【ファッション】秋冬さらりと着こなせるアウトドアアイテム、2014年マウンテンパーカー特集

parka

BRUTUS、POPEYE、メンズノンノなどのファッション誌で度々登場する秋冬マストアイテムのマウンテンパーカ。元々はアウトドアユースの機能性アイテムとして出来上がったマウンテンパーカーだが、最近は機能だけにとどまらず普段のスタイリングへ取り込みやすい事から様々なアイテムが増えている。コーディネートの幅が大きく、カジュアルな着こなしにはもちろんだが、キレイ目なアイテムであればスーツの上に羽織れるようなものもあるのでご紹介したい。

こだわりのユーズドテクニックのかたまり

Abercrombie & Fitch(アバクロンビー&フィッチ)/2014AW

parka01

出典:http://www.buyma.com/item/14132686/

ミリタリー色の強いグリーンに洗い加工をかなりきつく入れたマウンテンパーカーはカジュアルなスタイルにラフでこなれた匂いを醸し出すのに一役買ってくれる。
これでもかと言わんばかりのユーズド感をアップするために、折り伏せのダブルステッチをイメージしたかのような太め糸でステッチをかけて、敢えて引きつれを強く印象付けている。
アバクロらしいこだわった丁寧な仕上げだ。

繊細にカジュアルを着こなす

DRKSHDW by Rick Owens(リックオウエンス) /2014AW

parka02

出典:http://www.thecorner.com/jp/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88_cod41478307hl.html

奥行きとインテリジェンスのあるドーブグレーの色が印象的だが、フードから続いている高いスタンドカラーがボリュームとインパクトのある着こなしを可能にする。
コーディネートを考えるなら、この色を活かしてグレートーンに統一するのがいいだろう。
繊細な色調の美しいグラデーションを描ければ最高におしゃれにキマる。
ラフなアイテムだからこそ、丁寧な扱いをするとさらにその輝きを増すのだ。

タフな仕様なのに、モードな仕上がり

Attachment(アタッチメント)/2014AW

parka03

出典:http://www.attachment-ec.com/products/detail.php?product_id=2371&category_id=6

モダンで洗練されたマウンテンパーカー風のスタイルかと思いきや、フロントファスナー、ポケット、脇下開きに止水ファスナーを使い、シームはシームテープでの圧着、袖口のマジックテープで完全防水仕様というアウトドアでの使用に耐える本格派。
フードの前立ても大きく防寒性能も充分だ。ミニマルなデザインに映える美しい生地色を活かしてシンプルに着こなしたい。

冬の黒は挿し色を上手に使う

n(n) BY NUMBER (N)INE(ナンバーナイン) /2014AW

parka04

出典:http://ever.shop-pro.jp/?pid=73364126

袖まで中綿がしっかりと入ったマウンテンパーカーで防寒性は抜群。
軽やかに羽織るというよりも、ダウンジャケットのようにボリューム感をポイントにしたフカフカなイメージのアイテムだ。
ベーシックなポリエステル素材で黒一色のシンプルなスタイルなので、ダークトーンが多くなる冬に羽織ると退屈な印象を与えがちになる。
裾から鮮やかなインナーをチラ見せしたり、明るい靴でハズシたりと、ポイントを作って軽やかに着こなそう。

暗くなりがちな季節を明るくする最高級のアウトドアパーカー

Patagonia/2014AW

parka05

出典:http://www.altitude-sports.com/en/patagonia-mens-super-alpine-jacket

最後に紹介するのはアウトドアブランドであるパタゴニアの最高の機能を備えたマウンテンパーカーだ。
インパクト抜群のツートンのブロックデザインだが、品のある渋い色出しなので、街の着こなしに変化を与えるちょい足しアウトドアアイテムとして自然となじむ。
この一枚で暗く、重くなりがちな冬のコーディネートを鮮やかに目覚めさせるアウターだ。

マウンテンパーカ コーディネート

The North Face Metro Mountain Parka

5ce2d9f269044139149567d1f0fbfecb
ノースフェイスの安定感のあるマウンテンパーカ。コーディネートに取り入れ易いアイテム。アウトドア感が強いので、秋冬どこかに出かけるときに使いたいアイテムだ。

マウンテンパーカーはカジュアル感の強いアイテムなので、キレイ目に着こなすにはひと手間が必要。
繊細なトーン合わせをしたり、濃色のタイトなボトムを選んで縦ラインを作ったりを心がけよう。

関連するコンテンツ