【コラム】ドラマで活躍する若手イケメン俳優 林遣都の魅力とは?

hayashi_kento_sub

2007年公開の「バッテリー」で映画デビューし、藤木直人にも似た風貌だが、可愛さも持ち合わせる「林遣都」テレビドラマや映画でも頻繁に見かける人気俳優の一人。爽やかな役からワイルドな役もこなし、時にはナヨナヨした役まで幅広くこなす彼の魅力は一体何なのだろうか?今回はそんな林遣都さんについて紹介しよう。

ドラマで活躍する林遣都と実際はちょっと違う!?

若手イケメン俳優のトップを走っている林遣都。テレビに映画に見かける機会が多く格好良さに惹かれている人も多いだろう。そこで性格が気になるところだが、いったいどんな人物なのだろうか。

出典:cinema-magazine.com

「レジデント〜5人の研修医〜」というドラマではひげを生やしワイルドで勝気な性格の役柄を演じたこともあり、派手できつめの印象もあるが、トーク番組によるとかなり控えめな性格で恋愛面においても彼女とでかけるより家でゆっくり過ごしたほうが好きとのこと。見た目の派手さとは裏腹に大人しい性格のようだ。


この動画からも、不器用さ、ぎこちない感じが伝わるだろう。

また役に入り込む俳優で迫真の演技が印象に残るため、余計に強い性格だと思われているのかもしれない。

元々はスポーツ系の映画で賞を取りスポーツ関係の作品に出ることが多く、運動好きな爽やかだというのは事実。とにかくイケメンでスタイルが良く爽やか。控えめな性格というギャップも魅力だ。

ただの細マッチョではない、運動神経もすごい!

出典:transmissiongo.com

林遣都は細身なのだがマッチョでもある。役作りもかねてハードなトレーニングに打ち込み、シックスパックに割れた腹筋を手に入れている。走りこみも激しくランニングする役が多いといわれているが、何事にもストイックに取り組める素質なのであろう。

走る姿はまさにアスリートで俳優といえど、違和感はない。ここまでスポーツの世界観とマッチする俳優も珍しいだろう。そんなわけで彼に「走る」役が集まっているのも不思議ではない。

テレビ東京のドラマ「玉川区役所 OF THE DEAD」でも市役所職員としてパンを咥えて全力疾走する姿などを見ることが出来ます。トレーニング中に大学陸上競技部から駅伝選手にスカウトされたほどのポテンシャルを持ち、走ることに関してはほかの追随を許さない役者である。

全身鍛え上げているのにパッと見では想像がつかないほどの細身。運動神経のよさもあいまって野球・ボクシング・水泳・駅伝など様々なテーマの映画にも出演。これだけ多くのスポーツの役柄をこなすには、万能の運動神経がない限りつとまることはないだろう。顔がイケメンなだけでなくスポーツもこなせるなんて流石である。

駅伝ランナーとして主演をつとめた映画「風が強く吹いている」

9歳年上の彼女との熱愛という一面も

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/3897556/

2014年7月には、9歳年上の女優 中村ゆりと熱愛しているとも報道された。

hayashi_kento_kanojo

出典:http://image.news.livedoor.com/newsimage/d/9/d9b8a_929_spnldpc-20140706-0132-0.jpg

2010年に公開された映画「パレード」での共演がきっかけだという。

彼女は、エイベックスに所属し、父親が在日三世、母親が韓国生まれで韓国籍。韓国人女性も美しい人が多いが、とりわけ艶かしく、魅力溢れる女優だ。

出典:cinema-magazine.com

「中村ゆり」という女優も気になる。
オフィシャルブログ

まとめ

イケメンでスポーツ万能、今をときめく若手俳優 林遣都。ほとんど完璧な男性ではないだろうか?まだ23歳、今後も様々な映画やドラマに出演し、その抜群の運動神経で私たちを魅了してくれることは間違いない。美しい彼女もいて、男としても、色気づいてくるこれからが楽しみである。今後の活躍にも目が離せない。

関連リンク

オフィシャルブログ「Photo」
オフィシャルサイト

hayashi_kento

関連するコンテンツ