【コラム】人生を120%楽しく過ごす人見知り解消法!

bar

皆さんは人生楽しまれているでしょうか?僕はというと彼女が出来てハッピーです。元々凄く人見知りな僕がなぜクラブやストリート、DJバー、立ち飲みバーで女性をナンパしたり、そのまま、、なんて事を出来るようになったのか、仕事でも結果を出せるようになったのかふと考えたのでご紹介します

人見知りだと考えてしまっている問題の克服

僕も元々そうだったのですが、人見知りの人は最初にあれこれ考えてしまう人ですよね?
下記のようなネガティブな考え方をしていないでしょうか。

・話しが面白くないと思われたらどうしよう
・そもそも見た目に自信がない
・話しが続かなかったらどうしよう

僕も全く自信なんてありませんでしたが、これらを徐々に克服していきました。
一つの例として、コミュニケーションをうまく撮れなかった自分を変えてくれた立ち飲みBarでの話をお伝えします!

全てのきっかけと自分を変えてくれた立ち飲みバー

bar

田舎出身の僕は兎に角1人で仕事の後にBarに行くというのが憧れだったのですが、中々踏み切れないでいました。すでにコミュニティ感もあるお店が多く、その中で自分が入っていけるのかどうか不安で、入れないでいました。
友達とはbarに行くようになり、雰囲気も分かるようになってきて、それでも行けないで居ましたが、ある時ナンパの本を見てそれを試そうと近くの立ち飲みbarに行く事にしたのです。

一人で立ち飲みバーに行って、広々としたカウンターに姿勢よく、自信ありがちな顔で座り、

しかし中々声をかけられず、店員と雑談する程度。そこからはどうにもコミュニケーションをとれないでいました。

店員も忙しいのでずっと会話するわけでもなく、そうすると会話する人が居なくなり、大体の1人で来ている人がスマホを見始める。そうするとまた声をかけられないというループになっていました。そうすると、実は他の人も同じことを考えているので、話かけられ待ちということもあるのです。

ただ、それだけでは自分は変えられないので話してみるのをおすすめします。
本当に簡単なことでいいんですよ。

・今日は仕事ですか。
・この辺にお住まいですか?
・どういう仕事をしているんですか
・どういうお酒がお好きなんですか
などなど。

とりあえず思いついた質問をどんどん投げていくことをおすすめします。
おそらく人見知りの人は何か恐れているあまり、自分から声をかけることをしない傾向にあります。自分もそうでしたが、自分から声をかけるということに慣れない限り克服できません。

断られることはないですから、こういう飲み屋ではどんどん声をかけて、こういう反応をしたら話が続くんだ、こういう話をしたらつまんないそぶりをされるんだという事場数を踏んでいく事が大事です。

人見知りの声の掛け方

・初めましてー
・ここによく来られるんですか?
・この近くにお住まいなんですかー

なんてありふれた質問で良くて、その後は適当に会話のキャッチボールをする。

会話=しりとりという意識
相手の返してくる言葉に対して自分の中にある何かを発すればそのままなんだかんだで続く。

そんな事を繰り返している間に色々な人に出会うようになって、段々会話が楽しくなってきて色々な人に出会いたいと思うようになりました。

これで恐らく人見知りの領域を逸脱する事が出来たのだと思います。

街で出会う人たち、すれ違う人たち

街では当然ながら色々な人にすれ違います。
しかし、ナンパ師でもない人がそういう人に声をかけるでしょうか?
かけないですよね。

立ち飲みにしてもちょっとした飲み屋街に1人で行っても沢山の人に出会います。
モデルや、有名なテレビ・特撮などの監督、アパレル企業のお偉いさん、某ジョブズ企業だったり様々。
外国人と出会って英語で会話して、なんてことも人見知りだった自分からすればあり得ないことですが、
それも何回か通って、だんだん慣れてくるのでいろんな人とコミュニケーションを取れるようになります。

自分が通っている中で、こういう人だったら異性でも、同性でも声をかけやすいなと思う人の特徴をまとめてみたので、
人見知りで自分から声をかけられないけどコミュニケーションを取りたいという方はこちらもチェックしてみてください!

そういった人と仕事上では繋がる事がないのに、たぶん今後の人生でも出会う事がなかったであろう人たちと
出会う事が出来るのは非常に面白いことです。

そういう事を続けている結果、イケメンでもなんでもないのですが、
会う人会う人に年齢通りに見えない、人たらしだよねー等と言われるようになります。(女たらしともいえる)

仕事にも生かせるコミュニケーション

よく就活生や社会人になってもコミュニケーション能力が大切だという話がありますよね。
当然1人で仕事をやっているわけではないので、クライアントさんやチームの人と一緒にコミュニケーションをとって仕事をしているので非常に大切です。

そういう所にも上記した様な事は生きてきます。

自分がマネージャーだった場合

・チームメンバーの良い所を引き出せる
・メンバー同士の親睦を深める
・立ち飲みで出会った人と実際に仕事に繋がる

自分がプレイヤーだった場合

・先輩、後輩に対しても配慮出来るので周りから好かれ、上位のレイヤーに行き易い
・クライアントから安心され、信頼されるので仕事が来易い
・立ち飲みで出会った人と実際に仕事に繋がる

別にガンガン盛り上げるという事をやれというわけでも、馬鹿になれという事でもないのです。
そう考えると簡単そうですよね。

人見知りを克服するにはこういう流れがあるんだというご紹介でしたが、いかがでしたでしょうか。
色々な人に何度も会う様になるたびどんどん人を好きになっていくので人見知りが改善されると思います。

関連するコンテンツ