のファイナンシャルプランナー、金融個人営業の求人情報

などのファイナンシャルプランナー、金融個人営業ならCoolhomme。ファイナンシャルプランナー、金融個人営業の人気求人が満載!

https://api.indeed.com/ads/apisearch?publisher=8677672907693665&format=json&l=&p=1&co=jp&v=2&useragent=CCBot%2F2.0%20%28https%3A%2F%2Fcommoncrawl.org%2Ffaq%2F%29&userip=3.92.91.54&start=0&limit=40&q=%26q%3D%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%80%81%E9%87%91%E8%9E%8D%E5%80%8B%E4%BA%BA%E5%96%B6%E6%A5%AD

のファイナンシャルプランナー、金融個人営業に関連する求人情報

に該当する求人案件はありません。

のファイナンシャルプランナー、金融個人営業の地域から探す

ファイナンシャルプランナー、金融個人営業仕事内容の口コミ

ファイナンシャルプランナーは企業に所属している人、ファイナンシャルプランナーの資格は持っているけど何もしていない人、独立系のファイナンシャルプランナーとして個人で仕事をとって生計を立てている人と3種類に分かれます。私は独立系のファイナンシャルプランナーを3年間やっています。上場企業に勤めている知人・友人からお客さんを紹介してもらったり、ほぼ紹介で新しいお客様を紹介していただいております。紹介してもらうということは信頼されなければ無理です。信頼されるようにお客様の要望や将来どうなっていきたいのかということころを軸にご相談に乗っています。保険の商品で他の保険会社の営業マンから売られて無駄に高い保険料を支払ってしまっている人も数多くいます。その保険料を支払っていると他のことに使えませんし、保険料が高いということは保険会社が儲かっているということです。保険料の利益率が高いものから保険の営業マンは売っているからです。私はお客さんの将来の笑顔のために仕事をしているので、利益率重視の商品販売は行いません。それでは継続的な信頼には繋がっていかないからです。やりがいは、こう言った無駄な保険料や無駄に貯金しているケースもあるので投資信託に回して効率的にお金を増やしていくという相談に乗って、満足していただける時がやりがいですね。

ファイナンシャルプランナー、金融個人営業の給料・月収・年収

ファイナンシャルプランナーの給料はかなり幅があります。企業に勤めている人、法人を相手にしている人、個人を相手にしている人で売る商品が異なり、さらに売上も異なります。当然法人を相手に売上を立てている人の方が売上が高く、その分のインセンティブのお金が高くなります。年収を1000万円越す人もいますし、個人の営業ではどれだけ頑張っても年収500−1000万円の間に収まってしまいます。ファイナンシャルプランナーで売上を上げたいなら、相続税などの大きなお金が動くところか、法人に対して保険を売るなどしなければいけません。

ファイナンシャルプランナー、金融個人営業の必要資格・かかるお金

ファイナンシャルプランナーには資格が必要です。にほんFP協会が運営しているFPの検定があります。また他のFP検定がありますが、メジャーなのがFP協会が運営しているFP検定です。資格を持っていないFPと言っている人もごくたまにいますので気をつけてください。資格を取得するためにオススメの講座は、【資格スクエア FP3級/FP2級講座】 です。多くのFP取得者を輩出している講座になっています。書籍で自分で学習するのも良いですが、成功事例・取得事例が多いところで資格取得をして保険・投資信託などを売れるような場所に転職・就職をすることでFPとしてお金を稼いでいけるでしょう。

ファイナンシャルプランナー、金融個人営業は未経験でなれるの?求人は?

ファイナンシャルプランナーは資格が必要で、未経験でなることはできません。資格を取得すれば未経験でも個人のお客さんを掴んでいくこともできます。最初は人の紹介から保険や投資信託の商品を売っていくことになるでしょう。あとは住宅ローンを組みたい人に不動産会社を紹介したりというところになっていきますね。

職種別求人一覧

各業種の職種別の求人が検索できます。給料がもっと欲しい・高収入、残業したくない、定時で帰れる、土日勤務なし、などの様々な条件から求人を検索して見ましょう。