VRエンジニアに今なっておくと得られるメリットも大きいでしょう。

以前のセカンドライフのような仮想現実空間でのミーティングサービスがスタートアップの祭典で賞を受賞するなど、VRに対するビジネス、投資家、開発者の動きが活発になってきています。Apple(アップル)がARKitよ呼ばれるARを開発しやすくするツールを提供を開始し、さらにその熱が加熱し始めています。

職種別求人一覧

各業種の職種別の求人が検索できます。給料がもっと欲しい・高収入、残業したくない、定時で帰れる、土日勤務なし、などの様々な条件から求人を検索して見ましょう。

VRエンジニア仕事内容の口コミ

VRエンジニアというのは、Unityがかけるエンジニアのことです。日本だと、コロプラ等の各種ゲーム会社のVRへの対応が早いです。DMMなどのコンテンツ企業では多くのVRエンジニアを求めています。現在提供しているスマートフォン向けカジュアルゲームのノウハウをベースとして、Oculus向けアプリケーションの開発を進めており、Oculus Rift向けのUnityエンジニアを募集していますね。フェイスブックやグーグルなども多くのエンジニアを求めており、これからVRやARに力を入れていくと宣言もしています。これからかなり需要が高いエンジニアになりますので、早めにVRエンジニアになっておくと将来的にお得ですね。バーチャル・リアリティ(Virtual Reality)とは、日本語で『仮想現実』。近年テクノロジー業界で注目される技術の1つで、ゲームや広告、イベント、アウトドアなどのあらゆる産業から注目を集めています。ヘッドマウントディスプレイを装着し、CGとサウンドによってリアルな仮想空間を作り出すことができます。

VRエンジニアの給料・月収・年収

一般的にプログラマで「40~60万」の月収が一般的で、システムエンジニアで「60~80万」と言われています。もちろん専門的なスキルや働いている時間によりますが、一般的にはUnityですと一人前のエンジニアでだいたいの相場は月60万円~高い方で100万円ほどとなっています。一般的なウェブエンジニアよりも高い給料になる傾向にありますね。Unityはこれまでスマートフォンでのソーシャルアプリケーションに使われていましたが、今はVRが流行ってきているので再度ニーズが高くなってきています。

VRエンジニアの必要資格・かかるお金

VRエンジニアには特に資格などは必要ありません。Unityによるプログラミングができれば問題ありません。Unityを個人で勉強するのは難易度が高いので、プログラミングスクールなどで勉強をするとよりニッチなエンジニアになることができます。ウェブエンジニアは非常に敷居が低く、誰でも勉強しやすい環境にはありますので、VRエンジニアはニッチな技術として重宝されていくことになるでしょう。

VRエンジニアは未経験でなれるの?求人は?

VRエンジニアは未経験ではなることはできません。Unityで自分である程度の作品を作って公開できる人であれば問題ありませんが、そのレベルになっていない人であればプログラミング教室に通う必要があります。まだまだこれからのスクールなのでカリキュラムなどが整備されていない可能性もありますが、VRのエンジニアスクールは貴重です。テックキャンプなど一部のプログラミングスクールに限られているので、VRエンジニアを目指すこと自体が貴重です。VRエンジニアに今なっておくと得られるメリットも大きいでしょう。

以前のセカンドライフのような仮想現実空間でのミーティングサービスがスタートアップの祭典で賞を受賞するなど、VRに対するビジネス、投資家、開発者の動きが活発になってきています。Apple(アップル)がARKitよ呼ばれるARを開発しやすくするツールを提供を開始し、さらにその熱が加熱し始めています。