無料の求人広告の掲載・期間・費用

最終更新日:2018年5月1日

インディードの公式サイトへ

このサイトの目的

このウェブサイトは、求人広告を掲載したい、掲載したいけど料金がわからない、掲載期間はどれくらいなのか知りたいという 人事担当者・採用担当者のために、 採用活動を効率的に、効果的に進めていただくための記事になっています。

想定の読者の方

特に、人事採用担当者、経営者、個人事業主の方を対象にしています。

※時間がなくて全文読めないよ!という方はこちらから:当サイトで最もオススメしているサイトは、 「indeed(インディード)」です。 オススメ!

indeed(インディード)の躍進の理由・メリットとは

CMでも話題で、indeedが人気になってきているのが、提供するサービスの内容が、人事担当者・経営者・採用担当者にとって便利で使いやすいサービスであるということです。

既にindeedを利用する会社は200万社を超えており、無料で求人広告を掲載開始できること、利用しやすいこと、エンジニアやデザイナーの 手を借りずに採用ページを作成できることが要因にあります。

  • 無料で求人広告を掲載開始できること
  • 人事・採用担当者が利用しやすいこと
  • エンジニアやデザイナーの手を借りずに採用ページを作成できること

インディードの公式サイトへ

他のサービスの求人広告の価格

しかしながら、そのような中でもindeedの安さは突出しています。
一例をあげれば、安さに定評がある「タウンワーク」は、最安値でも19,000円となります。
他にも「とらばーゆ」が90,000円、「バイトル」が20,000円などです。

その点indeedでは、無料サービスを提供していますので、そのお得感は他の追随を許さないといっても過言ではありません。indeedに高評価の意見が多く寄せられるのも納得のいくところです。indeedの提供するサービスは無料であっても決してぞんざいなものではありません。

クリック課金で人事担当者が採用状況によって流動的に変えられるのが大きなメリットです。
掲載モデルの求人メディアよりも安い金額で、採用することができます

求人メディアとしての役割を十分に果たすことで、社会的信任も勝ち得てきたのです。

どうして無料サービスが実現するのか

そもそも、「indeedがどうして無料で求人広告を出せるの?」という疑問を持つ人も多くいるかもしれません。通常の考えをすれば、人材を求める企業などがお金を出して求人広告を掲載するという流れになるのではないでしょうか。

しかしながら、indeedはそのような仕組みでは成り立っていないことが特徴。

一言でいうと求人特化型の検索エンジンなのです。そのため、indeedのサービスを利用するためには、自社で求人サイトを用意するか、indeedの求人ページを利用することが必要となりますが、いずれにしても至って簡単な手続きで済みます。料金が原則として無料ということもさることながら、特段のテクニックやノウハウ、スキルも必要ありません。

一企業が複数種類の求人を無料で出しても、構わない点が特徴

日本でも、テレビコマーシャルやネット上などで度々のように紹介されるようになってきたindeedですが、既にアメリカではかなり普及が進んでいます。その反響の多さも認められており、 既に従来の求人媒体による求人方法を凌ぐほどに成長しました。indeedを使って実際に求人をするためには、先ずはindeedの専用サイトにアクセスすることが必要です。後はフォーマットの流れに沿って必要事項などを入力していくだけで済みます。

特筆すべきは、 一企業が複数種類の求人をしても構わない点です。多くの人材を確保したいのであれば、より多くの求人募集を出せば良いのです。

インディードを無料で始める

利用者保護の観点からの取り組みも充実

indeedがここまでの確固たる支持を集めてきたのは、求人広告を掲載するにあたってもしっかりとしたルールに則って行ってきたことが前提にあることはいうまでもありません。利潤追求に走ることなく、法令遵守や社会的責任を果たすということに重きをおいたサービス提供の徹底を図っているといえるでしょう。
indeedを利用しての求人活動が許されるのは、現実に存在するものだけに限ります。

indeedでは人材の確保を目指す企業をサポートするだけ

個人情報を入手することを目的としたサービスの利用については、一切認められません。あくまでも、indeedでは人材の確保を目指す企業をサポートするだけです。それ以外の目的での利用には厳正に対処しています。indeedでは、利用者が安心できるように全力を尽くしていることでも知られます。万一、サービスの不正利用などが発覚した場合には以降の利用はできなくなります。

具体的なindeed広告の基本的な掲載基準については、求人に関する勤務地や条件、会社の詳細情報が記されていることや求人の情報がホームページの形式になっていること、1つの職種1つの勤務地で求人を別々のURLを作っていることなどが代表的なものとして挙げられます。

また他にも、求人の情報には応募するためのボタンなどがあるなどの応募が直ぐにできるような状態であることや求職者が応募する際には、無料でできることについても留意しなければいけません。
あくまでも、求人のための情報提供が目的であるため、仕事内容を見るためにユーザー登録が必要となるなどはしないことや求人広告のリンク先は独自サイト以外からの転送はしないこともルールとなっています。
いずれも、基本的な内容のものとなっており、利用者を守るための意味合いが強いといえるのではないでしょうか。

インディードの公式サイトへ

求人広告の期間について

indeedのサービスといえば、その利用期間に縛りがないことでも有名です。極端にいえば、永遠に求人広告を掲載することも可能といえます。
indeedでは、無料枠と有料枠の二つの種類があることも念頭に置く必要があるといえるでしょう。

読んで字のごとく、無料枠は料金がかかることがないため、利用者のコスト負担は一切ありません。一方、有料枠を選択した場合には、一定の費用が発生することになり、その有料枠を使い切った時点で掲載が終了します。有料枠についても、予算がある期間中は掲載を続けることができ、特別な期限が設けられることはありません。

求人広告の掲載期間は特にない

確かに、採用コストが発生しないという点では、indeedの無料枠を利用することで求人活動をする企業にとってのメリットは大きいといえるのではないでしょうか。しかしながら、注意しなければならないのは、 無料であるが故に情報が埋もれてしまうというリスクがあることも否めない点です。担当者を決めて定期的に情報を刷新するなどの努力も必要かもしれません。

インディードの公式サイトへ

増している社会的信用。利用者増加の原動力にも

indeedのサービスに興味関心を持つ人が増加の一途をたどるのも、その社会的信用の大きさがあればこそといえるでしょう。もはや、世界中に浸透しつつあるサービスといっても過言ではありません。

indeedでは、主にネット上で展開されているサービスについて、監視の目を厳しくしていることも事実であり、その取り組みが大きく支持を伸ばす原動力にもなっているのです。
indeedが提供するサービスを利用して就職にこぎ着けた人にとっても、そのことが以降の人生にとって有意義なものになって欲しいという視点を持ってサービス提供を続けます。


差別的行為や差別を連想させるような内容の掲載は一切行いません。年齢や性別、人種などに関係することなく、全ての人が原則として応募できるような態勢づくりを進めています。また、賃金の支払が速やかに正確に行われているかということについても、厳しくチェックします。「応募しやすく、誰にでもわかりやすい」という点も大切です。複雑な仕組みや煩雑な手続きを踏まなければならないようなことは避けるように努めます。

最強のツールを巧みに使いこなすための方法

日本でも徐々に存在感を大きくしているindeedですが、その勢いは続くことが予想できます。

やはり、どんな企業であって気軽に利用できるというのが、利用者の増加を呼んでいるといえるのではないでしょうか。
採用コスト捻出に悩む 中小零細企業やスタートアップ企業などにとっては救世主的存在ともいえるでしょう。

気軽さゆえに拡大を続けているindeedですが、やみくもに利用すれば良いというものではないことも確かなことであり、企業の採用担当者も利用のポイントをおさえておくべきかもしれません。

有料枠と無料枠を使いこなし、有料枠で優秀者を採用

採用担当者としては、 indeedが提供するサービスの無料枠と有料枠とを効果的に使い分けるなどの取り組みも必要です。自社運用をするのか、代理店運用をするのかなども適宜判断することが必要です。検索キーワードランキングにランクインされたキーワードなどをバランス良くとり入れるなどの工夫も必要です。

無料の求人広告の掲載・期間・費用の地域から探す