【特集】編集部が選ぶ、2015年上半期洋楽アルバムベストテン

yougaku

様々なサイトでもすでにベスト・アルバムが発表されていますが、Coolhomme編集部でも2015年の上半期洋楽アルバムベストテンを発表します!!

Benjamin Booker「Benjamin Booker」

出典:http://www.amazon.co.jp

2015年6月時点で1番インパクトが大きかったのが、『 Benjamin Booker 』のデビューアルバムである。1曲目のViolet Silverで、一気にこのアルバムに引き込まれてしまった。ファンクやブルースに傾倒したサウンドなのだが、そこに懐かしさを感じさせながら、それでいてどこか新しい。そして「Benjamin Booker」の声がハスキーボイスでかっこいいのもニクい。

Violet Shiver

Belle & Sebastian 「Girls in Peacetime Want to Dance」

出典:http://www.amazon.co.jp

Belle & Sebastianが4年ぶりに出したニューアルバム。ベルセバの最高傑作である。ダンスロックとギターポップが融合した「The Party Line」は本当に素晴らしい。しかし個人的には「Nobody’s Empire」こそがベルセバという曲で好きだ。

Nobody’s Empire
https://www.youtube.com/watch?v=gnsW04Cajpk

次ページ:イギリスを代表するバンドの12年ぶりのニューアルバム

関連するコンテンツ