【アニメ】淡くも甘い青春を描いた音楽系作品 ”四月は君の嘘”

img_photo

四月は君の嘘 月刊少年マガジンで漫画原作が2011年5月に連載開始され、2015年3月にアニメと同時終了をした作品。 音楽系のアニメで、淡くも甘い青春を描いた綺麗な作品

14歳の春ー君は僕と走り出す

本作品のストーリーは、中学生のピアニストとヴァイオリニストが互いの才能に共鳴し合い成長する姿を描いた作品。 見やすい綺麗な作画と、青春、音楽、涙とメッセージ性の強いわかりやすい作品。

かつて国内外の数々のピアノコンクールで優勝し、指導者であった母から厳しい指導を受けて「ヒューマンメトロノーム」とも呼ばれた神童有馬公生は、母の死のきっかけに、ピアノの音が聞こえなくなってしまう。 それから3年後。14歳になった公生は幼なじみの澤部椿を通じ、同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合う。ヴァイオリンコンクールでのかをりの圧倒的かつ個性的な演奏を聞き、母の死以来、モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色付き始める。

wikiより参照) 主人公である早熟天才ピアニスト有馬公生。 母の厳しすぎる指導のトラウマでピアノの音のみが聞こえなくなるという心の病気を患いピアノから遠ざかる。 だが幼い頃から有馬公生の弾くピアノはカラフルで、刺激され有馬公生を目標にする同性代のピアニストも多数いた。 だが1人の女の子との出会いで180度人生が変わる。

暴力上等、性格最低、印象最悪、でも彼女は美しい

親友の渡に、ダブルデートに誘われた有馬公生。待ち合わせ場所に行くと、ピアニカを演奏する少女、宮園かをり。 photo3

出典:http://www.kimiuso.jp/story/01.html

親友、渡の事が好きだという宮園かをりはなんとヴァイオリニストであった。
彼女の引くヴァイオリンは情熱的で、有馬公生の凍り付いたピアノを融かしていき、カラフルなハーモニーを奏でていく。 ピアノから遠ざかっていた公生に対して、「弾かなきゃだめなの。君がいいの。」と自分の伴奏者に任命すると告げられる。
本番当日も緊張で頭を抱える公生に、強烈な頭突きを一撃。「君ならできるよ」と励ます。 譜面通り弾く公生と自由な演奏をするかをり。 演奏序盤は譜面通り弾くもかをりが自由に弾き始める。 すると公生はピアノの音が聞こえなくなり、演奏を止めてしまい会場は騒然。 かをりも演奏を止め、笑顔で振り向き一言「アゲイン。」と呟く。

この先は暗い夜道かもしれない。それでも、信じて進むんだ。聞いてくれた人が、私を忘れないように。 そういって伴奏を弾き始め、公生の気持ちが変わる。 ー覚悟を決めろー

 

出典:http://www.kimiuso.jp/story/02.html

真っ白なトライアングル

こういう感情を、、なんて言ったかな?

友達を好きな女の子、”宮園かをり”に恋をする”有馬公生”に、ずっと想いを寄せている”澤部椿”。 chara3_2

出典:http://www.kimiuso.jp/character/

有馬公生とは隣の家に住む幼なじみで、弟のような存在。 そんな有馬公生への想いはすごく大きいのに、そんな想いを知らないのは”有馬公生”と”澤部椿”だけ。 幼少から有馬公生を知っている椿は、辞めてしまったピアノのことをずっと気にかけており、そのピアノをはじめるきっかけをくれた宮園かをりには感謝をしている反面「公生はかをりちゃんのことが好きだから」の一点張り。

椿はとうとうその想いに素直になる。
photo2

出典:http://www.kimiuso.jp/story/index.html

「かをちゃんは渡が好きなんだよ!?公生は、、、私と恋をするしかないの。」
ーどうだ思い知ったか。踏み出しやったぞ。女の子として意識させてやったぞ。私の事、いっぱい考えろ。ー

そんな公生は、かをりへの想いも動き出す。

「暇とかじゃないよ。君に会いたいんだ。」
君と同じ空を見てるだけで、見慣れた風景が違って見える。
僕の心は、メロディーを奏でだす。こういう感情を、なんて言ったかな。

純粋なトライアングルの行方も見所の一つ。

”四月は君の嘘”に込められた想い

img_top2

出典:http://www.kimiuso.jp/special/#illust

 受験生の公生は、音楽名門の高校への進学をするため、コンクールでの実績が必要。 練習の合間にかをりのお見舞いへ渡を誘う。病室の前に行くと、かをりの意識がなくなったところに出くわす。ピアノに関わった人がまたいなくなるんじゃないかといトラウマから、 それ以降練習に身が入らなくなる。
かをりが意識を取り戻すも様態は悪いまま。公生のコンクール当日に手術することが決まる。

photo2

出典:http://www.kimiuso.jp/story/index.html

練習が完璧でない中、コンクール当日を迎える。
一人になんかしてやるものか。僕のすべてを乗せて。届け、届け、届け、届け、、
病気なんか、、蹴散らしてやる。

有馬公生の音楽への気持ち、澤部椿の有馬公生への想い、宮園かをりのついていた嘘。

最終話、誰もが予想もしない展開に涙が止まらない。

純粋に音楽を楽しむ

主題歌も作品に合うポジティブで爽やかな曲となっている。
前期オープニングは、Youtubeの動画で話題のGoose houseの「光るなら」。

また、オーケストラに馴染みがなくても聞き覚えのあるバッハやショパンなどをはじめ、クライスラーなど音楽への興味関心に繋がる名曲ばかり。 様々な楽しみ方がある四月は君の嘘を是非見てほしい。

Information

公式サイト:http://www.kimiuso.jp/

コラムの最新記事

関連するコンテンツ