【旅行】沖縄が好き!宮古島のお隣「来間島」何もない時間を過ごせる島旅の魅力

22

わたしは沖縄がすき。うまく言えないけれど、雰囲気や居心地がよくて、なんだかんだ1年に1度は遊びに行っている。お気に入りの場所もいくつかあるけれど、今回はそのひとつ「来間島(くりまじま)」を女性の視点でご紹介します!

この島は、カフェやゲストハウスがある他は、民家や畑が広がっていて、絵に書いたように長閑。初めて訪れた時からどこか懐かしさを感じるような場所。

沖縄本島から南西に約290キロ、沖縄の中でも一番の透明度を誇る海を持つと言われる「宮古島」の南西。全長1,690mの来間大橋で宮古島と結ばれている。面積2.84km²、人口200人弱の小さな島。それが「来間島」

出典:http://dor39.jp/islands/detail/22

来間ビーチ

来間島の夏は暑い。朝から暑い。だけれど風が気持ち良い。これは島の特権かもしれない。

来間大橋のたもとに来間ビーチがある。きめ細やかな砂浜と、透き通った海を目の前にすると思わず叫んでしまう。海だーーー!

海の底が見える程青く澄んだ来間ビーチ

海は青いと言うけれど、本当はこんなにいろんな色をしている。白、水色、緑、青、黒。
紫にも見えるような。見えないような。

東洋一美しいと言われる宮古島の与那覇前浜ビーチと向き合うように位置していて、遊泳客で賑わう前浜ビーチを静かに眺めることができる。こちらのビーチはいつも人が少ない。
とてもよい。

来間ビーチには日陰がないので、日差しが強い季節は長袖が必須。海パンやビキニで泳いでいると観光客感まる出しになるので、地元っ子ぶりたい人も長袖必須。

島カフェ

来間ビーチから続く坂を登っていくと、カフェ「PaniPani」がある。全席テラス席で時折気持ちのいい風が吹く。ここでの読書が最高におすすめ。
ただ、風の強い日や、オーナーが庭の掃除をしたい気分の日には営業していないので注意。「14時頃戻ります」という置き手紙を見たこともある。ゆったりのんびりなスタイル。

PaniPaniの斜向いには、島茶家「ヤッカヤッカ」がある。島の食材を使ったメニューが並び、オンシーズンにはひっきりなしにお客さんが訪れる。ヤッカヤッカには宿泊施設もあり、宿泊客にとってはまさに「ただいま」な、おうちカフェ。
「レアチーズケーキのマンゴーソースがけ」がたまらなく美味しい。徒歩や自転車で来たお客さんにはエコ割サービスがあるので、ぜひ徒歩に挑戦してほしい!

出典:http://miyakojimacity.jp/blog/?p=2968

ガジュマル展望台

S__9814193

島の高台には展望台が2つある。有名なのは竜宮展望台だけれど、おすすめは断然ガジュマル展望台。名前のとおりガジュマルの木をモチーフにして建てられた展望台で、与那覇前浜ビーチと来間大橋が一望できる。何時間でも、ぼーっとしていられそうなこの場所は蚊にさされ注意。時間を知らせるための鐘とのことだけれど、突然鳴りだす爆音にも注意。

長間浜ビーチから見る夕陽

民家と畑が続く道を進んだ先には長間浜ビーチがある。西向きのこのビーチからは海に沈む夕陽が綺麗に見えて最高。
海と夕陽の組み合わせ、長間浜のこの景色は正しくロマンチック。

長間浜から見える神々しい夕陽

出典:http://www.pakutaso.com/20140823217post-4438.html

島の星空

完全に日が暮れてしまうと、あたりは真っ暗になる。この島には街灯がほとんどない。そのおかげで、空を見上げると一面にめいっぱいの星。はっきりと見える天の川。しばらく見上げているだけで流れ星もちらほら。

春先には南十字星を見ることもできる。北半球の人間にとっては「憧れの星」とも言われる南十字星だけれど、知らないと意外と見落としがち。「出てたのに気付かなかった」は、もったいなさ過ぎるので意識して探してみてほしい。ちなみに、わたしはまだ1度も見られていない。お天気との兼ね合いもあるので、焦らずその機会を待ちたい。

天の川がはっきりと見える星空

出典:http://www.pakutaso.com/20140844220post-4456.html

宿泊

来間島にはホテルがないため、宿泊は民宿かゲストハウスになる。同じ宿に泊まる人たちと一緒に夜ご飯を食べたり、お互いの話をしたり、観光ホテルにはない楽しみがある。

都会に住んでいる人はぎょっとするかもしれないけれど、こちらの家は壁をヤモリが這っていることもしばしば。わたしも初めて見たときは鳥肌がたったけれど、だんだんと可愛く思えてきて、名前を付けたりした。害虫を食べてくれる守り主なので仲良くしよう。

アクセス

来間島へ行くには、まずは宮古島へ。沖縄本島から飛行機で1時間弱。東京からの直行便もあるけれど、本数が少ないのでスケジュールが合わせづらいという難点がある。うまくスケジュールが合えば、直行便でひとっ飛びがおすすめ。

宮古空港からは車で15分。絶景の来間大橋を渡って来間島へ!便利なのはレンタカーだけれど、来間島だけの滞在であれば車の出番はほぼないので、もったいないかもしれない。タクシーを使うと約1800円。タクシーの運転手さんにも話を聞けるので意外とよいかも!

詳細がわかる来間島の情報サイト(dor39.jp)も出発前にチェックしておこう。

まとめ

来間島のよいところは、やはり海と星と人だ。なんてありきたりなことしか言えないんだろう、と思うけれど何度考えたところでそうなのだ。

島にはスーパーやコンビニは1つもない。車でまわれば15分もかからず島を1周できてしまう。その小ささから、観光客の多くは数時間滞在して宮古島に戻っていく。もちろんそれでも十分楽しめると思うけれど、できればもう少し長く滞在し「来間島の日常」を垣間見たい。

いろんな物が「ない」この島で送る日々は、いつも同じようで、いつも新しい。
たとえ2泊3日の旅行でも、暮らすような感覚で過ごしてみてはどうでしょうか。

◼︎ 来間島のビーチで使いたいアイテム

LayBagは ” 5秒で空気を入れることができる神ソファー ” として話題となっており、海やバーベキュー、キャンプ、公園などでも使える速乾性のあるエアーソファーです。夏などのアウトドアシーズンには絶対に持っておきたい今後流行ること間違い無しのアイテムです!

旅行の最新記事

関連するコンテンツ