【ファッション】流行の兆し。オーバーサイズコートのコーディネートとは

over03

難しいオーバーサイズコートの着こなしのキモは『華奢』の演出。オーバーサイズのアウターというテーマは常に挑戦的なデザイナーの魂を揺さぶり続けている。しかし、大きな流れにならないのは、そのテーマが余りにも難しく、みんなが共通して美しさを感じるスタイルが見つからないからでもある。
そんなオーバーサイズテーマに今シーズンは一筋の光が見える。柔らかいアウターが細くて華奢な身体を包みこむようなイメージを、多くのデザイナーが共通して表現しているのだ。今シーズンのオーバーサイズにチャレンジするならば、「力強さ」や「ゆるさ」を感じさせるのは避け、「華奢」を内側に感じさせる着こなし。

over01

出典:http://wear.jp/manypieces/coordinate/767936/

まずは今年のオーバースタイルのコレクションでのイメージ提案を、シンプルにリアルなストリートスタイルに落としこんだこちらのコーディネートを見てみよう。
肩の落ちたチェスターコートのボタンは留めずに、実際のサイズ以上のゆったりとボリュームを見せる。
ポケットに手を入れるのも良い演出だ。
張り付くような細身のパンツと、さらに足首を見せることで華奢さは強調される。
今の手持ちのアイテムでもこれだけまとめきれば今シーズンらしくなるのだ。

over02

出典:http://wear.jp/seiichisakakibara/coordinate/2097740/

上のスタイリングの応用編と言えるのがこちら。
細身のボトムスの裾にはドレープを持たせヒールブーツとあわせる事で、やはり華奢さが強調される。
まくりあげた袖にバングルは、足首見せと同様に手首の細さを演出する効果あり。
メタルフレームのグラスも見逃せない華奢ポイント。

over03

出典:http://jp.pinterest.com/pin/507851295452631474/

優雅な色合いのブラウンベージュのチェスターコートはドルマンスリーブのゆったりしたシルエット。
ダークトーンで揃えたインナーとベルト代わりにチラ見せるボーダーがキッチリと締めてくれている。
華奢に見せるのが今シーズンのポイントではあるが、サングラスやムスタッシュでのタフさの演出で自分らしいスタイルにつなげているのは見習いたいところだ。

over04

出典:http://jp.pinterest.com/pin/45036064994610607/

薄手の軽いトレンチコートを上手に着こなしているポイントは、コートと共通する優美なドレープのシャツと合わせているところだ。
ボトムもブーツインでドレープをもたせ、全体の陰影が美しい。
そのフェミニンなドレープをタフなブーツできっちりと締めることで男らしいコーディネートに仕上がっている。

over05

出典:http://jp.pinterest.com/pin/433401164111836693/

オーバーサイズはゆるい印象をあたえがちなため、ビジネスシーンには応用しにくいテーマであるが、こちらのスタイリングはそのヒントになるだろう。
インナーのタイトなチャコールのボトムスはグレーのニットと合わせることで追いついたモノトーンのグラデーションを描きだす。
手を出せば華奢さが強調されるが、それをグローブが抑えているので締まりの良いコーディネートになっている。

オーバーサイズのコートには、細身のボトムスと重めのシューズでバランスを取るのが、”鉄板” のコーディネート術と言える。挑戦的なファショニスタを自負するならば、ぜひとも今シーズンはオーバーサイズのアウターにチャレンジしてみては?

関連するコンテンツ