【恋愛】元電通、作家・ブロガーの伊藤春香(はあちゅう)氏の記事にみたモテるお店の4つの特徴とは?

グランドハイアット

最近恋してますか?周辺を見るとみんな彼氏彼女がいる!実際付き合っている時や付き合う前などはどういうふうな流れで付き合っているのかに興味を持っていた所、元電通、作家・ブロガーの伊藤春香(はあちゅう)氏の東京いい店、やられる店という記事があったのでご紹介!

元電通、作家・ブロガーの伊藤春香(はあちゅう)とは誰か?

慶應義塾大学法学部政治学科卒。在学中にブログを使って、「クリスマスまでに彼氏をつくる」「世界一周をタダでする」などのプロジェク トを行い、女子大生カリスマブロガーと呼ばれる傍ら、レストラン、手帳、イベントをプロデュースするなど、「はあちゅう」名で幅広く活動。
2009 年電通入社後、中部支社勤務を経て、クリエーティブ局コピーライターに。
2011年12月に転職し、トレンダーズでドクターエステ・コスメ専門サイト「キレナビ」の編集長に。現在は動画サービス「ウーメディアチャンネル」のパートナー・マネージャーを務める。会社員として働く傍ら、個人としてウェブサービスの運営や講演・執筆活動を続けている。催眠術師資格保有。

出典:http://ha-chu.blog.jp/profile/

他にも各媒体で恋愛関係の記事を書かれています。
元コピーライターという事で非常に文章が面白く、恋愛関係の記事はかなり女性の共感を得ていますね!

特に面白いとTwitterの男女に話題の幻冬舎さんのウェブサイトで連載されている
『東京いい店 やられる店』より幾つかモテるお店の特徴をご紹介します!

詳細が気になった方は、是非コチラをチェックしてみてください。

東京いい店 やられる店
はあちゅう(伊藤 春香)

モテない男子は要チェック

グランドハイアット

出典:http://restaurants.tokyo.grand.hyatt.co.jp/french-kitchen-tokyo/

伊藤春香(はあちゅう)氏の恋愛の記事はこういう男性とこういう場所に行ったというエピソードがあるので、それを男性目線から見ると近い事をやると女性の共感を得られるのだという事がわかります。

例えば下記の記事の中で、距離が近づいていない探り合いの二人は一緒に●●食べに行こうという一緒に行きたいリストを付き合う前から作成して、次のデートを取り付ける。そうすればおのずと二人が会う回数が増えて、付き合う流れに繋がっていくというもの。

「一緒に行きたいリスト」を作れたら恋は叶う

筆者自身もそういう経験があったものの、本格的に創りはじめるのは付き合い始めてからという感じもしなくもないですが、
一緒に行きたいリスト、したいリストというのを創れるというのは既にお互いの事をある程度理解している状態。

何故なら、相手の興味感心をまず引き出し、自分の引き出しの中からそれを出す必要があるからです。
そこにまずどうやって持って行くかというのも大切だと思いますね。

1. 飲食店のリストを持っておく

また、文中でLINEのノート機能を使っているとありますが、これはLINEを使いこなしてITに関して全く抵抗がない方がターゲットの場合は良いと思いますが、普通にリストの2個目いかない?と言われたらあまり気分が良くないでしょう。

はあちゅう氏も言っていますが、歩くミシュランになる必要はありませんが、Coolhommeの中でも幾つかまとめているように場所と価格帯をターゲットの女性に対して使い分けるというのは非常に重要です。

相手に対して喜んでもらいたい、そのために最適な引き出しを増やしておくという根底の精神が必要ですね。

【グルメ】中目黒の美味しいお店・恋の店。男性目線の口説けるカフェ・和食・バル5選

2. 知らない・苦手を好きにさせる技術を身につける

一見非常に難しくどちらに転がるかわからない状態の時にそんなリスクを背負ってまで…と思うかもしれませんが、これも相手に対してサプライズを行うという一種のもてなしだと思います。

どうしたって年を重ねると、新しい経験が減るからこそ、
それを味わわせてくれる男の人は
きっと特別な「思い出の人」になるんだろう。

出典:「嫌い」を「好き」にさせたら、特別な人になる

年齢が20代前半の女性などの場合そこまでの経験がないかもしれませんが、相手のふいをつく様なお店を用意しておくというのは非常に効果的ということですね!

3. 和食屋を抑えると特別な印象

グルメ, 恋愛の最新記事

関連するコンテンツ