【ファッション】干支ブーム FACTOTUMが作り出す羊×デニム

main_Factotum

今年もFACTOTUM(ファクトタム)の2015-16秋冬コレクションが2015年3月21日(土)東京・渋谷ヒカリエで行われた。ファッションウィーク最終日となるこの日、会場には多くのゲストが来場しFACTOTUMの世界観を楽しんだ。ランウェイには映像を映し出すための大きなスクリーンも設置され、今季のテーマにもなっている羊の群れが映し出されていた。

出典:http://www.fashionsnap.com/collection/factotum/2015-16aw/gallery/index71.php

出典:http://www.jb-voice.co.jp/jackinthebox/wp-content/uploads/2015/01/95.jpg

FACTOTUMとは?

FACTOTUMは2004年にデザイナー有働幸司氏が設立したブランドである。ブランドコンセプトは「デニムに対する深い思いと、モードとリアルクローズを融合すること」

出典:http://www.fashionsnap.com/collection/factotum/2015-16aw/gallery/index18.php

デザイナー有働氏が手がけるFACTOTUMコレクションのベースはミリタリー、ワークウェアでそれにテーラードの要素が加わっているが、これにはテーマがある。彼は、そのテーマとなる国を訪れることで、その国で出会った人々や風景、空気からインスパイアされた服作りを行っている。過去にはチベットやネパール、アメリカなど様々な国に出向いたこともあるそうだ。

デザイナーである有働氏は元々ビームスに勤めており、退社後はロンドンに留学。帰国後は友人と共にラウンジリザードを設立するが後に独立する。2004年に誕生したFACTOTUMというブランド名の由来は、ラテン語で“勝手に生きろ”という意味。

そして、2004-05年の秋冬コレクションに登場し、華々しいデビューを果たした。2006年にはショップを構え、2007年の秋冬コレクションからファッションウィーク東京のランウェイでの発表が始まった。

今季のFACTOTUMは「羊」推し

2015-16年秋冬コレクション、今季のテーマは村上春樹氏の小説「羊をめぐる物語」を表現している。

“Sheep Boy”と題されたモダンカントリースタイルを中心に描いた今季のコレクション。デニムはFACTOTUMでは欠かせないアイテムであるが、今季のコレクションのルックはケミカルウォッシュがかかったものや、ダメージが入ったものなど、ヴィンテージを強くアピールしている。

出典:http://www.fashionsnap.com/collection/factotum/2015-16aw/gallery/index54.php

ランウェイに登場したファーストルックは、羊のようなボアにデニム素材が合わさりヴィンテージのような色落ち加工が施されている。

出典:http://www.fashionsnap.com/collection/factotum/2015-16aw/gallery/

FACTOTUM、じつはあの有名なアニメ「エヴァンゲリオン」ともコラボしており、スニーカーを発表している。今季のコレクションのルックにエヴァンゲリオンとコラボしたスニーカーを合わせる事で、モダンなイメージを演出した。

出典:http://www.fashionsnap.com/collection/factotum/2015-16aw/gallery/index3.php

また今季コレクションの最大の特徴ともいえるのが、ボリューム感のあるシルエット。肩を落としたようなコートやシャツ、ワイドパンツなどのアイテムが豊富に取り揃えられていた。

出典:http://www.fashionsnap.com/collection/factotum/2015-16aw/gallery/index16.php

出典:http://www.fashionsnap.com/collection/factotum/2015-16aw/gallery/index13.php

今までとは少し異なったコレクションルックの数々は、デザイナー有働氏の新たなチャレンジと言えるだろう。ボリューム感を全体に持たせるのではなく、そこに細身のアイテムをプラスする事でコーディネートにメリハリをつける。この気配りはデザイナー有働氏ならではのテクニックではないだろうか。

ちなみに今季多く登場したワイドパンツやコートの形やデザインは、日本の“着物”をイメージして作られたもので、アイテムにも“袴パンツ”などと日本らしい名前が付けられている。

また有働氏はレイヤードを得意とし、ジャケットの下にストールを着せロング丈のカーディガンを羽織っているようなコーディネートを作り出した。ストールはアウターとしての使い方が基本だが、あえて中に着ることで新たなコーディネートの可能性が生まれた。

出典:http://www.fashionsnap.com/collection/factotum/2015-16aw/gallery/index36.php

このように、細かな部分にもテクニックを加える事でより高い技術を感じる事が出来る。

2015年の干支でもある“羊”。今年の秋冬はFACTOTUMの羊アイテムから流行の香りがする。

ファッションの最新記事

関連するコンテンツ