の縁結びの神社・アプリ・料金・お守りなどの評判まとめ

最終更新日:2020年3月10日

2020年 最新! ▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会えるサイト・アプリ

【1位】 Match(マッチ) 【45ヶ月連続人気トップ!/外国人1200万会員】

【同率1位】 Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 youbride(ユーブライド) 【大手企業ミクシィが運営。恋に真剣な20代後半〜30代後半におすすめ!】

こちらの記事の対象と内容

こちらのページは、縁結びの神社はどこか知りたい、縁結びのアプリでお勧めのものは何がある?、縁結びのお守りや料金はいくらか知りたい など縁結びに関連する情報をご紹介しているページです。

どうしたらいい恋愛や結婚が?縁結びについて考えてみよう! 素敵な恋愛をしたいけれどもご縁がない、結婚したいけれどもお相手が…男女誰しもが悩むこの永遠のテーマに対する答えとして昔から言い慣わされてきたキーワードが、「縁結び」。しかしそもそも縁結びとはいったい何なのか、どこへ行けばご縁にあずかることができるのか、最近話題になっている場所はどこなのか、ここではそうした疑問に答えていくことにしましょう。

そもそも縁結びって何?

photo-1465711403138-162e171bb7e4

そもそも縁結びとは何でしょう。辞書を開くと、「縁を結ぶ」というのは、結婚や恋愛のお相手を対象とするだけでなく、
そもそもは家庭や職場、学校のまでかなり広い範囲において人間関係を構築することをさすようです。

男女の縁を結ぶ「縁結び」とは

しかし、そうした中でも男女の縁を結ぶ「縁結び」には、その昔から超自然的な意味があり、その縁を結ぶとされるものこそが神仏であるとされてきました。日本全国にある神社やお寺に行くと「良いご縁」を得るためのさまざまな仕組みが用意されているのはこのためです。

古くは男女の名前と年齢を書いた紙を「こより」にして寺社の樹木や格子などに結び付け、二人が結ばれるように祈願する、ということが行われてきました。そもそも男女が一緒になり夫婦となるということは、前世からのご縁だという考え方があります。中国から入ってきた仏教の影響によるものですが、それ以前の日本でもそうした考え方はありました。

古くは、平安期の物語や歌のなかにも「縁結び」は歌われており、歌枕(うたまくら)としても使われてきました。

縁結びの神様って?

現在の茨城県、その昔常陸(ひたち)と呼ばれていた地域には、常陸帯(ひたちおび)の伝説があります。この地で最も有名な神社の一つである「鹿島神宮」に伝えられたもので、毎年正月に、相思相愛の男女がそれぞれの名前を麻の帯に書いて神前に供え、神官がこれを結ぶことによって、二人の縁を定める、ということが行われてきました。

似たような伝承は全国の神社にあり、こうした神事が行われる神社に若い男女が参拝する、という風習が生まれました。神社だけでなく、縁結びの祈願の対象となるものには道端にある地蔵様、観音様といったものもあり、なかでも道祖神(どうそじん)は路傍の縁結びの神様としてそれらが発展したものです。その多くは、男の神様と女の神様が寄り添うように立っていて、別名「和合神」などとも呼ばれ、古くから恋愛や結婚成就のための身近な存在として崇められてきました。

風習が遊戯化したものが「宿世結び」

こうした身近な神様に願をかける風習が遊戯化したものが「宿世結び」と呼ばれるもので、これは遊女の間に行われた遊びです。一枚一枚の紙に男と女の名を記し、これを裏返して並べ、「神経衰弱」の要領で二つを選びその結果を楽しんだものです。

島根県にある「出雲大社」

こうした地方地方の縁結びの神様の総本山とも言われるのが、ご存知の方も多いですが、島根県にある「出雲大社」であり、陰暦10月の神無月にこれら諸国の縁結びの神様たちが出雲に集まって、すべての男女の縁を決めると言われています。本州ではだいたい9月の末ごろからの出雲詣でのために地元の神様がいなくなると考えられていて、こうした神様の出発の日を神渡し、お帰りの日を神戻しという地方もあります。

上海の縁結びスポット

そもそも中国から入ってきた仏教によって「縁結び」という考え方が日本に広まったと言われていますが、それでは中国にも縁結びの神様はいるのでしょうか?

中国には日本のような神社はありませんが、お寺がたくさんあります。しかしこのお寺も日本の神社のように「縁結び」をお願いするようなところではなく、どちらかというと「パワースポット」と中国人は考えているようです。

中国では、健康増進や商売繁盛の意味がある

どちらかというと健康増進や商売繁盛、といったことを願う人たちが行くところと考えられており、恋愛や結婚を成就させたい、という男女が向かうところではなさそうです。しかし、パワースポットはなにも健康や商売のためだけにあるのではなく、何かと「気の良い」ところであることには違いなく、こうした場所巡りは縁結びにも効果があるに違いありません。

それでなくてもお寺巡りというのは心癒されるものですし、何かいい事がありそうな気がします。たとえば最近日本にも近くて人気の「上海」におけるパワースポット寺院をみてみましょう。

代表的なスポット「龍華寺」

その代表的なものに「龍華寺」があります。三国時代に建てられという上海でももっとも歴史があり、かつ最も大きな寺院です。最近、外国人に人気になっていますが、その昔から中国のビジネスマンにとっては商売繁盛のためのパワースポットとして知られており、休みの日には拝観のための長蛇の列ができています。境内には、多数の占い師がいて、健康や商売の良しあしだけでなく、結婚や恋愛運などを見てもらえます。

城隍廟(じょうこうびょう)

このほか上海のパワースポットとして有名なのが、城隍廟(じょうこうびょう)。ここは上海という土地の守り神である「城隍神」という神様が祀られている場所です。神様が祀られているといっても、日本の神社のようなものではなく、道教の寺院なのですが、ここもパワースポットとして知られています。今日の上海が発展したのはこの神様のおかげだという人も多く、龍華寺と並んだ人気のパワースポットです。せっかく上海に行ったのならば、ぜひ寄ってみましょう。きっと良いご縁が得られるに違いありません。

日本の縁結び神社

それではふたたび日本の縁結びスポットについてみていきましょう。上で挙げた出雲大社以外にも良縁を授かることのできる神社が多数あります。

札幌市中心部にある「北海道神宮頓宮」

北から順番にみていくと、たとえば、札幌市中心部にある「北海道神宮頓宮」。ここは、明治に創建された比較的新しい神社ですが、鳥居を入ったところにある狛犬に恋愛成就のご利益があると言われています。さらに宮城県仙台市には、「二柱神社(ふたはしらじんじゃ)」というのがあります。有名なイザナギノミコトとイザナミノミコトの二人の神様をお祀りしている神社で、社名の「二柱」の意味は夫婦ということであり、ここへ参拝すれば良縁に恵まれるとうことで、最近人気を集めています。

静岡県「伊豆山神社」

さらに南へ目を向けると、静岡県には「伊豆山神社」があります。ここの神様「伊豆山大神」は、昔から縁結びの神様として知られており、かの源頼朝と北条政子が愛を交わしたとされる場所です。最近人気急上昇で、全国から夫婦円満祈願の参拝者があとをたたないといいます。同じ中部地方の愛知県知多郡にある「恋の水神社」も注目を集めています。この神社はとくに女性に人気があり、備え付けの紙コップに恋愛や結婚の願望を書き、境内から湧き出る“恋の水”を汲み入れ参拝するとご利益あると言われています。

大阪・「お初天神」

大阪では「お初天神」が有名です。近松門左衛門作の人気浄瑠璃「曽根崎心中」の舞台として知られており、正式名称は「露天神社(つゆのてんじんしゃ)」といいます。他とちょっと違うのは、ここに参拝すると美人になれるということで、「美人祈願」で有名です。九州にはいかにも恋愛にご利益のありそうな「恋木神社(こいのきじんじゃ)」もあります。福岡県筑後市にある神社で、鳥居に刻まれている御神紋はなんとハート型!絵馬や売っているお守りももちろんハートであり、恋愛成就、良縁祈願に萌える女性たちに大人気になっています。「バレンタイン神社」としても有名で、普段から桃色でいっぱいの境内が、1月から2月にかけてはよりピンクに染まるといいます。

縁結びのスポットin 京都

京都の「八坂神社」

最近、外国人が訪れる観光地として一番に挙げられることが多いのが、京都の「八坂神社」。古くから「祇園さん」として地元の人に親しまれてきており、とくに祇園の芸舞妓さんにとっては「聖地」とされるシンボル的神社です。芸妓さんに人気なだけでなく、商売繁盛や五穀豊穣、厄除け・学業成就などなどさまざまなご利益があるといわれていますが、意外と知られていないのが縁結びの神様でもあるということ。境内には、縁結びの神様の代表者ともいわれる「大国主神(おおくにぬしのかみ)」を祀る「大国主社(おおくにぬししゃ)」があって、恋愛結婚のためのパワースポットとしても最近人気急上昇です。

京都東山にある「安井の金比羅さん」

八坂神社ほど有名ではありませんが、京都東山にある「安井の金比羅さん」として知られる「安井金比羅宮」も縁結びのパワースポットです。この神社ではとくに「悪縁を切り、良縁を結ぶ」ことにご利益があるといわれており、「縁切り縁結石」という、大きな石があります。全国から良縁を結び、悪縁を切りたい多くの人が集まっており、願い事が書かれたお札で石が真っ白になっているほどです。

清水寺の敷地内にも縁結びスポット

このほか、京都の人気観光スポットである清水寺の敷地内にも縁結びスポットがあります。縁結びの神様としては京都でも「一番古い」といわれている「地主神社」がそれで、本殿前に置かれている2つの「守護石」にご利益があるといわれています。「恋占いの石」と呼ばれており、若い女性に大人気です。目を閉じながら一つの石にさわり、次いで2つ目の石までたどり着くことができれば恋が成就する、といいます。

縁結びはやはり東京で!

全国津々浦々縁結びスポットに満ち溢れていますが、東京にはとかく縁結び神社が多いことで知られています。

その中でも最強パワースポットといわれているのが千代田区にある「東京大神宮」。ここのお守りは40種類以上ありますが、そのうちの半分ほどが縁結びと恋愛成就に関するものであり、どれを選ぼうか迷ってしまいそう。「恋みくじ」も充実しており、いかにもたくさんの恋愛の神様がいそうです。東京にいながらお伊勢参りが出来る神社としても有名であり、恋愛や結婚以外の祈りも叶えてくれます。

東京では「三大縁結び神社」が有名

「赤坂氷川神社」

東京には、「三大縁結び神社」と呼ばれるものがあり、「東京大神宮」のほかに「赤坂氷川神社」があります。神前結婚式が行われることが多いことで知られており、ここで結婚式を挙げると幸せな結婚生活を送ることができるといわれています。とくに境内にある天然記念物のご神木にその後利益があるといわれており、縁結びにふさわしいパワースポットとしての雰囲気に満ち溢れています。月に1回ある「良縁祈願祭」にもご注目!参加できる人数が限定されています(30名)が、ぜひ参加して良縁を勝ち取りましょう。

「日枝神社」

東京三大縁結び神社の最後は、同じ千代田区永田町にある「日枝神社」。すぐそばには国会議事堂があり、まさに東京の中心とも言える場所にあるこの神社の境内には「神猿像」と呼ばれる猿をモチーフにした「狛犬」があります。この神社では神様のお使いが猿であるとされており、しかも夫婦でそれを司っています。縁結びの神社といわれる由縁でもあり、恋愛縁結びの神様というよりも、夫婦円満の神様として有名です。

縁結びの意味とは

最後に縁結びの意味をもう一度考えてみましょう。

最初に書いたとおり、その意味するところは恋愛や結婚における物だけとは限りません。
それは人間関係全般の縁や、そのほか仕事やお金などの縁も含まれており、すべて何等かの「良きご縁」で結ばれて成り立っているものです。

人との関係や仕事のことが不思議とスムースに進む、といったことがあるかもしれませんが、それは人間関係全般の縁でもありますが、きっと神様や仏様が取り結んでくださるご縁に違いありません。良縁を祈るということは、未だ訪れていないそうしたご縁に出逢えることを祈ることです。

神社仏閣に参拝する前に、その意味をもういちど理解しておきたいですね!

2020年 最新! ▼当サイトで登録が多い人気・おすすめ出会えるサイト・アプリ

【1位】 Match(マッチ) 【45ヶ月連続人気トップ!/外国人1200万会員】

【同率1位】 Pairs(ペアーズ) 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 youbride(ユーブライド) 【大手企業ミクシィが運営。恋に真剣な20代後半〜30代後半におすすめ!】

の縁結びの神社・アプリ・料金・お守りなどの評判まとめの地域から探す

https://api.indeed.com/ads/apisearch?publisher=8677672907693665&format=json&l=&p=1&co=jp&v=2&useragent=CCBot%2F2.0%20%28https%3A%2F%2Fcommoncrawl.org%2Ffaq%2F%29&userip=3.223.3.101&start=0&limit=40&q=%26q%3D%E7%B8%81%E7%B5%90%E3%81%B3

の縁結びの神社・アプリ・料金・お守りなどの評判まとめに関連する求人情報

に該当する求人案件はありません。