のキャバクラ嬢の求人情報

などのキャバクラ嬢ならCoolhomme。キャバクラ嬢の人気求人が満載!

https://api.indeed.com/ads/apisearch?publisher=8677672907693665&format=json&l=&p=1&co=jp&v=2&useragent=CCBot%2F2.0%20%28https%3A%2F%2Fcommoncrawl.org%2Ffaq%2F%29&userip=54.227.97.219&start=0&limit=40&q=%26q%3D%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%90%E3%82%AF%E3%83%A9%E5%AC%A2

のキャバクラ嬢に関連する求人情報

に該当する求人案件はありません。

のキャバクラ嬢の地域から探す

キャバクラ嬢仕事内容の口コミ

キャバクラ嬢を1年ほどしていました。東京の銀座でしておりましたが、クラブのようなスタイルの場所ですね。働きやすく給料も高い職場でした。たまたま上位になることができて、1ヶ月の給料も100万円前後になることもありましたね。キャバクラ嬢から他の職業に転職するのは難しいと思われるかもしれませんが、今は建設会社の設計として転職をして、その後インターネット企業に転職することができました。キャバクラ嬢と言って他の企業に転職できない、過小評価されるということはありません。自分の実力でどんどん進めて行くと良いでしょう。

2人目の口コミ
キャバクラ嬢の仕事内容とは、お店へ来られるお客様のお話しを聞きながらお酒を注ぎ、お客様が楽しい時間を過ごせるようにおもてなしするものです。しかし、そう単純な仕事ではなく、数ある接客業の中でも実は難しい仕事です。よくキャバクラ嬢の求人内容では「未経験歓迎」「お酒を注いで楽しくお話しさえできれば大丈夫」というようなフレーズがありますが、そうでもしないと女性が集まらないからです。集まったとしても長く続けることが難しい、それは仕事内容が複雑であるからなのです。お酒を注ぐことひとつにしてもマナーがあり、未経験の人がその日からサラリとできるものでもありません。お酒によっては飲み方も変わりますし、お客様の好みもあります。またお話しを聞くだけと言っても、聞いてる反応や切り返しの言葉次第でお客様がその後も気持ちよくお話しができるのかが変わってきますから、頷いていればいいとさえ取れる求人内容と実際の仕事内容では温度差がかなりあります。またお客様の多くはキャバクラ嬢である女性を割と本気で口説こうとしてきますので、女性の多くはストレスが溜まりやすい仕事と言えます。ですから、よっぽどコミュニケーション能力に長けているであるとか、もちろんお客様受けの良い容姿端麗な女性であるとか、自分自身を存分に売り込める能力がある女性に向いている仕事です。やりがいとしては、接客業という表向きがありますが、先述した通り、要するに自分自身を売り込む仕事であるので、売り上げを上げることが自分自身への直接的な評価であるので、向上心の強い女性には優良な仕事です。

3人目の口コミ
資格に関して。キャバクラ嬢という仕事をする上で必要な資格というものは特にはありません。ただし、仕事内容のひとつとして「お客様にお酒を注ぐ」というものがあり、お客様によってはキャバクラ嬢である女性もお客様と同じお酒、もしくはメニューからお酒を選ばせてもらい、ご一緒させてもらうということがあります。さすがにここでノンアルコール飲料を飲むのは場もしらけるので、お客様に付き合わなければならないことがほとんどです。ですからお店としても採用するキャバクラ嬢はお酒が飲める20歳以上からとなりますが、あくまでも表向きは接客業であるので、一応18歳以上から働けることにはなっています。(20歳未満のキャストはお酒を飲まない前提です。)銀座のような高級クラブの面接では20歳以上でないと採用されないことが多いようですが、その他の地域では18歳以上であるならば未成年でも採用してくれるところがほとんどです。

キャバクラ嬢の給料・月収・年収

年収・月収は人によってピンキリです。ただホストと違い、キャバクラ嬢の多くは時給が発生しています。つまり自分のお客様を持っていなくても、お店に出勤しているだけで(接客していない時でも)お金を稼いでいることになります。仮に時給3,000円だとして、1日4時間勤務の週6日出勤、税金などを含むいわゆる雑費というものを引かれたとして、大体の月収は25万超えです。これに自分自身を指名してくれるお客様がいれば歩合制でお給料はあがっていきます。またお客様をたくさん抱えているキャバクラ嬢だとお店に対しての貢献度が高いので、そもそもの時給も高く設定してもらえることが大半です。私自身の経験でいうと、月に300万円から400万円使ってくださるお客様がいて、毎日同伴で出勤、オープンラストでお店にいてもらって、私の手取りの月収は約100万円でした。これは勤務する場所でもお酒の設定価格やお店自体の料金設定も違うので、これよりも高くなるところもあれば、低くなるところもあります。(私が勤めていた場所は新宿・歌舞伎町でした)

2人目の年収の口コミ
資格の有無から見た年収・月収に関して。やはりお酒を飲むことができる20歳以上のキャバクラ嬢(以下、キャスト)の方がお酒を飲むことができない未成年キャストに比べて収入も増える傾向にあります。そもそもこの仕事の給料形態というのは、(地域にばらつきがあるものの)高額な時給設定ではあるが、それ以上は完全歩合制なので、お客様がどれだけお店でお金を遣ってくれるか、キャストはどれだけ売り上げを立てることができるかということになります。居酒屋や酒屋と比較してキャバクラというものはお酒の値段を高額で打ち出しています。だいたい市場価格の8倍くらいです。しかしお酒以外のノンアルコール飲料(ソフトドリンク)は少し高級な喫茶店の価格と変わらないくらいなので、もちろんお酒を飲んだ方が売り上げが伸びるので、年齢的にも体質的にも飲めた方がいいのです。しかし最近では、ノンアルコール飲料でも伝説的な売り上げをたたき出すキャバクラ嬢も中にはいるので、唯一の20歳以上であるという資格と年収・月収は関連があると一概には言えなさそうです。

キャバクラ嬢の必要資格・かかるお金

キャバクラ嬢に資格はありません。コミュニケーションなどの接客の技術と礼儀、見た目にしっかり時間とお金をかけることができる人というのは大事です。キャバクラ嬢というのは相手に夢を見させる、癒し、話し相手になる、相談相手になる、などその人の特徴にお金を支払ってくれるので、そういう場所や人になるにはどういう人なのかを自分なりに研究して自分の強みを生かすというのが大切です。誰にでもなれる職種ではあるので、心配だという人もいるかもしれませんが、ぜひチャレンジして見てください。

キャバクラ嬢は未経験でなれるの?求人は?

キャバクラ嬢は、体験入店ということも可能ですので未経験からチャレンジすることができます。たいていのキャバクラ嬢はみんな未経験から仕事に取り組んでいます。

職種別求人一覧

各業種の職種別の求人が検索できます。給料がもっと欲しい・高収入、残業したくない、定時で帰れる、土日勤務なし、などの様々な条件から求人を検索して見ましょう。