大人の恋愛を描く『娚の一生』が実写映画化、榮倉奈々・豊川悦司・向井理出演

main (2)
(c)2015 西炯子・小学館 / 「娚の一生」製作委員会

「娚の一生」は女性向けコミック雑誌「月刊フラワーズ」で連載されていた累計150万部(全4巻)を記録する西炯子原作の人気コミックの実写化。映画では「きいろいゾウ」「100回泣くこと」「ヴァイブレータ」などで知られる廣木隆一が監督を担当し、榮倉奈々(26)と豊川悦司(52)がダブル主演を務め、他の出演者には向井理、安藤サクラといった面々が名を連ねている。

恋をしないと決めた女と52歳独身の大学教授 「ずっとひとりだと思ってたのに」――というキャッチコピーさながらに、少しずつ気持ちがほどけていく大人の恋愛模様を描く。

映像には、豊川悦司が演じる52歳の大学教授・海江田醇が、榮倉奈々が演じる恋愛に臆病になっていた堂薗つぐみに上から覆いかぶさるという大胆な“床ドン”シーンもあるのでぜひ。
特報映像は下記より。

銀髪まじりのセクシーでダンディなー豊川悦司が演じる52歳の大学教授・海江田醇がいう『練習や思うて僕と恋愛してみなさい』、『君の過去のなんのはどうでもええわ』、『恋なので仕方ありませんでした』などの心をぐっと掴まれる数々の名言も必聴。

主題歌は、この映画のために書き下ろされたJUJUの新曲『Hold me, Hold you』。
大人の甘い恋愛模様に、優しく、そして温かくそっと寄り添う。

『娚(おとこ)の一生』は2015年2月14日(土)より全国にて公開。

Information

娚の一生公式WEBサイト

ライフスタイル, 映画の最新記事

関連するコンテンツ