【生態系】最近話題のハーフ美人のホラン千秋似30歳の女性と渋谷のクラブで出会って

ザ・ゲーム

場所は、若者の溢れる街渋谷。
友人3名と4人で近くの居酒屋で飲んでいて、面白い飲み屋さんに行くかクラブに行くか迷ってたけど、
結局クラブに行く事になってVision(ビジョン)かキャメロット、Asia、Wombというクラブの中でも迷った挙句、Visionに行くことになった。

クラブでナンパする時の全体戦略設計

クラブでナンパする時の方法として、単純に声かけられるのが嫌だという女性も沢山もいるので、
母数は大切にしてもただ闇雲に声掛けしても無駄である。

そこで大事になるのが、今日のゴールとそれに対してどういう戦略でそれを実現するかという明確な方法を立てる事。
これをPDCA(plan⇒do⇒check⇒action)というループを如何に早く回転させられるか各個人が女性とゴールするためには重要な事だと思います。

全体戦略設計は簡単に以下の3つに大きく分解出来る。

  • 短期的な目標設定として、何時までに誰と(2人で行くか1人でいくか、相手は何人か)どういうゴールを目指すかの決定
  • 上記に対するマイルストーンをどう置くか(LINE,番号を幾つGETするか)
  • クロージング(ゴールに対する最終アクションの決定, ホテルなのか,場所移動飲み,家)
マイルストーン(Milestone)
鉄道や道路等の起点よりの距離をマイルで表した距離標識の一つ。

出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3

実際クラブの中に入って声掛けをしていると戦略設計しても上手く行かない事がありますが、最初に設計しておかないと上手く行かないときに軸がブレてしまい、自分のターゲットとなる人でもない人に時間とお金という貴重なリソースを消費しゴールを達成出来ない事が往々にしてあるのでやめましょう。

クラブでのトークについての考察及び実施

世界で一番売れているナンパ本である『The Game』から読み取れるのは最初に大切なのはオープナーという
最初に声をかける時の言葉である。
言葉、所作、相手の反応を瞬時に判断し言葉や所作を変更していく。

オープナーというのはいわば『切り口』。
クラブという戦場において他の男(ライバル)と同じような言葉や立ち振る舞いというのは、相手の女性にとって「他のやつと同じで代わり映えのないつまらない人」という認識になるので、即ち負けを意味する。
どこから来たの?何人で来たの?何してる人?等など。

こういうありふれた言葉でノリ良く話しかけた所で、ナンパや出会うことに慣れている女性は振り向かない。むしろ得意のおごらせる技術を使ってくる。そういう女性に騙されてお金を払った瞬間に立ち去っていくという経験をした人も少なくないのではないだろうか。

恋愛の最新記事

関連するコンテンツ