【デート】カップルシートに頼る男はモテない。トークや流れの作り方。

3728591101_f73a8b83be_z

夏も終わり、一夏のアバンチュールを楽しまれた諸兄に…いや、楽しんでない諸兄にお送りしたい今回は、カップルシートに頼らず女の子を口説く方法をお伝えします。

恋愛教則本や、人づてに聞いた事を鵜呑みにして、「カップルシートでいい雰囲気になったらボディタッチ」なんて事を考えていないでしょうか。

恋愛は、
チャンスではないと思う。
私はそれを意志だと思う。
太宰治(日本の小説家 / 1909~1948)

カップルシートの目的

fight-couple-punch-2723417-h

人は心理的にガードをする距離、

パーソナルスペース

というものがあります。
その中に入ると、親近感が湧いて心理的な距離も近づくという心理学です。

密接距離(0~45cm)
個体距離(45cm~120cm)
社会距離(120cm~360cm)
公衆距離(360cm以上)

出典:http://the5seconds.com/psychological-distance-3239.html

カップルシートは、このパーソナルスペースに最初から近づけるという利点があります。
しかし、単にその部分だけを切り取って、「いきなり女性との距離が近いから、行動に移し易いでしょ」と考えるのはあまりに短絡的です。

しかし、そのような通説が世に蔓延っている事は承知しています。
本当にそういうものを信じてしまって良いのか。と私は思うわけです。

言葉を選ばずに言えばそういう行動は、気持ちが悪い非モテがやる事です。
ジェントルマンたるものそういう距離にはスマートかつ自然に持っていく事が大切です。

世の中には、絶対というものはほとんど存在しません。
何がより、正しい方向に、自分の考える・設定するゴールに近づく事が出来るのか、それだけを考えて実行する他ないのです。

なので、カップルシートの果たす目的や役割では、それらはカップルシートが齎す(もたらす)ものというだけであって、完全ではないのです。ではどうしたら良いのでしょうか。

ゴールだけは明確に

8652047539_5c1bfe6286_z

相手の女性をどういう人として自分が扱いたいかによります。
女性とのデートが夜だと想定した場合、1軒目のお店のチョイスはどうするのか。料理で言えば、和食、イタリアン、フレンチ、ビストロ…。その他にもどういう雰囲気のお店で、どれくらいの価格帯なのか。
そのあとに行く2軒目をどうするか、その先自分はどうしたいか。
これらは全て、デートをする相手の女性との関係性によって変わります。

1晩限りの関係を築きたいというのでも良いでしょう、それは男女ともに一定層が求めている事ですからね。

それはそうと、相手との関係性やCP(コストパフォーマンス)を考慮して、戦略を練る際に重要なのは、
「会話やゴールまでの流れ」のみ。1軒目でカップルシートで、、というのはそれ相応の女性だと言っても過言ではないのです。
恐らく、スペック的に、女子大生,社会人1,2年目という感じではないでしょうか。

知的で、美しく、一定の男性に求められている女性(その方が優れている可能性が高い)が、本当に欲求が溜まっている時でしか、短期的にそういう行為に及ぶのは考え難いのです。

トークだけで落とす『流れ・雰囲気』を作る一例

3728591101_f73a8b83be_z

流れを自ら作り出せなければ、相手を満足させる事は出来ない。

・時間別で話す項目を決める (仕事、趣味等)
・恋愛の価値観を引き出す
・相手の自分への興味と好意を引き出す
・共感とゴールを考慮した関係の形成

19:00,20:00,21:00などのように時間別にどういう振る舞いをするか、トークやお店のエスコート、会話でも仕事、恋愛から自分の目的に対して、どういうアプローチをするのかを明確にしておく、端的に言うとそれだけです。

それを間違ってしまうと、絶対に目標を達成する事は出来ないでしょう。知的で美しい女性と長期的な関係を望むのであれば、和食を食べながら、カウンターでゆっくり会話を楽しむというが良いでしょうし、短期的な関係なら、単純に雰囲気のみで会話は恋愛寄りのトークで価値観を形成する方が良いでしょう。

女性のスペックによって、言葉の使い回しはもちろん、仕事なのか、趣味なのか、恋愛なのか、というような「会話する内容の使い分け」も大切です。
これらは、年齢、職業、好みによっても分かれるので、事前に相手の事を知っておいて損はないでしょう。

クラブや立ち飲み、居酒屋等で初めて出会う女性ならば、その辺りは引き出し方に依存するのでまた別の記事で。

基本的な哲学としては、
『女性を楽しませる、それは女性を魅了するディズニーランドの様に。』
アトラクションが定期的に変わるように、『日常の中の非日常』を体験してもらうことです。

そして、自分は女性を楽しませるキャストである事というのを念頭に置き、応対すると自然と自分の望むような結果が得られるでしょう。

余裕のない男性はモテません。自分はサービスを提供する位の余裕を持ちましょう。

ただ、トーク力・エスコート力全体が上がったとしても、
優しくして、『お財布おじさん』、『ただの優しい人』なんて呼ばれて終わらない様に、色気、自分の強みはどういった所なのかまずは自分を振り返るという事も大事かもしれません。

出会いがない、ナンパはちょっとという方にはFacebookを使った
pairsをお勧めする。可愛い人が多いと話題でマッチングも20万件を突破したアプリ。
実践を積み重ねることによって、可愛い子へのモテは加速する。



出典:via: ficker

出典:photo credit: Leshaines123 via photopin cc

出典:photo credit: Silvia Viñuales via photopin cc

関連するコンテンツ