【コラム】多くの女性を虜にする笑顔と筋肉美を持つ西島秀俊の魅力とは

nishijimahidetoshi_a01

鍛え上げられた肉体と洗練された都会的な雰囲気、そして柔らかな屈託のない笑顔でドラマ・CMに多数出演。毎年恒例の明治安田生命理想の上司ランキングで2014年は6位にランクインするなど、いわゆる理想の男として、活躍の場を広げる西島秀俊。旬な俳優として幅広い層から評価を得る彼の魅力をお伝えしたい。

出典:http://www.cinematoday.jp/page/A0003989

2014年上半期、CMの契約社数は嵐の大野智や本田圭佑と並んで8社。

その爽やかな風貌と、清潔感は世代問わず男女ともに好感度が高い。CMナンバー1の出演本数がまさにそれを示している。

Nishijima_hidetoshi

出典:Youtbe

スーツを着ても、画になる男。知性的な雰囲気を持ち合わせているのもかれの魅力だろう。

平坦ではなかった現在の俳優に至るまで

今日のブレイクに至るまでの道程は決して平坦ではなかった。名門私立の桐朋高校から横浜国立大学へ進学、21歳の在学中に先輩からの薦めでオーディションを受け、活動開始。フジテレビのドラマ「あすなろ白書」で同性愛者の役で木村拓哉と共演し、注目を集める。

しかし、事務所にアイドル路線を推された西島秀俊は、息の長い俳優になりたいという想いを持ち、事務所に反発。民放ドラマに出ないという条件をのみ、事務所を移籍することとなる。それからの5年間、単館系映画やNHKのドラマで、直向きに演技の経験を積む日々が続いた。

そして2002年、北野武監督に作品「DOLLS」に主役として抜擢され、出演解禁。満を持して、表舞台へと返り咲いた。

干されていた間は、暇さえあれば映画館に足を運び映画を楽しんだという。女や酒に溺れることもなく、食事の時間も惜しんで、映画館の中で1人、おにぎりを貪った。ハシゴして年に300本以上の映画を観て、それを全て自身の演技で昇華させた。

出典:eiga.com

写真集を出すほどの筋肉美と声優もこなす美声

出典:http://xn--nckxaw3lrb7by753hi5c.net/

ストイックな部分は、肉体美にも通ずる。オフの日にはジムをはしごし、パーソナルトレーナーと1回3時間はトレーニング。移動もほとんど車を使わず自転車で肉体を鍛え抜いている。映画「サヨナライツカ」では、老後のシーンのために体重を13kg増やし、その後の若い頃のシーンのために1ヶ月で15kg減量した。

また、ジブリ映画「風立ちぬ」で主人公の友人・本庄の声優として、多くはないシーンの中で感情を表に出さない渋い声で観た人の心に残る演技もしている。

熱愛や結婚が噂される西島秀俊の恋愛観

出身は東京八王子、名門私立・桐朋高校卒業、横浜国立大学理工学部中退。俳優業の傍ら、現在もNPO法人・東京フィルメックスという映画祭の実行委員。私生活は謎に包まれているが、女性に対してはほとんど時間を割かない様子がバラエティ番組やインタビューから察せられる。

タイプの女性は「一緒にいなくても怒らない女性」。

バラエティ番組「グータンヌーボ」出演時、「浮気したことはありますか?」という質問に「ハイ」と答えている。女性からは怒られることが多く、メールの返信も苦手だという自覚もあるようだ。

まとめ

これまでの俳優人生は、転落から這い上がり、最近になってようやく開花したともいえる遅咲きの俳優 西島秀俊。俳優としても、男としてもストイックな生き方は男から見てもクールである。女性にとっても、異性に興味を示さない感じが、より魅力的に映るのではないだろうか?43歳をむかえ、ますます色気づいていく彼の活躍にこれからも目が離せない。

コラムの最新記事

関連するコンテンツ