【恋愛】好意を相手に悟られたら引く、恋愛における押し引きの重要性

ナンパ

先日DJバーに行ってコンビでナンパして大学生をゲットした時の話。いつもの会話や動作のルーティーンを使ってゲットした訳ですが、ストリート、クラブ、バー、ネット問わず共通したメソッドがある。人間関係、心理学の問題相手の心をどうやったらこちらに振り向かせるかという事の事例をご紹介。

初めていったDJバー

正直場所は関係ないが、自分の見た目や服装、ターゲットに合った場所にした方が良いと思う。

今回は場所は良く若者が集まる街。

何件か梯子した後に訪れる事になったDJバー。
最初はパブリッシュバーに行こうと思ったのが、既に時間は3時。
閉まっていたのでその近くにあったDJバーに行く事に。

入ってみると、
10席程度のカウンターがあって、ちょっとしたダンススペースがある。
ダンススペースは人がスカスカで、サイドに腰掛ける場所が少々。
既に女性には男が何人かついている。
こいつらに言っても意味がない、クラブと違っておれたちの方が面白いよと言って
引く事が難しい状況。

カウンターを見てみると大学生らしき女の子が2人で来ている模様で、
一緒に行ったウイングの方と散らばり両方でナンパし始める事にする。

女の子はそこまで最初はわたしの話に興味がなかった。
ただ、ここで引き下がっては意味がない。

今日はパーティーの帰りで終電でも逃したのかい?
お洒落だねコレクションの帰り?

で段々和んで来る。

そこから恋愛価値観トークに持ち込み、相手の狙っている男の情報等を聞き出す。
それは自分がそれ通りに振る舞えば良い所謂心理学のミラーリングの価値観版を行う。

するとチャラい等グダられるが、もう既にこちらに好意を示して来る。
今日は友達がいるから行かないと言葉では言っているが、こちらが好意の証を魅せると目がもうとろけて行きたそうにしているのが分かる。
ただ、もう1人が強烈なグダを発揮し移動する気がない。
これは今日は無理だとゴールを変更し、LINEをゲットし次回にフォーカスするスタンスに。

ここで普通に聞いて引いても面白くないのと、次回までの強烈なインパクトを与える必要があるので
即の時に使用するルーティーンのラストチャンスを使用する。
女性の輪郭に沿って、手を添えながら。

クロージングに向けた振る舞い

関連するコンテンツ