【音楽】朝の通勤・通学途中に聴きたい邦楽ロック特集 Vol.1

chan

朝の通勤・通学、車で行く方も電車で行かれる方もいらっしゃると思いますが、どのような時間を使っていますか。
『音楽を聴いている』という方が多いのではないでしょうか。今回は、ちょっと憂鬱な朝に、少しだけテンションをあげる『通勤・通学時に聴きたい邦楽ロック、ロックバンド特集』。

Coldrain – 8 AM

まず最初は、テレビ東京系で放送されていたテレビアニメ『はじめの一歩』の主題歌だった、5人組ロックバンド「Coldrain」の 8 AM。タイトルの通り、朝に聴きたい爽やかなメロディが特徴的な曲で、ボクシングアニメである「はじめの一歩」のように朝から走り出したくなる一曲。

EGOIST 名もない怪物

TV アニメ「ギルティクラウン」から誕生したsupercell のryo がプロデュースを務める架空のアーティストEGOIST。フジテレビで放送されている人気テレビアニメの「PSYCHO-PASS サイコパス」のエンディング・テーマで火がついた一曲。女性ボーカルで、爽やかでハイテンポな楽曲に朝からテンションが上がる。

MAGIC OF LiFE(ex DIRTY OLD MEN) – 弱虫な炎(MUSIC VIDEO)

2014年10月17日にMAGIC OF LiFEにバンド名を改名した4人組ロックバンド「 DIRTY OLD MEN」の弱虫の炎。こちらは、テレビ東京のアニメ「弱虫ペダル」のオープニングテーマに採用されていた一曲。是非アニメも見ていただきたいが、青春アニメの内容さながらに、朝から力を入れて頑張ろうという時に聴きたい一曲だ。

ONE OK ROCK – The Beginning


映画「るろうに剣心」の主題歌になっている4人組ロックバンド「ONE OK ROCK」の The Beginning。次の日から、改めて始めよう、そして何度もチャレンジしようとの意味を込めての一曲。朝から震い立たせてくれる森進一の息子でボーカルTakaの圧倒的な歌声。

[Alexandros] – Run Away

2014年3月28日に、事前に告知はあったものの突然の改名を発表した4人組ロックバンド『[Alexandros] 』。

プロモーションビデオが、朝焼けに走り出す風景とモデルの女性の、”これからだ” という覚悟に満ちてはいるがどこか柔和な表情が美しい。

[Alexandros] の曲に共通する、ストレートな歌詞に勇気づけられ、グッと来る一曲。

9mm Parabellum Bullet – Cold Edge

特徴的なメロディーと歌詞で、バンドキッズ達に絶大な人気を誇る『9mm Parabellum Bullet』。
彼らが織りなす音楽は、一度聴いたら耳に残るような曲ばかりであるが、その中から「Cold Edge」をオススメする。
一部では、「最高に格好いい三三七拍子」と評される。

サンボマスター / できっこないを やらなくちゃ

ボーカルの山口隆は、2011年3月に起きた震災の復興ライブ「風とロック」で猪苗代湖ズ 『I love you & I need you ふくしま』として出演した事もある、幅広い活動をしているスリーピースバンドの「サンボマスター」。

この曲は、仕事でも勉学でもそうであるが、これは出来ないということがあるが、やらなければ次に進めない。やる気にさせてくれる、立ち上がらせてくれるという一曲。さぁ今日も立ち向かおう。

BOOM BOOM SATELLITES – MORNING AFTER

2組のロック・エレクトロユニットの『BOOM BOOM SATELLITES』。
2人が創り出す重低音とエレクトロの高音加減、ディストーションの効いた音作りが特徴的な彼ら。

曲名の意味は、「二日酔い」だが、まさに朝に聴きたい一曲。

ELLEGARDEN – Supernova

https://www.youtube.com/watch?v=8i8e1Hjr_yw

多くのファンに惜しまれつつも突然の活動停止を発表した、”伝説のバンド” とも言っても過言ではない4人組ロックバンドの『ELLEGARDEN』。彼らの復活を待つ声は多いが、曲にはポジティブなメッセージ、明るく前進的な歌詞が多く、Supernovaも朝をシャキっとさせてくれる一曲。

特に月曜の朝は、学校、会社問わず少し憂鬱な気分。そんな時に晴れやかで、テンションの上がる曲があれば元気が出るでしょう。要チェック!

様々なアーティスト・モデルの楽曲が生まれたそのルーツについて知りたいという方はこちらもどうぞ。あなたの大好きなあのアーティストのルーツも直接インタビューしているかも?!

最近人気の邦楽ロックバンドの気になるルーツとは?

関連するコンテンツ