【コラム】上戸彩主演 ドラマ『昼顔』から学ぶ 女性が不倫をする理由とは?

2747927870_bc0836899e_z

上戸彩や吉瀬美智子等、豪華なラインナップで注目を集めているフジテレビで放送されているドラマ『昼顔』。

女性を中心として、Twitterでも毎週かなりツイートされている模様。
ドラマ昼顔にみる、女性の本心と建前。実際の感情や生活にはどういった側面が隠されているのか、不倫をする男性を紐解いてみる。

Twitterでの評判

昼顔 ~平日午後3時の恋人たち~ とは

『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(ひるがお〜へいじつごごさんじのこいびとたち〜)は、2014年7月17日より毎週木曜日22:00 – 22:54に、フジテレビの「木曜劇場」枠で放送されている日本のテレビドラマ。主人公を演じる上戸彩は昨年1月期に放送された『いつか陽のあたる場所で』以来の主演。昼顔とは、同局の番組『ノンストップ!』が「社会現象になりつつある」として特集した女性の行動に対する造語「平日昼顔妻」が由来になっており、カトリーヌ・ドヌーヴ主演映画『昼顔』の、貞淑な妻である影で昼間に売春をするヒロインのように、夫がいない平日昼間に不倫をする主婦のことを言う。また今作は前述の仏・伊合作映画『昼顔』をオマージュしたオリジナル作品である。

出典:wikipedia

初回の簡単なあらすじと導入

※多少のネタバレを含みますので、ご注意下さい。

上戸彩は、結婚して旦那と2人で住んでいる。そして、平凡な生活に不満を感じていた。
そんな時、スーパーで、高級住宅に住む、吉瀬美智子演じる色気のある大人の女性と出会う。
吉瀬美智子は不倫をしていたのだが、上戸彩演じる主人公が口紅を盗む所を
見ていて、それを逆手に取って上戸彩を上手く使う。

ある日、スーパーの屋上の車の中で、吉瀬美智子と不倫をしていた男性がキスをしていたのを発見し、
不倫男性に食って掛かった学生が、警察につかまる。
不倫していた2人が上手く仕組み、上戸彩を使って友人を装わせて、学生に謝罪をさせる。

学生が謝罪する際、運命の出会いを果たす。斎藤工演じる学校の先生だ。
不倫現場を見た学生は、上記の2人が不倫していた事を警察には言わず、斎藤工だけに本当の事を告げる。
実は、斎藤工も既婚者であったのだが、ここから複雑な不倫物語が始まる。

~~~~~~~~~
生徒の行動に対して謝罪にやってきた、斎藤工に『一晩デートしてくれたら』と、吉瀬美智子が誘惑する。
それに対して、逆上する斎藤工。生徒思いの情熱的な先生という印象。
そして、既婚者でありながら、平凡な生活に少し退屈している上戸彩も次第に先生が気になって行く。

吉瀬美智子の名言集

吉瀬美智子演じる(滝川 利佳子 – たきがわ りかこ)から発せられる言葉は、既婚・未婚問わず男性にとって非常に勉強になるだろう。

“経済力や見栄で人を選んでいるので、結婚してから恋愛が始まる。”

“たとえ1回限りの関係でも、女性は好きになりたい。”

もう一度女性として扱われたい。

裏を返すと、男性はこれらの発言のように振る舞う事で、女性と上手く付き合えるということである。

不倫をするのが既婚男性の場合、こういった女性の見栄や寂しさに対する拠り所を創りながら付き合っていくことが上手い。家族との生活の中で、どこか寂しさや上記のような言葉の様に思われたい、という女性の気持ちを察し共感する能力を無意識に磨いている。だから、それを埋めるような振る舞いをする事が可能なのだろう。

男性が未婚の場合は、そういう寂しさを埋める存在としての経済力や立ち振る舞い、男らしさや色気があれば、不倫・一夜・体の関係になることは容易に想像できる。会話や駆け引きはそれほど必要ではないのだ。

不倫をするというのは、刹那的な関係性。
ドラマ序盤で吉瀬美智子と不倫関係にあった男性のように、関係性を持続しようと追いかけるというのは難しいように思える。それ以上は、お互いの既存の関係性を崩してしまうからだ。

難しければ、難しいほど退屈な毎日を忘れさせてくれる。

不倫をする男性は、上記のように難しいと考えた事はないだろう。
だが、女性はこのように考えているという点でも示唆に富んでいて、面白い。

なぜ、人は不倫をするのか

不倫をする女性・妻を題材にしたこのドラマは、不倫をする男性、もしくはそういう刹那的な出会いを求めている人がどういう人間であるかがよく分かる。

周りの不倫をしている知人 を見ていてもわかるが、不倫をする理由としては下記の3つに分けられる。

1. 経済的、性格的に余裕や、モノや人に対して独自の哲学がある。
2. どこか寂しさや、言えない事を誰かで消化したい。
3. 単に性的な不満がある。

話せば分かる価値観や、ボタンの掛け違いを修正する事なく進んだ結果、寂しさを作ったもの同士が集まる。
そして、刹那を埋め合うという関係性、そして、そこに刺激やスリルを重ねた結果が不倫なのだろう。

日本にも、去年カナダから上陸し、テレビもで紹介された『アシュレイマディソン』という不倫SNSが密かに注目を集めている。興味がある方はのぞいてみてはいかがだろうか。ご利用は計画的に。

アシュレイマディソン

関連するコンテンツ