【旅行】イタリアローマ・フィレンツェの一度は訪れておきたい観光スポット

日本人も多く訪れる観光国家イタリアは、様々な観光スポットが存在します。そのため「どこに行ったらいいの?」と迷われる方は多いでしょう。

・ローマ
・フィレンツェ

今回は、イタリア旅行でも人気のある二つの都市に絞り、「どこかで見たことがある!」そんな有名観光スポットを5ヶ所、厳選してご紹介します。

1.コロッセオ【ローマ】

出典:http://www.everystockphoto.com/photo.php?imageId=3499232&searchId=e82fd46b0550431fe786eaa614549608&npos=48

ローマだけでなくイタリアを代表する観光名所として知られているのが、コロッセオです。ローマ時代に造られた円形闘技場であり、英語で競技場を意味する「コロシアム」の語源になったことでも知られています。

内部は巨大な遺跡になっており、コロッセオとして活躍していた当時の面影を残しています。ちなみに壁に穴が開いていますが、これは壊された跡ではなく、壁を修復する際に木材を指し込むために作られた穴といわれています。

出典:http://www.everystockphoto.com/photo.php?imageId=3499248&searchId=e82fd46b0550431fe786eaa614549608&npos=46

【コロッセオの基本情報】

  • 住所:Piazza del Colosseo
  • アクセス:地下鉄B線Colosseo駅すぐ
  • 料金:12ユーロ
  • 営業時間:8:30~16:30(閉館時間はシーズンによって変わる)
  • 休館日:1月1日、5月1日、12月25日
  • 公式サイトURL:http://archeoroma.beniculturali.it/

2.スペイン広場【ローマ】

出典:http://www.everystockphoto.com/photo.php?imageId=483739&searchId=64b28185def674be519b4e023a74a686&npos=35

映画「ローマの休日」でヘップバーン扮する女王が、この階段でジェラートを食べたことから一躍有名になった広場でもあります。階段の前に広がるのが「コンドッティ通り(Via Condotti)」でイタリアを代表する高級ブランド店が立ち並びます。

階段の登った先に存在するのが、トリニタ・ディ・モンティ教会です。ルイ12世によって命名されたといわれ、広場を彩るモニュメントでもあります。そんなスペイン広場は多くの観光客が記念撮影をするスポットとしても知られています。ですが、少し離れた場所から撮らないと広場が写りこまないので、どこで撮っているのかが分からなくなるので注意が必要です。

出典:http://www.everystockphoto.com/photo.php?imageId=3676706&searchId=64b28185def674be519b4e023a74a686&npos=129

残念ながら、広場の側にはジェラートは販売されていないので、地下鉄から降りて直ぐの場所にあるジェラート屋さんでジェラートを購入してから広場に向うとよいかもしれません。

出典:http://www.everystockphoto.com/photo.php?imageId=1573920&searchId=dace1e78b8640a834ea476298b697d99&npos=13

【スペイン広場の基本情報】

  • 住所:Piazza di Spagna, 00187 Roma
  • アクセス:地下鉄A線Spagna駅から徒歩5分
  • 料金:無料
  • 営業時間:24時間開放
  • 公式サイトURL:http://www.turismoroma.it/

3.トレヴィの泉【ローマ】

出典:http://www.everystockphoto.com/photo.php?imageId=5702675&searchId=64b28185def674be519b4e023a74a686&npos=63

イタリアを代表する泉として知られるのが「トレヴィの泉」になります。泉に対して背中を向けて願い事をしながらコインを投げ入れると、再びローマに来ることができ、2枚投げ入れると好きな人とずっと一緒にいられ、3枚投げ入れると配偶者や恋人と別れることができるのだとか。非常に混み合うのでコインはあらかじめ用意しておいた方がいいかもしれません。

ご利益だけでなく、彫刻としての価値もある噴水になります。

出典:http://www.everystockphoto.com/photo.php?imageId=5702676&searchId=64b28185def674be519b4e023a74a686&npos=110

【トレヴィの泉の基本情報】

  • 住所:Piazza di Trevi, 00187 Roma
  • アクセス:地下鉄A線Barberini駅から徒歩約15分。スペイン広場から徒歩15分
  • 料金:無料
  • 営業時間:24時間解放
  • 公式サイトURL:http://www.turismoroma.it/cosa-fare/2742

4.サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂【フィレンチェ】

出典:http://www.everystockphoto.com/photo.php?imageId=20451847&searchId=e6b721307a59cb139543d28bcc3dc9b3&npos=45

フィレンチェを代表する聖堂として知られているのがサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂になります。カトリック系の教会であることから肩や足が露出している格好での入場は断られ、紙のようなペラペラのローブを購入させられます。特に夏場は暑いですが、一枚上に羽織るものを持って行くとよいかもしれません。

3つの建造物から構成されており、大聖堂、サン・ジョヴァンニ洗礼堂、ジョットの鐘楼があります。その中でも大聖堂部分の天井には美しい壁画が描かれており荘厳な雰囲気を楽しむことができます。

出典:http://www.everystockphoto.com/photo.php?imageId=20452031&searchId=e6b721307a59cb139543d28bcc3dc9b3&npos=27

【サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の基本情報】

  • 住所: Piazza del Duomo, Firenze
  • アクセス:stazione S.M.N駅から徒歩15分
  • 料金:無料
  • 営業時間:10:00am~5:00pm(シーズンによって変わる)
  • 公式サイトURL:www.operaduomo.firenze.it

5.サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のクーポラ【フィレンチェ】

出典:http://www.everystockphoto.com/photo.php?imageId=8205753&searchId=baa9fdeb1ca74e804821a75bec8910f6&npos=1

映画「冷静と情熱の間」で舞台となった塔が、クーポラになります。ドーム型のクーポラはフィレンチェにはいくつかありますが、その中でもサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のクーポラは高さ107mもあることから有名です。

464段の階段を休みなく登らなければいけないので、足腰に自信がない方にはオススメができない観光名所になります。ただ、運動不足の私でも何とか登ることはできたので、「全く無理」というわけでもなさそうです。

出典:http://www.everystockphoto.com/photo.php?imageId=3218338&searchId=65cf4022069acf84c3afd80df7b74c35&npos=2

【クーポラの基本情報】

  • 住所:Piazza del Duomo, Firenze
  • アクセス:stazione S.M.N駅から徒歩15分
  • 料金:10ユーロ
  • 営業時間:(月~金)8:30am~7:00pm(土)8:30am~5:40pm
  • 休館日:日曜日
  • 公式サイトURL:www.operaduomo.firenze.it

テレビで見た事があるような有名な場所があったかと思います。建造物だけではなく、食事も非常に楽しめるイタリア。
ぜひ、今回の記事を参考にして、観光国家イタリアを楽しんでみてください。

関連するコンテンツ