沖縄県の警備、守衛の求人情報

那覇市、宜野湾市、石垣市、浦添市、名護市、糸満市、沖縄市などの警備、守衛ならCoolhomme。警備、守衛の人気求人が満載!

詳細なエリアからさがす

に該当する求人案件はありません。

警備、守衛仕事内容の口コミ

空港の保安官の仕事内容は、旅客の機内持ち込み手荷物及び受託手荷物を、X線を利用した機械などで検査し、危険物や爆発物などを機内に持ち込ませないようにする。また、旅客の身体を金属探知機にて検査し、刃物等の危険物を機内に持ち込ませないようにする。いずれもハイジャックを未然に防止し、空の安全を守る事を目的にした仕事である。 やりがいとしてはまず、上記に述べたように空の安全を守るという使命感を背負って仕事する事が出来る。9.11のような悲劇を二度と起こさない為にも、緊張感と使命感を背負って仕事をする事が出来る。また、日本人だけでなく海外からの旅客も多い為、様々な国の人と接する事が出来る。検査をしている間だけの短い時間でもコミュニケーションを取る事で、文化の違いを知れたり、新しい発見をする事が出来る。さらに、海外からの旅客とコミュニケーションを取る事も多い為、自身の英語力を向上される事が出来る。故に、英語を使った仕事をしたいと言う人には向いていると言えるかもしれない。

警備・守衛の仕事内容とは、クライアントが所有している施設の警備業務全般を受託し、その施設の生命・財産・安全を守ることです。 オフィスビル・店舗・ホテル・病院・公共施設などの施設の警備が、これに当たります。 また、工事現場など車両の誘導を伴うものもあります。 具体的な仕事内容には、
・施設内の見張り・巡回
・火災・事故・急病人などの緊急事態への対応
・入退室管理、鍵の貸し出し
・利用者への案内

などがあります。 施設の規模にもよりますが、各施設にはそれぞれ数人~数十人の警備員が常駐しており、警備隊という1つの組織になっています。 そのトップが警備隊長であり、全隊員をとりまとめ指揮・指示を行っております。 隊長は通常、防災センターもしくは警備室に常駐し、施設内の至る場所にいる隊員達に無線で業務の指示をしたりしています。 不審者や急病人の対応など、緊迫した状況に遭遇することもありますが、「頼りになる」「あの時は助かった」などの言葉をかけられることもあり、「施設の安全を守っている」というやりがいを感じることが多い職業です。

警備、守衛の給料・月収・年収

年収は270万円、月収は22万円です。 1年目は年収が270万円で、ホテルやショッピングモールなどが入る複合施設の新人警備員として先輩の下で巡回・車両誘導などの業務をやっていました。 2年目は新人教育なども任せられるようになり、あるポジションのリーダにも任命されました。その結果、年収が290万円になりました。 さらに経験を積んだ場合には、副隊長などのポジションに任命されることもあります。 隊長になると手当てがさらに付き、年収300万円を超える場合もあります。 このように、経験・ポジションが上がるにつれ、給料も高くなっていきます。

警備、守衛の必要資格・かかるお金

警備、守衛は未経験でなれるの?求人は?

沖縄県の警備、守衛の求人事情は?

沖縄県の中でもアルバイトの求人が豊富なのは、沖縄本島にあり県庁所在地でもある那覇市周辺とその近郊です。ホテルやビーチ、ゴルフ場などといったリゾー ト施設も多く、繁華街も観光客向けの店を中心に発展していることから居酒屋やレストランといった飲食スタッフ、アパレルや観光客向けの雑貨といった販売ス タッフ、サービス業などのアルバイトが集中しています。また、近年は大手企業のコールセンターが進出する例もあり、コールセンタースタッフのアルバイトな ども見られます。一方、沖縄本島以外のエリアでも比較的アルバイト求人が多いのが、ホテルや民宿、旅館といった観光客向けの宿泊施設スタッフです。大規模 のホテルから個人経営の民宿までさまざまな業態の施設があるので、自分に合った環境で働けるでしょう。

沖縄県の警備、守衛の働く環境・街の雰囲気

沖縄県民に限らず人気なのが、リゾート施設に住み込みで働き、休日には自分も観光を楽しむことができる「リゾートバイト」です。ハイシーズンには100名 を越える大規模なリゾートバイトの募集が行われることもあり、県内外の若者を中心に幅広い人が集まってきます。住み込みで宿泊費がかからないのはもちろ ん、場合によっては食事のつく仕事もありますから、費用をかけずにリゾートが楽しめるというわけですね。

職種別求人一覧

各業種の職種別の求人が検索できます。給料がもっと欲しい・高収入、残業したくない、定時で帰れる、土日勤務なし、などの様々な条件から求人を検索して見ましょう。