「いい加減気付いてよ!」と思われてない?男性に察してほしい女性の建前の数々

カップル画像

様々な恋愛の場面において、女性は本音と建前を使い分けることが非常に多いです。

しかし、その本音と建前の意味は非常に理解し難いものであることもしばしば。
ですから、建前から本音を組み取れていない男性はきっと少なくはないはずです。

そこでこちらでは、女性の建前に秘められている本音を、女性の視点で曝露したいと思います。
「女心を分かっていない!」や「いい加減に気付いてよ!」と女性に言われたことのある男性は必見です。

カップル画像

(出典: http://prcm.jp/album/glamour/pic/21127780)

「(どこがいい?何がいい?という質問に対して)なんでもいいよ」

(本音:もちろん私が嫌だと思うのはダメだからね?)

「今日のデートではどこに行きたい?」あるいは「プレゼントは何がほしい?」という質問に対して、
「なんでもいいよ」という答え方をする女性の多いこと多いこと。しかし、本当になんでもいいというわけではないんですね。

この言葉の裏には「私が嫌だと思うものは勿論ダメ。却下するから。私の趣向くらいわかってるよね?」という「私のこと分かってくれてるよね」という暗黙の了解が隠されています。男性にとっては、これが厄介に思えるのではないのでしょうか?

女性に何かを提案する際には、決して自分の好みに合わせた意見をするのではなく、「あなたは◯◯が好きだから、△△にしようと思うんだけど、AとBだったらどっちがいい?」と相手に合わせた候補を列挙し、最終判断を委ねてみてください。そうすると案外すぐに色々と決定していくものです。

関連するコンテンツ