【コラム】美容室約18万件、美容師約50万人の時代の集客に大切なものとは?

2-18

美容師に常に付きまとう悩みの一つ、売上。
昔は、待てばお客様が来る時代。
今は違うんです。待っていても来ない時代です。
売れてる美容師さんと売れていない美容師さんの違いとは何か?
自らお客様を呼べるスキルがあるorないか、です。

その上で必要になってくるのが”文章力”
自らお客様を呼べるスキルとは?

増殖しすぎだぜ美容師

文章2

出典:http://seesaawiki.jp/pikmin/d/%A5%D4%A5%AF%A5%DF%A5%F33%A1%A1%A5%AE%A5%E3%A5%E9%A5%EA%A1%BC

皆様は、全国に美容師は何人、美容室は何件あるかご存知でしょうか?

美容室:約18万件
美容師:約50万人

多くないですか?多すぎないですか?
こんなにいれば正直誰が誰だかわからないんです。
ここまで多ければ、何か注目されていないとその他大勢の美容師となってしまいます。

文章力が必要な理由とは?

お客様は、初めて行く美容室の事をよく知りません。
ネットに上がっているプロフィール写真や美容室に関する記事で”会ってみたい””会いたくない”を瞬時に分別してしまうはずです。

皆様は、お寿司を食べたい時に「この人のにぎる寿司が食べたい」というよりは、初回の場合は食べログなど何か指標になる物を参考に来店するのではないでしょうか?
美容師もそうだと感じています。
だからこそ、twitter、facebookをしっかり運用し、影響力をつけれるかが肝。
その他大勢の美容師にならないように、お客様に自分の魅力を120%伝えられるか。SNSでお客様に自分をアピールする為に”文章力”は欠かせないものではないでしょうか。

文章はその人の育った環境や知識、性格がそのまま表現される1つの作品です。
SNSの普及によって、ただの美容師ではなく”発信できる美容師”の時代になります。
発信力が上がれば注目、話題になる=話題になれば大きな集客力に繋がります。
文章3

出典:http://アマゾン貿易.com/information-speaker/

今やクーポン主流の集客になっています。
消費税も上がり、よりクーポンのお客様が増えるその先は二極化の時代。

クーポンで渡り歩く低価格サロンへ流れる
or
担当者の人柄やお店の技術で店を選ぶ

この二手に別れ、クーポンだけで集客するのは、値段だけの勝負になるので厳しくなります。
じゃあそうならない為に、リスクヘッジしないといけないですよね?

見せ方次第で下手でも売れる時代

上手な美容師さんは本当に大勢いらっしゃいます。
雑誌などをやっていれば話は別ですが、露出をしていないといくら上手でも知る由もないですよね?
露出が多い方が気になりますし、行ってみようかなとなります。
SNSの普及で、見せ方次第でいくらでも背伸びができちゃうわけです。
SNSを運用している美容師さんは本当に一握りの柔軟な方だと思います。

SNSからのお客様も今では増えてきており、使い方によっては化けるのです。

自らお客様を呼べるスキルが問われる時代

assemble

出典:http://sheringford.com/assemble/ビジネスと集客/

昔:新規客の集客は会社の仕事で、リピートさせることがスタイリストの仕事。
そのため、リピートのための美容技術がスタイリストデビューへのカリキュラム。

現在:待っててもお客様は来てくれない。
大切なのは、自らお客様を呼べるスキル。

そう。集客サイトにスタイルをあげてお客様を待つ時代ではないのです。
自ら様々な発信をして、個人の力でお客様を呼べるかが必須スキルになってきます。
美容師がSNSを運用すべきポイントはこれなんです。

SNSでの実例”木村直人さん”

lHeGIFfJ

出典:https://twitter.com/air_kimura

SNSを最も効果的に活用しているのが、airの木村直人さん。
ビジネスも行っている方ですが、ソーシャルメディアも通じて、様々なお客様とつながり、来店してもらっています。
たとえば、

尊敬している方々にどんどんお会いできている。(@めいろまさんの髪を切らせて頂いた)

なんと、世界的に有名な著述家の谷本真由美さんが木村さんの元へ行かれたそうで。
29a4157852aba938

出典:http://naotokimura.tokyo/archives/6139

SNSでの繋がり、発信力、影響力は著名人の方の心にまで届くのです。

木村直人さんtwitter (@air_kimura)
http://naotokimura.tokyo

谷本真由美さん(めいろまさん)twitter (@May_Roma)

要するに

Social media bubble concept

出典:http://www.sonicgarden.jp/103

美容師としてSNSを運用し、文章力を磨けば

・集客力UP
・思わぬ出会いが転がり込んでくる
・完全個人の時代になってもついていける
・文章力が上がれば説得力にも繋がる
・注目、話題になる

技術職だから技術を磨くことは大切ですが、インターネット、特にソーシャルメディアを活用すればもっといい結果がでるんじゃないかということ。
時代は日々変化しています。お客様のライフスタイルになじむ様なツールを利用し、信頼度を高めていく事。
これからは、ただつぶやくだけでなく”情報を交えて自分を売るつぶやき”を心がけると、今後の展開が大きく変わるかもしれませんよ?

なんで売り上げが伸びないんだろう?という悩みのある方。SNSの活用を始めて見るのも大きな一歩かもしれませんよ。

アシスタントの私が、美容業界を客観的に見た意見です。

コラムの最新記事

関連するコンテンツ